梅の花憩いのとききく日記・ブログ
人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuttari7

Author:yuttari7
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 世田谷代官屋敷・土間
 東急世田谷線上町駅の近く、有名な 「ボロ市通り」 の中央部に、「世田谷代官屋敷」 という時代のついた建物があります。

世田谷代官屋敷は、江戸時代中期以来、彦根藩世田谷領20カ村の代官を世襲した大場家の役宅で、大場代官屋敷とも呼ばれています。

入口から家の中をのぞくと、広い土間があるのが見えます。私は、昔、千葉の田舎に住んでいましたが、土地の豪農の家にもこのような大きな土間があったのを思い出しました。

その土間には農機具、むしろ、収穫した作物などが置かれており、雨の日には農家は土間でさまざまな仕事をしていました。

代官屋敷の台所

 千葉の豪農の家にあった広い土間の一隅には、煮炊きをするかまどなどが設置されているのをよく見ました。この世田谷代官屋敷でも、下の写真のように土間に土と石で築かれたかまどがあり、その上に昔使っていた赤さびた大釜が載せてありました。

私が子供のころは、生家の土間にもへっついと呼ばれた大きなかまどがあり、そこで火を焚いてご飯を炊いたり煮物をつくったりしていました。

代官屋敷の台所

 代官屋敷のかまどの横に、太い丸太をくりぬいて作った臼がいくつかあり、それと組み合わせて使う杵も置かれてありました。

昔は、臼は餅を搗くだけでなく、栗や栃などの実を粉にしたり、乾だらなど魚の干物をたたいて柔らかくするなどにも盛んに使われました。

そこで、当時の豪農の家では、臼・杵はすぐ使えるようにいつもこのように土間に置いてあったのでしょう。

代官屋敷の台所

 かまどの近くの高いところには、下の写真のように小さな神棚が設けられてあり、火の神様が祀ってありました。

これは 「荒神(こうじん)様」 という神様で、家を火災から守り、家族の生命力となる食事を作る大切な場所である台所を守るとされます。

代官屋敷の台所 昔は、年末になると神社で正月のお札を買ってきて、家の中に貼りました。

神社では荒神様のお札も販売しており、それを買ってきて台所の神棚の近くに貼ったそうです。

毎朝炊いたご飯をひとつまみ荒神様の小さなお茶碗にお供えして、その日の無事を祈りました。


散策 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/17(水) 06:47)

 ランサムウェアにご注意
 数年前から 「ランサムウェア」 というマルウェア(外部からの不正プログラム)がインターネットに広まりつつあると聞いていました。

つい最近に至って、そのランサムウェアが欧米を中心に爆発的に蔓延し始めました。日本でもそれを利用して不法にお金を得ようとした17歳の少年が逮捕され、その脅威が現実のものとなりました。

ツバメの飛来 ランサムウェアに汚染されたパソコンを起動すると、たとえば左図のような警告文が表示されます。

利用者のパソコンに搭載されているハードディスクのファイルを勝手に暗号化したので、パソコンは正常に動作できなくなった、それをもとに戻すには 「ビットコイン」 を支払ってくれ、という内容です。

 ランサムとは人質を解放するために相手側から要求される身代金のことです。上記のように利用者のパソコンを人質にとってお金を強請り取ろうという極めて悪質なサイバー犯罪です。

現在被害の出ているランサムウェアは、犯罪者が下図のようにガードの甘いウェブサイトのサーバーに侵入し、不正プログラムをそのウェブサーバーに埋め込むものです。

ツバメの飛来 マイクロソフト社のサポートが切れたOSをまだ使っている古いパソコンなど、OSに脆弱性のあるパソコンのウェブブラウザでその汚染されたウェブサイトを閲覧すると、ウェブサーバーに仕込まれているランサムウェアが、利用者のパソコンにコピーされます。

 やがて、利用者が自分のパソコンを起動したとき、そのランサムウェアが動作し、前記のような警告画面を表示するわけです。

ランサムウェアは、電子メールを媒体として感染する場合もあります。送りつけられた電子メール中のリンクをクリックすると、そこから不正プログラムが利用者のパソコンに送り込まれるという方法です。

これらランサムウェアは、どこかインターネット上に配布元があり、ブラックマーケットでそれを購入して利用できるようになっているそうです。上記17歳の少年もそのランサムウェアを購入し、ウェブサイトかメールの中で利用したのでしょう。

下田須崎

 ランサムウェアは、Windows などOSの脆弱性に乗じて動作するようになっています。そこで、まずはマイクロソフト社がすでにサポートを停止した旧型 Windows OSが、ランサムウェアのターゲットになります。

WindowsXPは、CPUパワーが小さくメモリも少ない旧型パソコンでも動作する点がうけて、それまで長年にわたって広く使用されました。下図に見られるように、マイクロソフト社は2014年4月9日にWindowsXPのサポートを終了しています。

下田須崎

 上図のようにマイクロソフト社がサポートを終了したのちも、WindowsXPを現在にいたるまでそのまま使用し続けている利用者が相当います。一般家庭では、古いパソコンをそのまま使い続けている例が非常に多いようです。

現在ではWindowsXPに関してはセキュリティー更新プログラムが提供されなくなったので、Windows XP の利用者は新種のウィルスなどにより今後大きな被害をこうむる恐れがあります。

ランサムウェアによる被害を防ぐには、まずはマイクロソフト社がサポートを停止した古いWindowsOSの利用をやめて、現行のOSで動作するパソコンを使うようにしましょう。

その上で、その新OSのもとで動作するアンティウィルスソフトをパソコンにインストールして、不正プログラムに対してガードを強くしましょう。


I T・エネルギー | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/15(月) 06:47)

 下田 ・ 恵比寿島
 私どもは、伊豆・下田市の南東、黒潮に突き出すように伸びている須崎半島の民宿に向かいました。伊豆急下田駅前からバスに乗り、20分ほどで須崎のバス停に着きました。

民宿のあるあたりの海は須崎湾という小さな湾になっており、そこに漁港があります。漁港の南側に恵比寿島という小島があり、小さな橋がかかっていて渡れるようになっていました。

下田須崎

 島の中央部は小高い丘になっており、その一帯は海辺でよく見る樹木が茂った静かな森が広がっていました。森の中心には、恵比寿神社という古い神社があるそうです。

森の中を歩くと、相模灘を見渡す高い崖の上に出ました。離れたところに横に長く見える陸地は、須崎湾の対岸、下田の南部でしょうか。

須崎湾には、朝の漁にでかける小さな漁船がいくつも沖の相模灘に向かって進んでいました。漁船のエンジン音が波静かな須崎湾を伝わって、こちらに聞こえてきました。

下田須崎

 静かな海岸をしばらく歩いていると、大きな灰色の岩になにか文字が刻んであるのを見つけました。近寄ると、漂泊の歌人として有名な若山牧水の歌碑のようです。

歌碑には

    友が守る灯台は

      あはれわだなかの

        蟹めく岩に白く立ち居り

と刻まれてありました。

牧水は友人が灯台守をしていた神子元島灯台を訪れ、しばらく滞在したことがありました。のちに、この恵比寿島に来て神子元島を海のかなたに遠望し、この短歌を詠んだということです。

下田須崎

  須崎湾をのぞむ崖の下には、写真のような岩場が海岸まで広がっています。 「千畳敷」 とよばれる場所で、波が削った浅瀬がその後の隆起によって海面上に姿を現した 「波食台」 の地形だそうです。

眼下の岩畳の間には、岩海苔でしょうか早くも瑞々しい緑の海草が萌えはじめ、早春の気配が感じられました。その千畳敷の突端で、竿掛けに釣竿をセットして海釣りをしている人が見えました。

下田須崎


国内旅行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/13(土) 06:43)

 ツバメの子育て
 家の近くを散歩している途中、道に面したあるお宅のあたりでジュー、ジューというような小鳥の鳴き声が聞こえてきました。

その鳴き声がする方に歩いてゆくと、家の庭先からツバメが飛び出して、すいと身を翻して道路の上を飛び去りました。

ツバメの飛来

 そのお宅の軒先に、ツバメが巣を作っているようです。近寄って見ると、家の庇の下に巣があり、その中に4羽のヒナがいて大きな鳴き声をあげて親を呼んでいました。

ツバメは肉食で、親鳥は野原や道路の上を飛び回って空中にいる昆虫などを捕り、巣に持ち帰ります。巣ではいつもお腹をすかせたヒナたちが親鳥の帰りを待ちかねており、親の姿を見るといっせいに大きな口をあけて親がとってきた虫をねだります。

ツバメの子育て

 ツバメは東南アジアなど暖地で冬を過ごし、春になるとはるばると日本に渡ってきます。日本の各地では、通常その土地にサクラ前線が到来する前後に渡ってきたツバメの姿が見られるそうです。

渡ってきたツバメは、民家の軒先などに草の葉をこねた泥でつなぎ合わせて巣を作り、数個のタマゴを生みます。その後2週間ほどでタマゴは孵化し、ツバメのヒナが誕生します。

ツバメの飛来 日本に渡ってくるツバメは、秋になると左図のように島伝いに東南アジア各国に飛んでゆき、冬を越します。中には遠く赤道を越えてオーストラリア北部にまで7000㎞近くも行くものもあるそうです。
あのわずか20㎝足らずの小さい鳥が、一年間にそれほどの長距離を往復するとは、とても信じられないような話です。

 私は昔から小鳥を見るのが大好きで、よく双眼鏡を持って森の中を歩いてバードウォッチングをしました。しかし、私どものレベルでは、小鳥の姿はそう簡単には見られないものです。運よく小鳥の姿はとらえられても、たいていは非常に遠くで細部はよくわかりません。

ところがツバメの場合は、普通の野鳥とはまったく違い、民家の軒先などに営巣して子育てをします。それは、天敵であるカラスやへびなどが近寄るのを防ぐためとされます。
いわば、民家の居候のようなものなので、ツバメが子育てをする様子をまじかに見ることができます。


季節・年中行事 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/11(木) 07:26)

 スペイン旅行 ・ マドリード王宮 (2)
 スペインの首都マドリードにあるマドリード王宮は、歴代のスペイン王が暮らしてきた王宮で、オリエンテ宮ともよばれます。

マドリード地下鉄のオペラ駅で下車し、広大なオリエンテ広場を通りぬけるとマドリード王宮の正面に出ました(下の写真)。

マドリード王宮

 17世紀後半に入ると、スペインはなおヨーロッパの強国の一つではありましたが、次第にイングランド、オランダ(ネーデルラント連邦共和国)、フランスなどに圧迫されるようになっていました。

その時期の1683年にフランスのブルボン家出身のフェリペ5世が即位しました。フェリペ5世は、スペインの国威発揚のために、フランスのヴェルサイユ宮殿をモデルとした大宮殿の建設に着手しました。

そのマドリード王宮を正面から見ると、上の写真のように横幅が広い大理石造りでヴェルサイユ宮殿によく似ています。

マドリード王宮 王宮前のオリエンテ広場に、フェリペ5世の父フェリペ4世の騎馬銅像がありました(左の写真)。後ろ足で立ち上がった馬に乗り、手には笏のような短い棒を持っています。

フェリペ4世は、例のヴェラスケスの名画 「王女様」 に描かれている顔がとても長い王様で、マルガリータ王女のお父さんです。

 私どもは、残念ながら時間の関係でマドリード王宮には入れませんでしたが、王宮内部にはディエゴ・ベラスケス、カラヴァッジオ、フランシスコ・デ・ゴヤなどの傑作絵画が多数飾られているそうです。

現在では、2800室もある広大な宮殿のうちの50室が観光客に解放されており、マドリード観光の人気スポットの一つになっています。王宮内の見学は、残念ながら写真撮影不可だそうです。

マドリード王宮

 王宮内への入口は、下の写真のように衛兵たちによって警護されています。王宮は現在は国の重要施設なので、この入口から入場する際には衛兵によって荷物の検査が行われます。

衛兵たちは月に一度交代しているとのことで、その衛兵交代式がイギリスのバッキンガム宮殿の衛兵交代式と同じように観光客たちの大人気イヴェントになっています。

衛兵交代式は当日の正午に行われますが、それを見るために11時過ぎから観光客が長蛇の列をつくるそうです。

マドリード王宮

 王宮の南側にすぐ隣接して、尖塔をもつドームと鐘楼がそびえているのが見えました。マドリードの守護神といわれる聖女アルムデナを祭るアルムデナ寺院です(下の写真)。

この寺院の建築はネオ・バロック様式で、華麗なバロック様式の王宮とはややイメージが異なります。ドームと鐘楼の屋根が青灰色で、非常にエグゾティックな印象があります。

2005年5月には、この寺院で当時のフェリペ皇太子(現在のスペイン国王)の結婚式が行われました。フェリペ皇太子は身長2m近い体格で、1992年のバルセロナオリンピックではヨットの選手として出場しました。

マドリード王宮


海外旅行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/09(火) 07:23)

前のページ 次のページ
copyright © 2005 憩いのとき all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア