梅の花憩いのとききく日記・ブログ
人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuttari7

Author:yuttari7
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 東京の猛暑日
 気象庁のウェブサイトを調べていて、下図の恐ろしいチャートを見つけました。東京地方で最近50年あまりの期間で毎年の猛暑日(最高気温が35度以上になった日)の日数がどう推移したかを示すものです。

東京の猛暑日

上図のチャートから、今から40年前の1970年ごろでは、猛暑日はたとえば5年移動平均値では年間1~2日くらいにとどまっていました。

1970年代末から1980年代初めにかけては、3年ほどにわたって猛暑日がない年が続きました。その時期には、猛暑日が発生するとそれはその日のビッグニュースになったのです。

ところがここ数年間は毎年高温の夏が続き、上図チャートからわかるようにここ4年間の平均値では年間猛暑日は7日ほどにもなりました。
2010年と2013年は夏が特別暑く、猛暑日はいずれも年間なんと12日以上にもなりました。

そして2016年の夏も非常に暑く、年間の猛暑日は12日に達しています。本2017年も、夏が終わるまでには猛暑日はやはり10日ぐらいにはなるのではないかと思われます。

また、最低気温が25度以上の 「熱帯夜」 も、上記猛暑日と同じくここ数年は空前の高水準が続いています。

東京地方の本年の熱帯夜日数は2017年8月6日現在までに32日に達し、猛暑だった2013年の日数39日に迫ってきました。

猛暑日、熱帯夜の日数はいずれも20年前の倍以上になっており、東京が近年いかに酷暑のもとにあるかが改めて認識させられます。

この傾向は、今後簡単には収まりそうにありません。東京に住んで日常生活を営んでいる私どもは、その環境の中で夏の健康を維持する方策を工夫するしかないようです。

  
ニュース | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/08/07(月) 06:54)

<<成田空港の鷹匠 | ホーム | 小笠原に空港建設?>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yuttari7.blog60.fc2.com/tb.php/73-c31349b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 憩いのとき all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア