梅の花憩いのとききく日記・ブログ
人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuttari7

Author:yuttari7
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 広島原爆ドーム
 かねてより私は、日本人として、原爆による惨禍の象徴である原爆ドームをぜひ訪れなければと念じていました。このたび所用で広島を訪れたので、仕事が終わってからさっそく原爆ドームに向かいました。

その途中、自転車に乗った男性に道を尋ねたところ、自転車を降りて押しながら私といっしょに歩いて原爆ドームへの道順を教えてくれました。やはり、広島市民は原爆ドームには特別の思いがあるのでしょう。

やがて遠くの大木の根元に「慰霊」と刻まれた大きな石碑が見え、その奥に巨大な原爆ドームのむき出しの鉄骨が姿を現しました。

広島原爆忌

 1945年8月6日、原爆は、このドームのほぼ真上約580メートルで炸裂しました。そのためドームを覆っていた銅板が一瞬にして溶けて無くなり、鉄骨がむき出しになってしまいました。

しかし、原爆の爆風が真上からきたため、この建物の外壁の一部が吹き飛ばされずにご覧のように残ったのです。

原爆投下から72年の歳月が経ち、ドームの鉄骨や壁面などの腐食、劣化が目立ってきました。近年は地震による損傷リスクが指摘され、2015年からドームの鉄骨を鋼材で補強する工事が行われたそうです。

広島原爆忌

 元安川という川が、原爆ドームの横を流れています。その元安川の川岸に立って、青空にそびえるドームを仰ぎつつ、14万人を超えるとされる被爆死者の冥福を祈りました。

元安川は、太田川(本川)という大きな川の支流のようです。それら2つの川に挟まれた三角州に、約12万平方mの広大な平和記念公園が開設されました。この地点が、原爆の爆心直下にあたるということです。

元安川の河畔から、原爆ドームを背にして元安川にかかる橋をわたり、平和記念公園の中に入って行きました。平和の池という長方形の池の中に、《平和の灯》 という炎が灯されています。その炎のはるか向こうに原爆ドームの鉄骨が揺らめいて見えました。

広島原爆忌

 
その他 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/08/11(金) 06:46)

<<テームズ川・宝島のパブ | ホーム | 成田空港の鷹匠>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yuttari7.blog60.fc2.com/tb.php/67-37d433e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 憩いのとき all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア