梅の花憩いのとききく日記・ブログ
人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuttari7

Author:yuttari7
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 ランサムウェアにご注意
 数年前から 「ランサムウェア」 というマルウェア(外部からの不正プログラム)がインターネットに広まりつつあると聞いていました。

つい最近に至って、そのランサムウェアが欧米を中心に爆発的に蔓延し始めました。日本でもそれを利用して不法にお金を得ようとした17歳の少年が逮捕され、その脅威が現実のものとなりました。

ツバメの飛来 ランサムウェアに汚染されたパソコンを起動すると、たとえば左図のような警告文が表示されます。

利用者のパソコンに搭載されているハードディスクのファイルを勝手に暗号化したので、パソコンは正常に動作できなくなった、それをもとに戻すには 「ビットコイン」 を支払ってくれ、という内容です。

 ランサムとは人質を解放するために相手側から要求される身代金のことです。上記のように利用者のパソコンを人質にとってお金を強請り取ろうという極めて悪質なサイバー犯罪です。

現在被害の出ているランサムウェアは、犯罪者が下図のようにガードの甘いウェブサイトのサーバーに侵入し、不正プログラムをそのウェブサーバーに埋め込むものです。

ツバメの飛来 マイクロソフト社のサポートが切れたOSをまだ使っている古いパソコンなど、OSに脆弱性のあるパソコンのウェブブラウザでその汚染されたウェブサイトを閲覧すると、ウェブサーバーに仕込まれているランサムウェアが、利用者のパソコンにコピーされます。

 やがて、利用者が自分のパソコンを起動したとき、そのランサムウェアが動作し、前記のような警告画面を表示するわけです。

ランサムウェアは、電子メールを媒体として感染する場合もあります。送りつけられた電子メール中のリンクをクリックすると、そこから不正プログラムが利用者のパソコンに送り込まれるという方法です。

これらランサムウェアは、どこかインターネット上に配布元があり、ブラックマーケットでそれを購入して利用できるようになっているそうです。上記17歳の少年もそのランサムウェアを購入し、ウェブサイトかメールの中で利用したのでしょう。

下田須崎

 ランサムウェアは、Windows などOSの脆弱性に乗じて動作するようになっています。そこで、まずはマイクロソフト社がすでにサポートを停止した旧型 Windows OSが、ランサムウェアのターゲットになります。

WindowsXPは、CPUパワーが小さくメモリも少ない旧型パソコンでも動作する点がうけて、それまで長年にわたって広く使用されました。下図に見られるように、マイクロソフト社は2014年4月9日にWindowsXPのサポートを終了しています。

下田須崎

 上図のようにマイクロソフト社がサポートを終了したのちも、WindowsXPを現在にいたるまでそのまま使用し続けている利用者が相当います。一般家庭では、古いパソコンをそのまま使い続けている例が非常に多いようです。

現在ではWindowsXPに関してはセキュリティー更新プログラムが提供されなくなったので、Windows XP の利用者は新種のウィルスなどにより今後大きな被害をこうむる恐れがあります。

ランサムウェアによる被害を防ぐには、まずはマイクロソフト社がサポートを停止した古いWindowsOSの利用をやめて、現行のOSで動作するパソコンを使うようにしましょう。

その上で、その新OSのもとで動作するアンティウィルスソフトをパソコンにインストールして、不正プログラムに対してガードを強くしましょう。


I T・エネルギー | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/15(月) 06:47)

<<世田谷代官屋敷・土間 | ホーム | 下田 ・ 恵比寿島>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yuttari7.blog60.fc2.com/tb.php/601-3d9caf04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 憩いのとき all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア