梅の花憩いのとききく日記・ブログ
人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuttari7

Author:yuttari7
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 ツバメの子育て
 家の近くを散歩している途中、道に面したあるお宅のあたりでジュー、ジューというような小鳥の鳴き声が聞こえてきました。

その鳴き声がする方に歩いてゆくと、家の庭先からツバメが飛び出して、すいと身を翻して道路の上を飛び去りました。

ツバメの飛来

 そのお宅の軒先に、ツバメが巣を作っているようです。近寄って見ると、家の庇の下に巣があり、その中に4羽のヒナがいて大きな鳴き声をあげて親を呼んでいました。

ツバメは肉食で、親鳥は野原や道路の上を飛び回って空中にいる昆虫などを捕り、巣に持ち帰ります。巣ではいつもお腹をすかせたヒナたちが親鳥の帰りを待ちかねており、親の姿を見るといっせいに大きな口をあけて親がとってきた虫をねだります。

ツバメの子育て

 ツバメは東南アジアなど暖地で冬を過ごし、春になるとはるばると日本に渡ってきます。日本の各地では、通常その土地にサクラ前線が到来する前後に渡ってきたツバメの姿が見られるそうです。

渡ってきたツバメは、民家の軒先などに草の葉をこねた泥でつなぎ合わせて巣を作り、数個のタマゴを生みます。その後2週間ほどでタマゴは孵化し、ツバメのヒナが誕生します。

ツバメの飛来 日本に渡ってくるツバメは、秋になると左図のように島伝いに東南アジア各国に飛んでゆき、冬を越します。中には遠く赤道を越えてオーストラリア北部にまで7000㎞近くも行くものもあるそうです。
あのわずか20㎝足らずの小さい鳥が、一年間にそれほどの長距離を往復するとは、とても信じられないような話です。

 私は昔から小鳥を見るのが大好きで、よく双眼鏡を持って森の中を歩いてバードウォッチングをしました。しかし、私どものレベルでは、小鳥の姿はそう簡単には見られないものです。運よく小鳥の姿はとらえられても、たいていは非常に遠くで細部はよくわかりません。

ところがツバメの場合は、普通の野鳥とはまったく違い、民家の軒先などに営巣して子育てをします。それは、天敵であるカラスやへびなどが近寄るのを防ぐためとされます。
いわば、民家の居候のようなものなので、ツバメが子育てをする様子をまじかに見ることができます。


季節・年中行事 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/11(木) 07:26)

<<下田 ・ 恵比寿島 | ホーム | スペイン旅行 ・ マドリード王宮 (2)>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yuttari7.blog60.fc2.com/tb.php/599-54850eaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 憩いのとき all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア