fc2ブログ
梅の花世田谷日常きく日記・ブログ
人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuttari7

Author:yuttari7
ゆったり世田谷暮らしの日記です

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 ボストン交響楽団
 ボストンで宿泊するホテルの周辺の地図を調べていると、ホテルのすぐ近くに名門オーケストラ ボストン交響楽団の本拠地ボストン・シンフォニーホールがあるのに気がつきました。

ボストンに到着した翌朝、時差の影響で早く目が覚めたので、夜が明けるころホテルの外に出てシンフォニーホールに歩いて行きました。

ボストン交響楽団は、1881年に創立された後、歴代の優れた音楽監督のもと着実に声価を高め、現在ではアメリカを代表するオーケストラの一つとなりました。

・シンフォニーホール

 ボストン・シンフォニーホールの横に大きな駐車場があり、そのまわりに高い塀がめぐらされていました。

その塀に何人かの指揮者がオーケストラを指揮する様子が描かれていました。ボストン交響楽団の歴代の音楽監督を記念する壁画でしょうか。

1973年からは小澤征爾さんがボストン交響楽団の音楽監督に就任しました。小澤さんの業績はボストン市民はもとより世界中の音楽ファンから賞賛を浴びました。

下の写真左の壁画は、東洋人の風貌とタクトを使わず両手で指揮をする様子から小澤征爾さんを描いたものと思われます。

29年に渡ってボストンの音楽界に尽くしたマエストロ・オザワは、現在でもボストン市民に絶大なる人気があるのです。

・シンフォニーホール

 下の写真の壁画は小澤征爾の後任となったジェームズ・レヴァインの指揮する様子を描いたものと思われます。

ジェームズ・レヴァインはアメリカ中西部オハイオ州生まれで、ピアニストとして出発しましたが、1961年にジュリアード音楽院に入学してからは指揮法を学びました。

その後、メトロポリタン歌劇場の指揮者などを経て、2004年には小澤征爾の後任として、アメリカ人指揮者としては初めてボストン交響楽団の音楽監督に就任しました。2011年に健康上の理由でボストン交響楽団の音楽監督を辞任しました。

・シンフォニーホール

 下の写真の壁画はボストン交響楽団の音楽監督として大きな業績をあげたピエール・モントゥーかと思われます。モントゥーは1875年にフランス・パリで生まれました。

1911年からはディアギレフのロシア・バレエ団で指揮を担当、ストラヴィンスキーの 『春の祭典』、 『ペトルーシュカ』、ラヴェルの 『ダフニスとクロエ』、ドビュッシーの 『遊戯』 など、20世紀の名作バレエ音楽の初演を多数指揮しました。

モントゥーは第一次世界大戦後アメリカにわたり、1919年から1924年までボストン交響楽団の音楽監督を務めました。
ボストン交響楽団は、モントゥーの指導によりフランス系のレパートリーを得意とするようになったそうです。

・シンフォニーホール

・シンフォニーホール シンフォニーホール前の大通りには左の写真のボードが立っていて、"Symphony Hall" と記されてありました。アメリカで「シンフォニーホール」というと、それはアメリカで指折りの名門オーケストラ ボストン交響楽団の本拠地を意味します。
ボストン市民にとってボストン交響楽団は19世紀以来の誇りなのです。



海外旅行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2019/11/21(木) 07:02)

<<清澄庭園の秋 | ホーム | 東京農大収穫祭>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yuttari7.blog60.fc2.com/tb.php/507-fd06684c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 世田谷日常 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア