梅の花憩いのとききく日記・ブログ
人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuttari7

Author:yuttari7
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 武蔵御岳神社
 私どもは、ときどきJR青梅線を利用して奥多摩のほうに行くことがあります。その際、終点奥多摩駅の少し手前で「御岳神社」という駅を通りますが、その駅舎は神社のような堂々たる権現造りになっています。

ここが名高い御岳神社の最寄り駅だろうと思いましたが、これまでここで電車を降りて神社に参拝に行ったことはありませんでした。

御岳神社 今回インターネットで少し調べたところ、この御岳神社は紀元前の創建とされ、高い格式のある霊場ということでした。

そこで、快晴に恵まれた晩秋の一日、この神社を訪ねました。本神社は、正式には武蔵御嶽神社(むさしみたけじんじゃ)といい、武蔵御岳山(標高929m)の山上に置かれています。


御岳神社 古来山岳信仰の霊場だったので信仰者のための登山道が開かれていますが、登山道は大変けわしいので、一般の参拝者は御岳神社下まで通じている御岳山ケーブルカーを利用して登ります。
御岳山ケーブルカーは、山麓滝本駅から御岳山中腹標高830mのところにある御岳山駅までわずか6分ほどで登ります。

 御岳山ケーブルカーの平均勾配は22度もあり、関東一ということです。武蔵御岳山は、標高が929mもあり、東京近郊の山として人気の高い高尾山(599m)をはるかにしのぎます。

JR青梅線御岳神社駅からバスに乗り、御岳山ケーブルカーの乗り口山麓滝本駅に着きました。滝本駅のケーブルカー乗り場に立ってあたりを見回すと、このあたりはもう標高が407mもあるとのことで、下の写真のように森の木々はすでに鮮やかな紅葉となっていました。

御岳神社

御岳神社 乗り場で少し待っていると、ケーブルカーの軌道の高いところから車両がゆっくりと下りてきました。
乗降客は相当多いので、ケーブルカーは約20分おき(冬期は昼間時間帯約30分おき)に運行されているそうです。

さっそくケーブルカーに乗り込んで、御岳山駅に向かって登りはじめました。

御岳神社 ケーブルカーの車両定員は 135名とのことです。ケーブル軌道の中間あたりに軌道が二重になっているところがあり、そこで御岳山駅から降りてくる別の車両と行き違いをします。
大晦日にはケーブルカーは終夜運行し、武蔵御嶽神社への初詣客輸送を行うそうです。

散策 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:1
(2015/12/06(日) 10:09)

<<森鴎外記念館 | ホーム | 世田谷のハクビシン>>

コメント
 
いいね
URL | #- | 2015/12/06(日) 07:07 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yuttari7.blog60.fc2.com/tb.php/337-36ddd286
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 憩いのとき all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア