fc2ブログ
梅の花世田谷日常きく日記・ブログ
人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuttari7

Author:yuttari7
ゆったり世田谷暮らしの日記です

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 清澄庭園の秋
 清澄庭園は江東区清澄にある都立の公園で、地下鉄大江戸線の清澄白河駅から歩いて5分ほどのところにあります。

もとは江戸時代の長者紀ノ国屋文左衛門の別邸でしたが、その後三菱財閥の創始者岩崎弥太郎がそれを買取り、深川親睦園として利用しました。

清澄庭園は1923年に起こった関東大震災で大被害をうけ邸宅も焼失しましたが、その後東京市が修復を行い、現在は東京都の名勝に指定されています。

清澄庭園

 清澄庭園は園内に設けられた広い池(大泉水)を中心とする回遊式林泉庭園です。庭の建設当初は近くを流れる隅田川の水を引きこんで大泉水を維持していたそうです。

その大泉水には三つの中島が築かれてあり、池の岸からそれらには橋で渡れるようになっています。

大泉水のほとりには「涼亭」という銅板葺数奇屋建築の平屋があります。1909年(明治42年)に建てられたこの建物は、現在は東京都選定歴史的建造物に選定され、各種集会の施設として利用されています。

清澄庭園

 清澄庭園は中島を持つ広い大泉水が中心にあり、ツツジとサツキの植えられた「つつじ山」が築かれています。

また、園内には岩崎家が全国から集めたという名石が無数に置かれてあり、池の周囲にはそれらの石を配置した「磯渡り」が設けられています。

清澄庭園

清澄庭園 大正記念館は、大正天皇の葬儀に用いられた葬場殿を移設したものです。大広間、ステージや和室の控室を備えた集会施設で、南側一面ガラス張り窓からは、芝庭や池を望むことが出来ます。

大正記念館は太平洋戦争の戦災で焼失しましたが、後に大正天皇の皇后貞明皇后の葬場殿の材料で再建されました。

 大泉水の周囲の樹木は、春の花見、新緑、夏には滴るばかりの万緑、秋の紅葉と季節ごとに表情を変え、清澄庭園を訪れる人々を楽しませます。

また池には鴨などの水鳥、大きな緋鯉、錦鯉、多数のカメなどがいて、入園者が餌をあげると寄ってきます。

清澄庭園

 清澄庭園は、前記のように関東大震災で建物などに大きな被害を受けましたが、4000本の樹木のある庭園は市民の避難場所となり、2万人の人命を救いました。

岩崎家では、こうした庭園の持つ防災機能を重視し、翌大正13年破損の少なかった東側半分(現庭園部分)を東京市に寄付しました。それが、現在の清澄庭園の基になりました。


散策 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2019/11/23(土) 07:06)

<<中古PCでネット接続 (2) | ホーム | ボストン交響楽団>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yuttari7.blog60.fc2.com/tb.php/328-3fd194ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 世田谷日常 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア