FC2ブログ
梅の花憩いのとききく日記・ブログ
人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuttari7

Author:yuttari7
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 馬の曲乗り
 世田谷区にある馬の公園 馬事公苑 は、2020年東京オリンピックに向けて大規模な工事をしており、一般者は立ち入りができなくなっています。

数年前、馬事公苑がまだオープンされていた時期、苑内を散歩していると、長い走路の端で人が集まっているのが見えました。

近寄ると、一頭の馬を連れた指導者らしい男性の前に8、9人の子供たちが整列しています。なにか馬を使ったスポーツの練習をするようです。

馬の曲乗り

馬の曲乗り 指導者は注意事項を話してから、馬を自分を中心に円を描いて走らせました。馬にはマスクがかけてあり、前方しか見えないようになっています。
一人の少年がそのように走っている馬に近づき、鞍に手をかけて馬といっしょに走り始めました。少年は14歳ぐらい、中学生かと思われます。

馬の曲乗り 少年は、しばらく馬といっしょに走った後、タイミングを見計らってひらりと馬の鞍に跳び乗りました。次いで、鞍から手を離し、中腰になって鞍から立ち上がり始めました。
これは軽乗とよばれるスポーツで、遊びの曲乗りはから始まりましたが、その後長い年月をかけて近代的スポーツとなりました。

馬の曲乗り 昔、オリンピックで軽乗の競技が行われたこともあるそうで、現在でも世界中で愛好されています。

馬事公苑 にはさまざまな乗馬クラブがあり、多数の会員が活動しています。
今回私が見たのは、地元世田谷区弦巻の弦巻騎道スポーツ少年団というクラブのメンバーだそうです。

馬の曲乗り 走っている馬の上で行う軽乗演技は大変多彩です。
左足と右手だけでバランスをとる「旗」、馬の側面に足をかける「「サイドバランス」、馬の上で両手と片足を立て、もう一方の足を天に向かって大きく突き上げる「No.2」などが代表的な演技ですが、そのほかに1頭の馬に2人が乗る二人技などもあります。


散策 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/06/29(金) 06:40)

<<箱根の交通 | ホーム | 春本番の草津 (4)>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yuttari7.blog60.fc2.com/tb.php/256-11325d0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 憩いのとき all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア