FC2ブログ
梅の花憩いのとききく日記・ブログ
人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuttari7

Author:yuttari7
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 春本番の草津 (4)
 ベルツの森の中をぐるりと一周し、またホテルの近くまで戻ってきました。谷あいのようにやや低くなっている場所がありましたが、そこの南向き斜面に桜の花がみごとに咲いていました。

桜はやはり高地のことでソメイヨシノではなく、ややピンクが濃く花が小さめの種類でしたが、これだけまとまって咲いていると見事なものです。まだ緑の少ない早春の森の中で、華やかさが一きわ目立ちました。

春本番の草津

 ベルツの森の中、ヴィレッジから歩いて5分ほどのところに睡蓮池という大きな池があります。池の周りに遊歩道が作られており、睡蓮など湿生植物や野鳥などを観察できます(下の写真)。

池はもとは川筋だったのでしょうか、細長い形状で、長さは150mほどもあります。早朝のことで、ここにはまだ日が当らず、池の岸辺はまだ冬景色のままで静まり返っていました。

春本番の草津

 フランス印象派を代表する画家クロード・モネは、晩年セーヌ川の下流ジベルニーに広い土地を購入し、セーヌ川の水を引き入れて大きな睡蓮池を作りました。日本の風物に憧れていたモネは、その池に青緑色に塗った太鼓橋を架けたそうです。

この睡蓮池はモネの庭を模して作られたということで、モネの庭にあるのと同じような太鼓橋が置かれています。

春本番の草津

春本番の草津池の岸から空を見上げると、なお雪をいただく草津白根がそびえていました。
冬はその草津白根から風が吹き降ろすので、草津の町が寒くなるのは当然です。
この池も冬は厚い氷が張り、上を歩いて渡れるそうです。

春本番の草津池の岸辺には高い基礎を造った上にログハウスが建てられていました。池の管理を行う小屋ですが、池に集まる野鳥などの観察を行うこともできるようになっています。7月ごろになると、池の水面は睡蓮の大きな葉で覆われ、色とりどりの花が咲き乱れます。


国内旅行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/06/27(水) 07:14)

<<馬の曲乗り | ホーム | レンブラントの絵画>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yuttari7.blog60.fc2.com/tb.php/255-f7db97fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 憩いのとき all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア