FC2ブログ
梅の花世田谷ブログきく日記・ブログ
人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuttari7

Author:yuttari7
世田谷ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 世田谷のたぬき
世田谷のたぬき 最近、インターネットで「世田谷でタヌキを見た」というレポートをよく目にするようになりました。タヌキはもともと適応力がある動物で、昔から人里のはずれなどに住み着き、人間と共存してきました。
東京でも昔はいたるところにいましたが、現在は世田谷、練馬、杉並など周辺部に住むようになりました。

 タヌキは動物学では哺乳綱ネコ目イヌ科タヌキ属という分類になるそうです。英語では raccoon dog と呼ぶので、犬に近い動物なのでしょう。
ミミズ、昆虫から木の実までなんでも食べる雑食性で、人里の近くでは人間の残飯などもあさります。
食べ物があって子育てが可能な場所なら、どこにでも住み着くことができるのです。

東京では、多摩川の河川敷がタヌキの大根拠地になっているようです。タヌキはもともと犬と同じく泳ぎが得意でミミズや小魚をよく食べます。また、多摩川の岸には住宅が多く、人間の残飯も手に入ります。

世田谷のたぬき

 下の写真は世田谷区西部を流れる野川とそのほとりにある次太夫堀民家園の森です。野川はここからさらに東に流れて多摩川に合流します。多摩川の河川敷に住み着いたタヌキは、野川の流れに沿って移動し、世田谷区の中央部に進出したのでしょう。

また、井の頭公園の森に住み着いたタヌキが京王線の線路に沿って東に移動したと考える専門家もいるそうです。

世田谷のたぬき

世田谷のたぬき京王線は下高井戸で世田谷線に接続しているので、京王線の線路から世田谷線沿線に入り込めます。
世田谷線の周辺は、公園、神社仏閣、緑道などが多く、線路沿いに雑木林が広がる場所もあります。
また世田谷線沿線には写真のように水路や側溝などがあり、タヌキにとってありがたい環境です。

 終電が過ぎると、世田谷線の線路沿いにはタヌキが盛んに現れるそうです。環状7号線のすぐ外側には松陰神社、若林公園、国士舘大学、豪徳寺などがありますが、最近ではそのあたりで日中でもタヌキが動き回っているのが目撃されています。

ある推計では、東京都の区部には現在1000匹くらいのタヌキが住んでいるとされます。タヌキの目撃情報を集めているウェブサイトによると世田谷での目撃例が非常に多いので、世田谷区には200匹ぐらいのタヌキがいるのではないかと思います。

世田谷のたぬき


散策 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:1
(2018/06/13(水) 06:34)

<<春本番の草津 (3) | ホーム | アムステルダム美術館へ>>

コメント
  大阪府吹田市千里山西でもタヌキ出没!
大阪府吹田市千里山西でもタヌキ出没!
http://sanbonmatsu.web.fc2.com/

残念なのが開発工事でタヌキの生息地が破壊される模様
しかも地元住民と業者でトラブルになってる

大阪の数少ないタヌキ生息地、狸さんの生活は守ってね
http://sanbonmatsu.web.fc2.com/
URL | 大阪府吹田市千里山西でもタヌキ出没! #qvrmgsXw | 2018/05/31(木) 19:43 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yuttari7.blog60.fc2.com/tb.php/249-2e4a41df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 世田谷ブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア