FC2ブログ
梅の花憩いのとききく日記・ブログ
人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuttari7

Author:yuttari7
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 アムステルダム美術館へ
アムステルダム アムステルダムについた翌朝、ホテルの窓を開いて市街を見渡しました。ホテルは大通りに面した場所にあり、道筋を遠くまで見通せます。
高い古風な塔のある大きなレンガ造りの建物が見えました。教会だろうかと思いましたが、なんと普通のショッピングセンターとのことでした。

 ヨーロッパ式の朝食をとってから、ホテルの前にあった市電の停留所で2番という線に乗って、10分ほどで王立博物館の前に着きました。歩いて行っても、ほんの20分ほどの距離です。
王立博物館は1885年に建てられたヨーロッパ初の美術館とのことで、ご覧のようにツインタワーを持つ荘重な建築です。

アムステルダム

 王立博物館の周囲は、高級アパートが多い静かな住宅地のようです。アムステルダムは、ロンドンより若干北の緯度52.3度に位置します。北海道の北にあるサハリンの北部と同じくらいの位置です。
この北国でも、5月中旬になって街路樹は新緑に包まれ、通りを自転車で行き交う人々は半そで姿が目立ちました。

アムステルダム

アムステルダム王立博物館は、現在はこの壮麗なアーチ門が仮入口になっているようです。
18世紀にハーグの宮殿に収集された美術品が、19世紀になってからアムステルダム宮殿に移されました。19世紀末にこの王立博物館が建設され、レンブラント作品をはじめ、主として17世紀オランダ絵画が多数収蔵されています。

アムステルダム現在この美術館は6年越しの大改修をしていて、フィリップス棟という区画だけが公開されているということです。
現在は美術館の看板であるレンブラント作品の企画展覧会をしているようです。私どもは、開館時刻の少し前に入口の前に着きましたが、まだほとんど並んでいる人はありませんでした。


海外旅行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/06/11(月) 07:21)

<<世田谷のたぬき | ホーム | 世田谷の梅干>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yuttari7.blog60.fc2.com/tb.php/248-b0c6f317
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 憩いのとき all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア