FC2ブログ
梅の花憩いのとききく日記・ブログ
人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuttari7

Author:yuttari7
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 パソコンデータのバックアップ
ハードディスク 通常の小型パソコンでは、ハードディスクが1つなので、ハードディスクを交換する際は旧ハードディスクに記録されているパソコンデータを一度外部ハードディスクに退避した上で旧ハードディスクを取り外し、新ハードディスクをパソコンに取り付けます。

データを退避するには、USB接続の外部ハードディスクがもっとも適しています。退避する前に、ハードディスクのデータファイルに対してチェックディスクをしておくのがよいでしょう。

ハードディスク次に新ハードディスクをフォーマトし、WindowsなどのOSをインストールします。
その後、ブラウザなどのインターネットプログラムやワード、エクセルなどアプリケーションプログラムをインストールし、ネットワーク接続など基本的な設定をします。

最後に外部ハードディスクなどに退避しておいた各種パソコンデータを新ハードディスクのしかるべき場所に取り込めば、以前と同じ仕事が新ハードディスクで行えるようになるはずです。

基本的には上記のようにしてパソコンのハードディスクを取り替えて仕事を継続できるのですが、実際には旧ハードディスク上で利用していたインターネットプログラムや各種アプリケーションプログラムの設定条件や各種設定ファイルなどが新ハードディスク上で必要になります。

それらがないと、新ハードディスクにそれらのアプリケーションプログラムをインストールしても、新規に設定、カスタマイズをしなおすことになり、大変な手間と時間を要します。

代表的なパソコンのアプリケーション設定は、次のとおりです。
  • インターネット接続設定

     OSをインストールした後は、その旨を製造元マイクロソフト社に通知して「ライセンス認証」を受ける必要があります。このライセンス認証は、通常は、そのパソコンにOSをインストール後インターネットに接続した際に自動的に行われます。

    そこで、新ハードディスクにOSをインストールしたら、その直後からパソコンをインターネットに接続できるように準備する必要があります。

    現在では大多数のパソコンがルーター経由でインターネットに接続するようになっているので、パソコンでルーターに接続する設定をメモしておくか何らかの方法で外部記憶装置に記録しておかなければなりません。

  • ウェブ・ブラウザ

    私は、ウェブ・ブラウザは"Internet Explorer" と "Firefox" を利用しています。これらブラウザのブックマークは仕事に必要なデータであり、新ハードディスクでも当然利用します。

    ブックマークやカスタマイズなどブラウザの設定データは、それぞれのブラウザ・プログラムがバックアップのツールを持っているので、それに従ってUSB接続の外部ハードディスクなどにバックアップしておきます。

  • メールプログラムの設定データ・送受信データ

     これまで長年取り交わしてきた電子メールの送受信文は、仕事の継続に必要なデータであり、ハードディスクを交換する際に大事にバックアップしなければなりません。

    またメールアドレス、メールサーバーの設定、メール添付データなどメールの関連データがなくなるとハードディスクを交換した後メールが利用できなくなります。

    それぞれのメール・プログラムがバックアップやエクスポートのツールを持っているので、それに従ってUSB接続の外部ハードディスクなどにバックアップしておきます。


I T・エネルギー | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/06/03(日) 07:05)

<<都立園芸高校のバラ園 | ホーム | 春本番の草津 (2)>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yuttari7.blog60.fc2.com/tb.php/243-3777ba6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 憩いのとき all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア