FC2ブログ
梅の花世田谷ブログきく日記・ブログ
人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuttari7

Author:yuttari7
世田谷ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 大阪城内に入る
大阪城 大阪城は、豊臣秀吉によって1598年に築城されました。その城郭は1615年の大阪夏の陣で大半が焼失し、その後、徳川幕府によってまったく別の城が再建されました。
正門である大手門はその際に創建されたもので、現在の大阪城公園の南西隅、大手前芝生広場から外堀を渡ったところにあります。

大阪城 場外から大手門に至る幅の広い道路には、両側に黒松の並木があります。
本丸の石垣は豊臣時代よりさらに高く積み上げられて、徳川幕府の威信を天下に示す造りになりました。
本丸と二の丸、西の丸との間には内堀があります。大手門の近くでは、内堀は深く掘り下げた空堀になっています。

大阪城 大阪冬の陣、夏の陣の経験から、徳川家康は堀の幅を豊臣時代の2倍にし、その深さも2倍にました。
これらの大工事には、国中の大名たちが動員され、10年以上の歳月を要したそうです。
こうして築かれた大阪城は、その後250年にもわたって徳川幕府の西国経営の中心拠点になりました。

 また、徳川家康は豊臣時代の石垣をすべて覆い隠す形で巨大な石垣をあらたに建造しました。それらに使われた花崗岩などの石材は大阪に近い加茂、六甲や瀬戸内海の島々から調達されたということです。

巨大な切石で組み上げられた石垣は、下の写真のように上部になるほど傾斜が急になるみごとな「扇」の曲線を描いています。

大阪城

大阪城 大阪城内に時代を感じさせる巨大な建造物がありました。旧陸軍第四師団司令部庁舎を歴史博物館として利用していたとのことですが、2001年に新大阪城天守閣に大阪歴史博物館が開館したので、現在ではこちらは利用されていません。

大阪大空襲にも破壊されなかった歴史的建造物です。

国内旅行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/04/24(火) 06:43)

<<渉成園印月池 | ホーム | 羽根木プレーパーク>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yuttari7.blog60.fc2.com/tb.php/222-eb3c6a4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 世田谷ブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア