FC2ブログ
梅の花世田谷ブログきく日記・ブログ
人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuttari7

Author:yuttari7
世田谷ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 世田谷区深沢の桜
 東急田園都市線桜新町の近くに「サザエさん通り」という商店街があります。知らない人のない漫画サザエさんの作者長谷川町子さんがこの街に住んでいたので、この名がつけられました。

東急田園都市線桜新町駅からそのサザエさん通りを通り抜けたところに、長谷川町子美術館があります。長谷川さんが住んでいた家の跡に建てられたもので、町子さんが姉の毬子さんとともに蒐集した美術品を展示しています。下の写真は、同美術館の外壁に描かれているサザエさん一家のイラストです。

深沢の桜

 長谷川町子美術館から国道246線を渡り、駒沢通りの方向に入ると、世田谷区深沢の広大な住宅地が広がります。
都心からそれほど遠くない地域ですが、まだかつての世田谷の田園を思わせる緑と水辺が残っており、季節に応じて変る表情が人の心を和ませます。

深沢の中には駒沢や自由が丘に向かう道が何本も通っています。それらの道の両側には桜の大木が並んでおり、春のシーズンには見通すかぎりの豪華な桜のトンネルとなります。

深沢の桜

深沢の桜 桜並木の通りを走るバスの乗客が、外の満開の桜を見上げて感嘆の声をあげます。そのバスが、桜の坂を登って行き、坂の頂上を越えて走り去りました。
私の家からは、このあたりまで15分ほどで歩いていけます。私どもは、毎年のこの時期、深沢のなかを花見をしながら歩くのを楽しみにしています。

深沢の桜 呑川という川が、深沢の住宅地の中央を通って自由が丘のほうに流れています。呑川の両岸には、やはり1km近くにわたって桜並木があり、呑川親水公園と呼ばれています。
このあたりは深沢の中心で戸建て住宅が多いところですが、都心にも遠くないので、最近ではマンションが増えつつあります。

 呑川に近い桜並木の中ほどに、「無原罪の聖母宣教女会」 というカトリック教会があります。教会内の庭園は世田谷区の特別保護区に指定されており、一年に3回一般公開されています。

庭園は基本的に昔の姿をそのまま維持しているとのことで、かつての武蔵野をほうふつさせる静かな空間です。庭園内には今も自然湧水があり、それを水源とする古池が残っています。

今回私どもが行ったときは、庭園内の桜は散りかけており、池の面には桜の花びらや桜しべがたくさん浮かんでいました。

深沢の桜


散策 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/04/10(火) 06:57)

<<桜のデパート | ホーム | 桜開花・大阪城公園 (2)>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yuttari7.blog60.fc2.com/tb.php/214-92c1d9ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 世田谷ブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア