FC2ブログ
梅の花世田谷ブログきく日記・ブログ
人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuttari7

Author:yuttari7
世田谷ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 梅祭りの演芸
梅祭り 小田急線梅が丘駅の西側にある小さな山全体が、世田谷区立羽根木公園です。羽根木公園は都内有数の梅の名所で、毎年2月中旬から梅祭りが開かれます。

ふと見ると、花盛りの梅林の中に人だかりができていました。梅の花の下に女性のモデルが立って、なにか撮影をしているようです。

梅祭り 梅林から少し離れたところで、祭りの客目当ての食べ物などの出店がたくさんあり、大賑わいでした。

それらの中に苗木屋さんがかなりあり、梅、金柑など果樹、花木の苗を販売していました。梅はまだ1mほどの小さい苗なのに、写真のように木いっぱいに見事な紅白の花をつけています。

梅祭り 公園には大きな広場がありますが、梅祭りの期間中はそこに造られた舞台でさまざまな芸能、アトラクションが披露されます。

写真は早春の青空のもとでの落語席で、会場いっぱいに置かれた椅子を埋めたお客様たちは梅の香がただよう中、江戸落語を楽しんでいらっしゃいました。

 今回私どもが行ったときは、ちょうど紅白の幔幕をめぐらした舞台で女性グループの江戸かっぽれがにぎやかに演じられていました(下の写真)。

かっぽれは、もともと大阪で始まったそうですが、にぎやかなことが大好きな江戸っ子にうけたのか、江戸の浅草寺などで見世物として盛んに演じられるようになりました。

かっぽれとはもともと相づち、掛け声の意味だそうで、舞台の上で元気よく踊りながら大きな声を出して景気をつけます。満員のお客様も、その熱演に手拍子と拍手で応えました。

梅祭り

 下の写真は、女性も含めた若者たちの大太鼓・小太鼓のグループです。部隊に大きな和太鼓をずらりと並べ、黒いシャツを着た面々が掛け声も勇ましく、いっせいに打ち鳴らします。

このグループは世田谷のさまざまなイベントの際によく見かけます。この地区では有名な演奏集団のようで、ほうぼうのイベントからお呼びの声がかかるのでしょう。

梅祭り


季節・年中行事 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/04/06(金) 06:40)

<<桜開花・大阪城公園 (2) | ホーム | 桜開花・大阪城公園>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yuttari7.blog60.fc2.com/tb.php/212-014c36ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 世田谷ブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア