FC2ブログ
梅の花憩いのとききく日記・ブログ
人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuttari7

Author:yuttari7
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 桜満開 / 吞川親水公園
吞川親水公園 国道246線を渋谷から南に向かい、桜新町の近くにくると、道路の左側に小川が伸びていて、その両側に桜の大木が並んでいます。
これが「呑川親水公園」です。呑川は、もとはかなり大きな川だったとのことですが、その流域があらかた都市化したことにより、現在では川の大部分が暗渠になっています。

吞川親水公園 「呑川親水公園」では、暗渠の上部に1kmほどにわたって小川をつくり、下水の高度処理水というきれいな水などをポンプで流しています。都心に近い住宅地としては数少ない緑豊かな水辺となっています。
その小川の両側にソメイヨシノの大木の並木が伸びており、その下に石畳の遊歩道が設けられています。

吞川親水公園 毎年春の桜のシーズンには、川筋に沿って見通すかぎりの豪華な花のトンネルができ、小川の両側の遊歩道には桜を愛でる人々がひきも切らず通ります。
小川の両側の遊歩道は、自動車はこの地区の住人だけのようで通行が少ないので、のんびりと桜の花を見上げながら歩いていても心配はありません。

 この小川には、カルガモ、ガン、オシドリなど、各種の水鳥がたくさん住み着いています。また、多摩川、大井埠頭、不忍池など東京の水辺に住んでいる水鳥たちが、ここに飛来することもあるそうです。

春先には水鳥たちのヒナが誕生し、ピヨピヨと鳴きながら親鳥のあとを一生懸命追っかけて小川の水面を泳ぎまわります。

吞川親水公園

 呑川は、広大な世田谷深沢の住宅地の中央を通って自由が丘のほうに流れています。大昔は深沢地区は畑が広がっていたそうですが、この呑川の周りは広い田んぼだったのでしょう。

このあたりは深沢住宅地の中心で戸建て住宅が多いところですが、都心へのアクセスもよいので最近はマンションが増えつつあります。呑川の川筋を借景として、マンションの見栄えが大変よくなります (^_^)

吞川親水公園



散策 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/03/29(木) 07:25)

<<京都・詩仙堂 | ホーム | 焚き火でチャーハン>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yuttari7.blog60.fc2.com/tb.php/211-69344f91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 憩いのとき all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア