FC2ブログ
梅の花憩いのとききく日記・ブログ
人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuttari7

Author:yuttari7
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 旧音楽学校奏楽堂 (2)
 旧奏楽堂は、西洋音楽ホールの建築設計技術、音響設計技術が日本にはほとんどなかった明治23年に、西洋でそれら技術を習得した少数の先覚者たちが試行錯誤しつつ創建しました。

昭和59年に旧奏楽堂が移転のために解体されましたが、その際、音楽ホールの床下と壁面内部から大量の稲わらの束が発見されました。これは音楽ホールに必要な遮音性と音響性能を当時容易に入手できた材料で実現しようと試みたものだったのでしょう。

奏楽堂

奏楽堂  奏楽堂舞台の照明は舞台近くの天井から吊るされたシャンデリアで行われています。これは、当時旧奏楽堂で使われていたシャンデリアをLED灯を使って復元したものだそうです。

奏楽堂の窓には、分厚い二重のカーテンがかかっています。外部騒音の侵入を防ぐためでしょう。

奏楽堂  舞台背面にあるパイプオルガンは、徳川家がイギリスから輸入して東京音楽学校に寄贈したもので、日本最古の音楽ホール用オルガンだそうです。
舞台には、かなり古い製作と思われるピアノが2台置かれていました。ここでの第一回コンサート(1898年)では滝廉太郎がバッハの曲を演奏したそうです。

奏楽堂左の写真は舞台近くから階段状の客席上部を撮影したものです。現在の座席は近代的な鉄製フレームに布張りになっていますが、当時の旧奏楽堂ではどのような座席だったのでしょうか。
ご覧のように客席のつくりは華美ではありませんが、さすがに創建以来100年以上にもわたる歴史の重さが感じられます。

奏楽堂 旧奏楽堂の音楽ホールを出ると、音楽ホールの両側に小さい教室のような部屋が多数あるのがわかりました。音楽の指導や練習に使っているようです。
壁に和服姿の滝廉太郎の写真がかかっていました。廉太郎は23歳の若さで亡くなったそうですが、やはりどこか病弱だったのを思わせる写真でした。


その他 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/04/02(月) 07:27)

<<桜開花・大阪城公園 | ホーム | 京都・詩仙堂>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yuttari7.blog60.fc2.com/tb.php/209-80cbd5aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 憩いのとき all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア