FC2ブログ
梅の花憩いのとききく日記・ブログ
人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuttari7

Author:yuttari7
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 旧音楽学校奏楽堂
旧音楽学校奏楽堂 東京藝術大学の前身東京音楽学校は、日本の音楽教育の中心として多数の人材を世に送り出しました。
学校の中央部分に置かれていた奏楽堂は、パリに留学した山口半六という建築家によって設計された日本最古の木造洋式音楽ホールで、音楽学校での練習、発表の場として長く使用されました。

旧音楽学校奏楽堂 昭和59年に旧奏楽堂は解体され、その後建築各部の部材を整備補修したうえ上野公園北端、東京都美術館の北側に移築されました。
木造の大きな門から入ると、古風な車寄せのついた玄関が見えました。旧奏楽堂の創建当時は、写真左側の門から馬車が入ってこの車寄せで止まったことでしょう。


旧音楽学校奏楽堂東京音楽学校の卒業生の中に、日本の西洋音楽創成期で活躍した滝廉太郎がいます。滝廉太郎は1879年生まれで、作曲とピアノ演奏で優れた才能を発揮しました。左の写真は、旧奏楽堂入口の横にあった滝廉太郎の銅像です。旧奏楽堂一階の常設展示場には、滝さんの手稿、遺品などが展示されていました。

旧音楽学校奏楽堂 奏楽堂として使われていたのはこの建物の二階部分だったとのことです。しかし、現在ではこの建物全体が旧音楽学校奏楽堂と呼ばれています。
建物の一階には常設展示場があり、旧奏楽堂の創建以来現在に至るまでの歴史、各時代の演奏家たち、音楽ホールの造りなどに関する史料が展示されています。

旧音楽学校奏楽堂 常設展示場では、三浦環など当時の音楽学校卒業生らが残した演奏録音を鑑賞できます。瑞々しい歌唱に感銘を受けました。
昔のホテルの階段のような木の階段で、旧奏楽堂の二階に向かいました。旧奏楽堂の音楽ホールは階段教室のような造りになっており、客席は旧奏楽堂の二階から入ります。


その他 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/03/25(日) 06:51)

<<焚き火でチャーハン | ホーム | 真鶴漁港>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yuttari7.blog60.fc2.com/tb.php/206-c884c426
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 憩いのとき all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア