梅の花憩いのとききく日記・ブログ
人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuttari7

Author:yuttari7
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 春日局の墓
春日局の墓 春日局は幼名は福といい、父は織田信長を本能寺で殺した明智光秀の重臣斎藤内蔵助利三でした。その後福は徳川二代将軍秀忠の長男家光の乳母に抜擢されました。
家光の支持を得て大奥の実権を握った福は、京都御所の制度を手本にして大奥の制度・儀礼を整備確立しました。

春日局の墓 1624年、春日局45歳のとき、隠居所として報恩山天澤寺が創建されました。
場所は、文京区東大赤門から御徒町のほうに向かう春日通りの北側、東大病院の東側になります。なお、春日通りとは、春日局に由来する名称です。このあたりは幸いにも戦災を免れ、江戸初期の禅寺の姿が現在も保存されています。

春日局の墓天澤寺は、 からたちの生垣があったことからからたち寺とも呼ばれました。
春日局は、大奥を辞した後この寺に隠居し、1643年に65歳で亡くなりました。
春日局の隠居所であった天澤寺はそのまま春日局の菩提寺になり、春日局の法名にちなんで天沢山麟祥院(りんしょういん)と改名されました。

春日局の墓 麟祥院の山号は天沢山、宗派は臨済宗妙心寺派です。禅寺のシンボル「葷酒山門に入るを許さず」という石柱が門前に立っていました。
なお、京都に縁が深かった春日局のために、臨済宗妙心寺派の大本山京都妙心寺にも麟祥院という塔頭が家光によって春日局の菩提所として建てられています。

春日局の墓 東京の麟祥院の山門(上の写真)から境内に入ると、前に大きなお堂が建っています。
このお堂は客殿と呼ばれるもので、比較的新しく鉄筋コンクリート造で建てられたということです。
客殿というお堂は、昔から禅寺には設けられることが多く、信者や檀徒の集会所になっているようです。


散策 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/03/01(木) 06:54)

<<羽根木公園・梅祭り | ホーム | 新宿御苑 2月>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yuttari7.blog60.fc2.com/tb.php/196-b8f1ee1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 憩いのとき all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア