FC2ブログ
梅の花憩いのとききく日記・ブログ
人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuttari7

Author:yuttari7
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 王子神社
王子神社 JR王子駅前にある音無親水公園の北側に王子神社という神社があります。JR王子駅から歩いて3分です。
同神社の言い伝えでは創建は平安中期11世紀、源義家が奥州征伐に向かったころとされています。14世紀には紀州熊野三社から王子大神を勧請し、「王子神社」と呼ばれるようになりました。

王子神社 由緒ある当神社の境内には昔から巨木が生い茂っており、「太田道灌雨宿りの椎」という樹もあったそうですが、戦災で焼失しました。
ただひとつ残ったのが、左の写真の「王子神社のイチョウ」です。1923年(大正12年)に行われた実測では、目通り幹囲は6mを超え、高さは20m近くであったということです。
このイチョウは現在都の天然記念物に指定されています。

 戦国時代に関東を支配下に治めた北条氏は、当神社を篤く崇敬し、朱印状を授与して当神社の社領を安堵しました。

その後江戸時代を開いた徳川家康公は、当神社に朱印地二百石を寄進し、将軍家祈願所と定めました。以後、当神社は歴代の将軍の崇敬を得て「王子権現」の名称で江戸名所の1つとなりました。

昭和20年(1945年)、 戦災で当神社の社殿は焼け落ちました。その後、昭和39年、昭和57年の二回の造営により黒漆塗りに金箔をほどこした権現造りの社殿が再建されました。

王子神社

王子神社 王子神社の境内には「関神社」という末社があります。 百人一首で知られる蝉丸公を祭神としています。
蝉丸公は「かもじ・かつら」を考案したということから、「音曲諸芸道の神」、「髪の祖神」と崇敬を集めているということです。関神社には理容業関係者や床山などの皆さんがよく参拝にくるそうです。


散策 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/02/23(金) 07:31)

<<中川一政美術館へ | ホーム | 湯島天神 2月 (2)>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yuttari7.blog60.fc2.com/tb.php/192-9432b6c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 憩いのとき all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア