FC2ブログ
梅の花世田谷ブログきく日記・ブログ
人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuttari7

Author:yuttari7
世田谷ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 真鶴・三ツ石 (2)
真鶴・三ツ石 火山学者によると、箱根には太古には現在の富士山のような巨大な独立火山があったということです。
その箱根火山の南東部にあった単成火山真鶴溶岩グループの活動により、約15万年前に大量の安山岩質の溶岩が相模湾に向かって流れ出て真鶴半島が形成されました。半島の東南端が真鶴岬です。

真鶴・三ツ石 岬の突端には、神奈川県の名勝三ツ石があります。これは正式には笠島といい、れっきとした島です。
私どもが真鶴岬に着いたのは朝10時ごろだったので、斜めにあたる朝日の逆光の中、三ツ石は海中に黒々とそびえていました。15年ほど前ここにきているのですが、ほとんど覚えていませんでした。

真鶴・三ツ石 朝日の斜めの光が静かな海に反射して、三ツ石のまわりの海面がまばゆいばかりに輝いていました。
真鶴岬崖の上にあるケープ真鶴から石段で三ツ石の近くの海岸に降りることができます。波打ち際には朝早くからたくさん人が出て、わずかにある砂浜を散歩したり、あたりの写真を撮ったりしています。

 海岸まで降りて波打ち際から見ると、三ツ石が私どもの前に立ちはだかるように一段と大きく見えました。
三ツ石は、下の写真のように二つの大きな島山からなっています。三ツ石というからには、大昔は三つの岩があったのでしょうか。引潮の際には海岸の石伝いにこの三ツ石まで歩いて渡ることができます。

真鶴・三ツ石

 真鶴半島から西側を見ると、伊豆半島の東岸を遠望することができます(下の写真)。対岸の大きな町は、熱海でしょうか。JRでは真鶴の次の駅が湯河原、その次の駅が熱海です。

真鶴半島から反対の東側を見ると、はるかかなたに小田原の市街がかすんで見えます。

真鶴・三ツ石


散策 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/02/09(金) 07:14)

<<湯島天神 2月 | ホーム | 樋口一葉記念館>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yuttari7.blog60.fc2.com/tb.php/185-fe419055
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 世田谷ブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア