梅の花憩いのとききく日記・ブログ
人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuttari7

Author:yuttari7
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 都電荒川線
 チンチン電車が大好きな私どもは、今回樋口一葉記念館を訪ねるにあたり、かねてより乗りたかった「都電荒川線」を利用することにしました。
都電はかつては庶民の足として東京中を走っていて、私も昔高校に通っていたとき、品川駅前から都心まで都電を利用しました。

都電荒川線 しかし、高度成長期の自動車の増大により、道路の邪魔者とみなされようになって、次々に廃線に追い込まれました。その中で荒川線だけが残ったのは、荒川線の路線の大部分が専用軌道になっていて自動車交通とは関係なかったこと、そして他に代替交通がないので沿線住民が存続を強く要望したためでした。

都電荒川線 都電荒川線は、早稲田停留所(駅ではありません (^_^) )と三ノ輪停留所の間全長12kmを50分で走ります。
都心側の始点早稲田停留所は早稲田大学の近くで、JRなど電車の駅とは連絡が悪い場所にあります。
現在の車両は写真のように昔の車両に比べて大変スマートになっていました。

都電荒川線 昔の都電は完全天然空調付き (^_^) )でしたが、現在は空調も完備しています。
運行全長は、荒川線が12.2kmと、世田谷線の5kmの2倍以上あります。どちらも、自動車道路とは別の専用軌道を利用して運行しています。一日平均乗客数は、荒川線が65,000人、世田谷線が約5万人です。

都電荒川線 チンチンという懐かしい発車音(現在は電子音です)がして、荒川線はゆっくりと動き出しました。
都電は昔も今も一両運行です。空いている時間帯には乗客全員の顔が見えます。
寅さんで有名な鬼子母神前、東京都霊園のある雑司ヶ谷、とげ抜き地蔵のある庚申塚などを経由して走行します、

都電荒川線 車窓の下町風景を楽しんでいるうちに王子停留所を通過し、荒川遊園地停留所に着きました。ここには区立荒川遊園地があります。小さな動物園、植物園もある区民の憩いの場です。
そうこうしているうちに、終点の三ノ輪停留所についてしまいました。早稲田停留所からの所要時間は約50分です。

散策 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/02/01(木) 06:56)

<<新宿御苑の大温室 (2) | ホーム | 東京天文台 (3)>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yuttari7.blog60.fc2.com/tb.php/181-116dd115
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 憩いのとき all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア