fc2ブログ
梅の花世田谷日常きく日記・ブログ
人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuttari7

Author:yuttari7
ゆったり世田谷暮らしの日記です

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 軽井沢旧三笠ホテル
 新幹線軽井沢駅の北1.8kmほどのところに、このあたりでは有名な旧軽井沢交差点という場所があります。
その旧軽井沢交差点から北北西約2kmのところに、「旧三笠ホテル」という歴史ある建物があります。昔は草津軽便鉄道の「三笠駅」というのがこのホテルのすぐ近くにあったということです。

三笠ホテルは、実業家山本直良が明治38(1905)年にオープンされました。現在では同ホテルの建物は国の重要文化財に指定され、明治時代の軽井沢を現代に伝える文化遺産になっています。

旧三笠ホテル

旧三笠ホテル 建物は、黒褐色の壁に白い窓枠がアクセントのアメリカ風の造りです。
かなり大きな建物ですが、現存するのは当時の建物の半分ほどとのことで、最盛期の規模がしのばれます。

ホテルは、アメリカ帰りの設計技師の手により、欧米から輸入された建材や調度を用いて建設されました。

旧三笠ホテル ホテル正面入口から入ると、目の前に二階に通ずる階段があります。階段の造作も欧米から輸入したものでしょう。
ホテル内の方々で使われているカーペットは、イギリスから輸入したそうです。

ホテルは元は30室ありましたが、客定員はわずか40人だったということです。

 開業当時の軽井沢は、外国人の別荘のほうが日本人の別荘より多かったそうです。東京から多数の外国人観光客がこの地を訪れ、このホテルに宿泊したことでしょう。

玄関の近くにかなり広いロビーがあります。ここは椅子を入れ替えて小ホールとして音楽会や舞踏会にも利用されたとのことで、アップライト・ピアノが置かれてありました。

三笠ホテルには、渋沢栄一、乃木希典、近衛文麿など政財界人、軍人、文化人が多く宿泊したことから 「軽井沢の鹿鳴館」とも呼ばれたそうです。

なお、コマーシャルソングなどでも有名だった指揮者・作曲家の山本直純さんは、創立者山本直良氏の孫にあたります。

旧三笠ホテル


国内旅行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:1
(2017/11/17(金) 06:28)

<<上野・不忍池 (2) | ホーム | 浅もみじ>>

コメント
 
突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒https://goo.gl/J4i7FY
でブログをやっているきみきといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^
URL | さくら #- | 2017/11/17(金) 07:55 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yuttari7.blog60.fc2.com/tb.php/129-e91663c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 世田谷日常 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア