fc2ブログ
梅の花世田谷日常きく日記・ブログ
人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuttari7

Author:yuttari7
ゆったり世田谷暮らしの日記です

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 中央区の歳末
中央区の歳末 中央区人形町は、江戸開府以来の歴史を持つ下町でももっとも古い町の一つです。人形浄瑠璃の人形遣いがこの町に多く住んだので、この名前がついたといわれます。
年の暮れにこの町を歩いていて、左の写真の縁起物店を見つけました。土地のとび職が造ったのでしょうか、丸太と合板で組みあげてありました。

中央区の歳末 縁起物店の中には、そのとび職でしょうか、はっぴを着た人が数人忙しく働いています。さっそくお客が店に入ってきて、年末の縁起物を手にとって店主とやり取りをしていました。
通りには国旗が掲げられ、風にはためいていました。その下の街路を町の人がコートの襟を立てて通り過ぎました。

中央区の歳末 安産の神様として有名な水天宮は、江戸時代に有馬藩の殿様が久留米水天宮の分社を建てたのが始まりとされます。
もともとは名前のとおり水の神様でしたが、やがて安産の御利益が口コミで広まり、現在では「なさけありまの水天宮」として、安産、子授け、水難除け、渡航安全の神様となりました。

中央区の歳末 水天宮のご霊験で安産となった後、お礼参り、七五三参りにまた訪れる人も多いようです。
写真の赤ちゃんは、初お礼参りかと思います。
歳末らしくないうららかな陽気で眠っているのでしょうか、乳母車から転落しそうでした。

毎月の「戌の日」は特にご利益があるとされ、参拝者が多いそうです。

 一年の仕事の最後となる仕事納めは、例年12月28日か29日が多いようですが、その日は業務は午前中で終了となる会社・事業所がかなりあります。
そのような会社でしょうか、たまたま通りかかった中央区のあるビルの前で、餅つきをしているのを見ました(下の写真)。

ビルの玄関前に青いビニールシートを敷いて、小さな天然石造りの臼を置いていました。 金髪の若手社員が威勢良く臼に杵を振り下ろし、その臼の中の餅を中年の社員が慣れた手つきですばやくこねていました。

この一年の忙しいお仕事、まことにお疲れさまでした。

中央区の歳末



スポンサーサイト



季節・年中行事 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/12/30(日) 07:22)

 年末の目黒不動
目黒不動 東急目黒線不動前駅の近くにある目黒不動尊は、古くから浅草寺と並んで東京の庶民信仰の中心になっています。
目黒不動尊は関東ではもっとも古い不動霊場であり、熊本の木原不動尊、千葉の成田不動尊と併せて日本三大不動と呼ばれるそうです。年末の目黒不動尊に参拝に行きました。

目黒不動 古くから「目黒不動尊」と呼ばれているのは、同じ境内にある泰叡山瀧泉寺という天台宗のお寺の不動堂です。江戸時代以降、庶民の間に不動信仰が盛り上がり、瀧泉寺の不動堂に行楽を兼ねて参拝する人が大変多くなりました。現在では、瀧泉寺というお寺の名前より「目黒不動尊」のほうがはるかに有名になっています。

目黒不動 境内の広場に、「甘藷先生」として有名な江戸時代の学者青木昆陽の石碑がありました。
青木昆陽は、元禄11年(1698年)生まれで江戸時代中期に活躍した儒学者、蘭学者です。目黒不動尊では、毎年10月の縁日には、昆陽の10月12日の命日を偲んで甘藷まつりが開かれ、大いににぎわいます。

なんてん 同じ広場、勢至堂の前に作曲家本居長世の記念碑がありました。碑面には、本居が作曲した童謡「十五夜お月さん」の譜が刻まれてありました。
本居長世は、東京音楽学校のピアノ科の教授をしながら盛んに童謡などの作曲活動をしました。
本居は目黒不動のそばに住んでいたので、この碑が立てられました。

目黒不動 不動尊本堂に登る大石段がありますが、その下左側に「独鈷(どっこ)の滝」という小さな滝が落ちており、その滝の下が池になっています。
今から1200年前、伝教大師最澄の弟子慈覚大師がこの瀧泉寺を開いたとき、大師が持っていた独鈷(どっこ)を投げたところその場所から滝泉が湧き出したとされます。


散策 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/12/28(金) 06:42)

 クリスマス点景
 近くの世田谷区深沢の住宅地で下の写真のクリスマス・デコレーションを見かけました。サンタさんと7人の小人たちという童話があるそうですが、その人形でしょうか。

冬の陽光が明るく当たるベランダに、鮮やかな紅白の服を着て勢ぞろいです。手作りのデコレーションで子供たちにクリスマスの夢を届けます。

クリスマス点景

クリスマス点景 左は、田園都市線桜新町駅の近くの住宅地で見かけたデコレーションで、石の門柱に赤い服を着たサンタさんの人形を吊るしてありました。
サンタさん、今年もいよいよ出番真近ですね。トナカイのそりは、もう準備できましたか。
世界中の子供たちへのプレゼントも、大量に積み込んでください。

クリスマス点景 私の家の近くにある馬の公園馬事公苑は、現在は2020年東京オリンピックに向けて第改装中で、一般の人は立ち入りできません。
馬事公苑には木馬がところどころに置いてありましたが、その一つの上に赤い服を着たサンタさんがまたがっていました。
木馬くんもこれが最後のおつとめですね。

クリスマス点景 一年を通じて明るい話題の少なかった今年ですが、それでもクリスマスから年末にかけてのこの時期は、最後のかき入れどきということで盛り場の商店は活気付きます。

左の写真の店では、キティちゃん人形やどらえもんを山と積み上げ、サンタの服を着た店主が声を枯らして客を呼んでいました。

クリスマス点景 世田谷区立羽根木公園にある広場では、広場の中のテーブルに子供たちが12、3人座り、そのまわりに父兄たちが集まっていました。
テーブルには白いクロスがかけられており、テーブルに座った子供たちの前にはおいしそうなケーキが並べられています。クリスマス・パーティをするようです。


季節・年中行事 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/12/26(水) 07:35)

 X'mas in 渋谷
X’mas in 渋谷 東京の若者の街渋谷で仕事を終えて地下鉄の駅に向かう途中で、きれいなイルミネーションつきの大きなクリスマスツリーを目にしました。
ツリーには"VERY HAPPY CHRISTMAS"と赤い飾り文字が光っており、ツリーの一番上には金色の大きなお星さまが夜空に輝いていました。

X’mas クリスマスから年末にかけてのこの時期は一年の最後のかき入れどきということで、盛り場の商店はどこも活気付きます。
東京・渋谷界隈のこの店では、キティちゃん人形やどらえもんを山と積み上げ、サンタの服を着た店主が声を枯らして客を呼んでいました。招き猫の手も借りたいくらいでしょう。

X’mas in 渋谷 ケーキ屋も、クリスマスは年に一度の大商機ですが、クリスマスケーキは短期期間限定とあってリスクの高い商品でもあります。売れ残ったら、つぶして他のケーキの原材料にするほかないのです。
ケーキ店の店先で若いツーショットのサンタさんが声を張り上げて道行く人に呼びかけていました。

X’mas in 渋谷  私が仕事を終えて家に帰るとき、渋谷は身動きもつかない大賑わいでした。
若者だけではなく、私どもでも、このクリスマスのシーズンになると心が浮き立ちます。
若者の街渋谷のシンボル、ファッションビル「渋谷109」の壁に、クリスマスを祝う画像が大きくディスプレイされていました。


季節・年中行事 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/12/24(月) 07:07)

 大宮八幡宮・花笠祭り
大宮神社 大宮八幡宮は鎌倉時代に興された由緒ある神社で、秩父の大宮、足立の大宮とともに武蔵の国の三大宮と呼ばれます。
京王井の頭線の西永福駅から歩いて10分ほどのところにあります。

大宮八幡宮の境内は大変広壮で、東京都内では明治神宮、靖国神社に次ぐ広さがあるそうです。

大宮神社 約900年前の平安初期に源頼義・義家父子が奥州討伐に出征する際に、この地で八幡大神に戦勝を祈願しました。その祈願がかない、源頼義・義家父子は奥州を平定して京に凱旋しましたが、その後1063年に京都・石清水八幡宮より御分霊をいただいてここに大宮八幡宮を創建しました。

大宮神社 毎年12月の中旬に大宮八幡宮の境内で「杉並花笠祭り」が開催されます。この祭りは山形県の後援で行われ、神社の表参道には山形の農産物や特産品の露店が立ち並び、いも煮や山形地酒もふるまわれます。西永福商店街から大宮八幡宮社殿前までの参道で花笠踊りのパレードがにぎやかに行われます。

大宮神社 この祭りは本年で第29回で、杉並の有名イベントとなりました。
杉並花笠祭りは、山形の花笠まつりと同じように、花笠音頭にのって踊ります。北国の実りのときを祝う明るく華やかな踊りです。
その踊りに出演したお嬢さんたちが集まっていたので、一枚写真をとらせていただきました。

大宮神社 大宮八幡宮から善福寺川を渡ったところに、都立和田堀公園があります。善福寺川に沿う形で広がっており、杉並区内で最も緑が多い地域で春には桜の名所として多くの来訪者で賑わいます。
園内の和田堀池には美しい小島がありますが、このあたりにはカワセミが生息しており、撮影する人をよく見かけます。


季節・年中行事 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/12/22(土) 07:24)

 武蔵御岳神社 (2)
 武蔵御岳山は、標高が929mもあり、東京近郊の山として人気の高い高尾山(599m)をはるかにしのぎます。

ケーブルカーで登った御岳山駅も標高が830mもありますが、そこからさらに神社を目指して登って行くと、本格的な山地の表情が現れてきました。

ケーブルカー御岳山駅で降りてしばらくは山中の緩い登り道が続きます。やがて赤い鳥居が見えてきましたが、このあたりは周囲の紅葉がちょうど見ごろになっていて、参拝客がみな足を止めて感嘆の声をあげていました(下の写真)。

武蔵御岳神社

武蔵御岳神社 鳥居を抜けると、道は次第にけわしい上り坂になりました。
行く手にひときわ大きなかえでの木がそそり立っていました。葉も普通のかえでより大きく、初冬の陽光を浴びて燃えるように輝いていました。
このあたりはすでに標高は900mに近くなっていますが、やはり高地の紅葉は平地とは違います。

武蔵御岳神社 そのあたりに多数ある宿坊は、もとは神社の神職などの住居で、やがて参拝者、信仰登山の方々も宿泊させるようになり、現在ではハイキング客や一般観光客も受け入れています。
宿坊の主人は、今も全員が御師と呼ばれる代々世襲の神職で、武蔵御嶽神社の神主の資格を持っているそうです。

武蔵御岳神社 宿坊の中には特別の格式をもつものもあるそうで、上の写真のように堂々たる神社のような門にしめ縄を下げた宿坊もいくつか目にしました。
大きな宿坊の庭に、かえでの巨木が立っていました。樹高は20m近くもありそうで、木の向こう側から陽がさして、かえでの木全体が真っ赤に燃えるようでした。

 そこから少し歩いて行くと、東側に大きく開けた崖際に出ました。とりどりの色に染まった東側の山々がにすぐ眼下に連なって伸びていました。

その向こうには、JR青梅線沿線の青梅市や立川市でしょうか、大きな市街が広がっています(下の写真)。

よく晴れた日には、御岳山の頂上からは、都心の高層ビル、スカイツリーや横浜ランドマークタワーなども見ることができるということです。

武蔵御岳神社


季節・年中行事 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/12/20(木) 06:59)

 世田谷ボロ市2018年暮れ
世田谷ボロ市 世田谷では作業着の繕いやわらじの補強に利用するボロが安く売られる市が江戸時代から開かれており、 ボロ市と呼ばれるようになりました。
昔はボロ市では近郷の農村が必要とする農耕具、古着市、正月用品などが売られていたのですが、最近は食料品、衣料・装身具、おもちゃ、骨董などの店が中心です。

 上の写真の骨董店は、どこから集めてきたのか、和人形、中国の人形、狼のブロンズ像、花瓶に紅茶セットといった雑多な品々を、道路わきに開いた狭い店いっぱいに並べていました。

骨董の類は、当然、年月を経ても商品価値がそれほど低くならないものが販売の中心にbなります。陶磁器や鉄器、銅器、次いでガラス器、木製品などが数多く店頭に並べられます。

世田谷ボロ市

 ある横丁に開店した骨董店で、背の高い外国人が店先に立って店主と話し合っているのを目にしました。その様子を数人のカメラマンが近くから撮影しています。どうやら外国人のレポーターが世田谷ボロ市を取材するテレビ番組のようです。

外国人のレポーターはかなり日本語が達者なようで、店頭の骨董品をてにとっては使い方などを店主に訊ねていました。

世田谷ボロ市

世田谷ボロ市 ボロ市は、上記のように江戸時代の古着やぼろなどを売買する市がルーツです。以来、現在に至るまで和服、襦袢、帯止めなどの和装品が多く売買されています。

左は昔の暖簾(のれん)などを販売する店で、和人形などの骨董品も売っています。女性の人形が暖簾をあけて出てきたようですね。

 ボロ市の通りをしばらく歩いていると、なんと昔の大型帆船の模型を多数並べて販売している店を見つけました。

帆船の模型はみななかなか精巧なつくりで、甲板に立てた長いマストに帆桁を多数取り付け、白いキャンバスで作った帆を張っています。

大型帆船の模型は昔から根強い人気があり、現在でも模型完成品、模型キットなどがインターネットで販売されています。

それらの帆船模型マニアが持っていたものが持ち主が亡くなった後に世田谷ボロ市など骨董市で販売されることが多いようです。また、次世代の帆船マニアがそれらを買うのでしょう。

世田谷ボロ市


季節・年中行事 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/12/18(火) 07:01)

 トイプードルが警察犬に
 私は知らなかったのですが、警察の捜査に利用される犬には追及犬と選別犬があるそうです。

追及犬は地面に付着している足跡臭を追跡し、犯人や行方不明者、遺留品の発見を目的とし、ときに犯人に噛み付きますが、選別犬は事件現場の遺留品の臭気と犯人の臭気が同じかどうかを区別することを目的とします。

犬は、なんと人間の5000倍以上の嗅覚と約10倍の聴覚を持つそうで、警察の捜査現場では大変有用です。

警備犬 たまたま茨城県警の警察犬のウェブページを見たところ、平成30年度の嘱託追及犬26頭の画像が掲載されていました。それらの大多数はいかついシェパードでしたが、1頭だけ左の写真の可愛らしいトイプードルが入っていました。
茨城県警では数年前から審査の対象に小型犬が加えられましたが、本年度もトイプードルくんが合格したようです。

 小型犬は体力は劣りますが、飼育費用が少なく、災害時にがれきの隙間に入ったりできる良さがあり、また威圧感がないので犯人や住民に警戒されず捜索できるそうです。

今回のチビワンちゃん(上の写真)は、メス、5歳のトイプードルのダンシングガール オブ ラ プラタ ジェイピーという長い名前だそうで、今後1年間、茨城県警で遺留品や行方不明者の捜索に加わります。

ハクビシン プードルにはいくつかの種類があり、スタンダードプードルは大型犬で、レトリーバーに近いくらいのものもあります。第二次世界大戦では、スタンダードプードルは救助犬としても活躍しました。

左の写真は近くのきぬた公園で撮影したスタンダードプードルです。犬が立ち上がると飼い主さんの胸くらいにまでになります。

警備犬 18世紀後半には愛玩用として「トイ・プードル」という小型犬が開発されました。
プードルは2008年度にはジャパンケネルクラブの犬籍簿登録数が全犬種中第1位となりましたが、その内訳は小型のトイプードルが大多数だったそうです。
プードルに続く登録第2位はチワワ、第3位はダックスフンドでした。


ニュース | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:1
(2018/12/16(日) 06:56)

 世田谷の冬もみじ
ハナミズキ 私は旅行・四季の花などの写真サイト花景ギャラリーも運営しています。その中から冬もみじをご紹介します。
ハナミズキの葉は他に先がけて紅葉し、色あざやかな赤い実をつけます。1912年に東京からサクラの苗をアメリカに贈りましたが、その後アメリカからハナミズキの苗が日本に贈られました。

さくら それについで、サクラの紅葉が始まります。
桜の葉はまず黄色くなり、その後赤く変わるので、桜の紅葉は真紅にならず、明るく華やかさな赤黄色になります。
緑の葉が直接あざやかな真紅となるかえでとは、対照的です。
世田谷では公園や街路に桜が多数あり、晩秋には明るい紅葉になります。

なんてん 家の近くの烏山川緑道を散歩していたとき、なんてんの植え込みが紅葉しているのを見ました。
なんてんは、晩秋から初冬にかけて赤色の小球形の果実を多数つけます。
なんてんは、初冬には葉が次第に色づき、やがてつやのあるみごとな紅葉になります。縁起の良い木とされ、よく正月の飾り物に使われます。

うるしの葉 日本の「漆器」は、うるしの樹液を何層にも塗り重ねて制作します。そのうるしの木は、日本中に自生していますが、肌に触れるとかぶれることが多いので注意が必要です。私も何度かうるしにかぶれてひどい目にあいました。
うるしの葉は、秋が深まるとまず黄葉となり、その後次第に深みのある美しい紅葉になります。

かえで 環状8号線道路に近い高台に、瀬田4丁目広場という世田谷区が管理する屋敷があります。
その屋敷にカエデがたくさんあったのを覚えていたので、行ってみました。
運良く紅葉のタイミングはぴったりで、おまけにうまい具合に西日が当たってくれたので、真紅の紅葉が輝いていました。


季節・年中行事 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/12/14(金) 06:55)

 森鴎外記念館
森鴎外記念館 作家森鴎外の旧宅が、文京区千駄木、鴎外文学ゆかりの団子坂をのぼったところにありました。
現在では地下鉄千代田線千駄木駅から歩いて3分ほどの場所です。

昔は、毎年秋にはこの坂の両側に菊人形の店が立ち並び、そこを訪れる客相手に団子を売る店が繁盛したとのことです。

 森鴎外は、この家に30年間住み、大正11年に60歳で亡くなりました。家の二階にあった書斎から東京湾が遠望されたことから、鴎外がこの家を観潮楼と名づけました。

森鴎外記念館 この家は、鴎外の没後、文京区立鴎外記念本郷図書館となりました。
1階には鴎外記念室が設けられ、鴎外の自筆原稿、手紙、日記や鴎外の作品が掲載された雑誌、鴎外愛用の品々などが展示されました。

鴎外記念室の入り口の壁に、鴎外のレリーフが置かれてありました。

森鴎外記念館 昔の郵便切手にこのレリーフの写真が使われていた記憶があります。
記念室の中には、鴎外の自筆原稿などのほかに鴎外の石像がありました。
それは、鴎外がアンデルセンの小説 『即興詩人』 の翻訳により読者人気投票で翻訳家第1位になったのを記念して出版社が作成したものだそうです。

森鴎外記念館 鴎外記念室の外にはさほど広くない庭がありましたが、それは鴎外が住んでいた当時の庭を復元したものです。
軍医総監だった人の家の庭としては、こじんまりとしたつくりでした。

鴎外は、この庭を大層愛し、そこに植えた沙羅の木(ナツツバキ)を賞して詩に書きました。

 その沙羅の詩を作家永井荷風が額に書いたものが鴎外記念室にありましたが、観潮楼の庭にはその石碑が置かれてありました(上の写真)。
荷風は観潮楼をしばしば訪れていたようで、荷風の日記 『断腸亭日乗』 に鴎外が晩年病気になり、やがて亡くなって葬式を行なった様子が記録されています。

森鴎外記念館 森鴎外が誕生して150年目の2012年(平成24年)の記念事業として旧記念館は撤去され、新たに「文京区立森鴎外記念館」が建設されました。
新記念館の地下1階展示室には、旧記念館収蔵の鴎外の記念品その他が展示されています。
2階には図書室、講座室があり、文学講座などに利用されています。


散策 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/12/12(水) 06:58)

次のページ
copyright © 2005 世田谷日常 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア