fc2ブログ
梅の花世田谷日常きく日記・ブログ
人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuttari7

Author:yuttari7
ゆったり世田谷暮らしの日記です

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 大阪城天主閣からの展望
大阪城 大阪城桜門を入ると、北の方向に大阪城の天守閣が高々とそびえていました。昭和に入ってから市民の募金活動が始まり、1931年にその資金で天守閣が再建されました。
復興された天守閣は、初層から第四層までは白漆喰壁とし、第五層は初代天守閣の絵図に従って黒漆に金箔で虎や鶴を描いています。

大阪城 天守閣の入口に、古めかしい青銅製の大砲が展示されてありました。明治になってから時報を大阪の街に伝えるのに利用されたものです。毎日正午に放たれた空砲の轟音は、「お城のドン」として大阪の名物の一つになりました。
大正末期には、時計が普及して空砲の時報は行われなくなりました。

大阪城 現在の天守閣は、2階から7階までは歴史博物館、8階は展望台になっています。展望台に登ると、生駒、六甲などの周辺の山々から大阪湾まで見渡せます。
東北の方向を望むと、天守閣の巨大な金の鯱が見えました。平成の大改修で金張りもリフレッシュしたとのことで、春の陽を浴びて輝いていました。

大阪城 金鯱のすぐ下に拡がる大きな水面は、大阪城貯水池です。明治政府は、大阪市内でもっとも高い大阪城本丸に貯水池を設け、そこに淀川から水を上げて1895年から市内に上水の供給を開始しました。
太い水鉄管が城の地下をくぐって西側に抜けており、現在でも一日2万トンほどを配水しているそうです。

大阪城 展望台から大阪城公園の中に銅張り屋根の堂々たる建物が見えました。「大阪市立修道館」というもので、東京都の武道館と同じように柔道、剣道、なぎなた、弓道その他武道の普及振興のために昭和38年に設立されました。
大阪市民はだれでも武道を練習したいときに予約なしで利用できるそうです。


スポンサーサイト



国内旅行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/04/30(月) 06:55)

 羽根木プレーパーク (2)
プレイパーク 羽根木公園内、梅園と反対側のところにある 「プレーパーク」 は、子供たちが自由に使える遊び場です。

プレーパークには管理事務所になっている小屋があり、そこにだれかが持ってきたポンコツピアノが置かれてあります。ピアノの上手な女の子が楽譜を見ながらなにか弾いていました。

プレイパーク プレーパークの中ではさまざまな子供の遊びが行われています。左の写真は「ベーゴマ」という縁が角ばった鉄製のこまを洗面器の上に張ったシートの中で闘わせる遊びです。
ベーゴマはシート中央部、底部で高速で回転し、縁の角がぶつかり合います。相手のこまを弾き飛ばしたほうが勝ちになります。

プレイパーク ベーゴマの周りに細い紐を巻き、それを洗面器に張ったシートの中に勢いよく投げ入れて紐を引くと、ベーゴマは高速で回転し始めます。
小学校4年生ぐらいの男の子たちが大声を挙げながら勝負を競っていました。勝ち上がった子に、他の子が挑戦します。みな真剣な表情で熱中していました。

プレイパーク 公園内ではありますが、ここではプレイリーダーの監督のもと、焚き火をするのが認められています。その焚き火に黒い鉄製の「お玉」のようなものがかけられていました。
お玉の中には砂糖を少量の水で溶いたものが入っていて次第に沸き立ってきました。カルメ焼きというお菓子を作っているのです。

プレイパーク お玉の中で砂糖水が沸騰したら、少量の重曹を加えて手早くかき混ぜます。重曹が熱分解して炭酸ガスが発生し、大きく発泡したら、火からおろして冷やすと軽石状の焼き菓子が出来あがります。
子供たちの父兄のどなたかが昔使ったお玉をここに持ち込み、カルメの作り方を伝授したのでしょう。


散策 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/04/28(土) 06:56)

 渉成園印月池
 私どもが京都の名園渉成園に行ったのは3月下旬で、春が遅い京都でもソメイヨシノが咲き始める時期でした。
渉成園の中心をなす園池印月池の渉成園入口側のほとりに立ち、広々とした池の面と新緑に萌えはじめた対岸の林を見渡しました。写真中央にかかっている橋は侵雪橋(しんせつきょう)と呼ばれ、北大島に向かう回遊路になっています。

渉成園印月池

 印月池には鴨、白鷺などの水鳥が遊び、その周囲に広がる林には四季の彩りが鮮やかです。新幹線京都駅から歩いて10分足らずのところにこのような名園があるのは、さすが京都というほかありません。

渉成園印月池

深沢の桜 京都駅のタクシー運転手さんは、お客に「それほど時間はないが、この近くにどこかよいところはないだろうか」といわれると、たいていこの渉成園に案内するそうです。
江戸後期の文人頼山陽もこの渉成園の景観を愛でてしばしば来園し、印月池や園内の建物など「渉成園十三景」を選定しました。

渉成園印月池 印月池中に造られた南大島という小島は、昔ここにあった建物の名前から臥龍堂とも呼ばれています。

この小島にある多層石塔(左の写真)は渉成園のルーツを造った左大臣源融(みなもとのとおる)を供養するもので、これも頼山陽によって渉成園十三景の一つに選定されています。

渉成園印月池 印月池の北側から、池小島にかかる侵雪橋を撮影しました。橋の上から望む庭園の景観もすばらしく、来園者が橋の上から盛んにあたりを撮影していました。
この侵雪橋も江戸時代の頼山陽により渉成園十三景の一つに選定されています。
岸辺にあるかえでの若葉が秋の紅葉のように鮮やかに色づいていました。


国内旅行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/04/26(木) 06:43)

 大阪城内に入る
大阪城 大阪城は、豊臣秀吉によって1598年に築城されました。その城郭は1615年の大阪夏の陣で大半が焼失し、その後、徳川幕府によってまったく別の城が再建されました。
正門である大手門はその際に創建されたもので、現在の大阪城公園の南西隅、大手前芝生広場から外堀を渡ったところにあります。

大阪城 場外から大手門に至る幅の広い道路には、両側に黒松の並木があります。
本丸の石垣は豊臣時代よりさらに高く積み上げられて、徳川幕府の威信を天下に示す造りになりました。
本丸と二の丸、西の丸との間には内堀があります。大手門の近くでは、内堀は深く掘り下げた空堀になっています。

大阪城 大阪冬の陣、夏の陣の経験から、徳川家康は堀の幅を豊臣時代の2倍にし、その深さも2倍にました。
これらの大工事には、国中の大名たちが動員され、10年以上の歳月を要したそうです。
こうして築かれた大阪城は、その後250年にもわたって徳川幕府の西国経営の中心拠点になりました。

 また、徳川家康は豊臣時代の石垣をすべて覆い隠す形で巨大な石垣をあらたに建造しました。それらに使われた花崗岩などの石材は大阪に近い加茂、六甲や瀬戸内海の島々から調達されたということです。

巨大な切石で組み上げられた石垣は、下の写真のように上部になるほど傾斜が急になるみごとな「扇」の曲線を描いています。

大阪城

大阪城 大阪城内に時代を感じさせる巨大な建造物がありました。旧陸軍第四師団司令部庁舎を歴史博物館として利用していたとのことですが、2001年に新大阪城天守閣に大阪歴史博物館が開館したので、現在ではこちらは利用されていません。

大阪大空襲にも破壊されなかった歴史的建造物です。

国内旅行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/04/24(火) 06:43)

 羽根木プレーパーク
プレイパーク 羽根木公園内、梅園と反対側のところに 「プレーパーク」 という子供たちの遊び場があります。緩やかな斜面に大きな樹木がまばらに立っている場所で、子供たちが自由に使えるようになっています。
子供たちは、立ち木の間に大きな網を張り、蟻地獄のように網の底からよじ登って遊んでいます。

プレイパーク皆様も、子供のころこのような原っぱで落とし穴を掘ったり、小屋を作ったり、木の枝にブランコを吊ったりして遊んだことがあったでしょう。
ここには常駐のリーダーがいて、父兄とともに子供たちの原っぱ遊びを指導しています。その指導のもと、子供たちは遊び心を発揮して楽しんでいます。

プレイパーク ここには、リーダーの指導で、ご覧のようにボランティアと子供たちが廃木材などを利用して高い台を作ったり、木の間にロープを張ったりしています。
父兄たちが下からハラハラしながら見上げる中、子供たちは高い台によじ登ったり、立ち木の間に張り巡らしたロープを渡ったりしていました。

プレイパーク ここではプレイリーダーの監督のもと、焚き火をするのが認められています。子供たちの火いじりはほかでは厳禁ですが、ここではそれを体験できます。
今後、東京圏でも大地震など災害の脅威が高まるとされます。そのような事態に備えて子供たちに焚き火などを経験させるのも意味があるでしょう。

プレイパーク そばで見ていると、ほとんどの子供が焚き火をしたことがないようです。
紙などを焚きつけて次に燃えやすい木の葉などをその上に乗せて火を大きくするという基本を知りません。
ようやく焚き火ができたら、フライパンと鍋をのせ、野外料理にチャレンジです。この経験もいつか役に立つでしょう。


散策 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/04/22(日) 06:37)

 東本願寺・渉成園
渉成園 京都の名園として知られる渉成園は、東本願寺の飛地境内地で、周囲にからたちが植えてあったことから枳殻邸(きこくてい)ともよばれており、国の名勝に指定されています。
JR京都駅から歩いて10分足らずという至便の地にあるので、どの季節も名園の風光を愛でる参観者でにぎわっています

渉成園 2008年から、庭園施設の維持・保全のため、庭園を参観される方々に寄付金での協力を呼びかけています。500円以上の寄付をされた方には、渉成園ガイドブックが提供されます。
当園は東本願寺の歴代門首の隠居所でもあるとのことで、門を入ると住居風の建物があり、「大谷」の表札がかかっていました。

渉成園 行く手に大きな池が見えてきました。渉成園は、印月池という園池を中心とした池泉回遊式庭園になっています。
広い庭園内には梅、桜、楓、藤などの銘木が多数配されていますが、私どもが行ったときはまだ遅咲きの紅梅が咲いており、早咲きの桜とともに来園者の目を引いていました。

渉成園 園内印月池の西南に面して、漱枕居(そうちんきょ)という小さな丸木柱造りの茶室がありました(左の写真)。渉成園内には、この漱枕居を含めて3つの茶室があります。
漱枕居はご覧のように岸辺から半ば池に乗り出すように建てられており、かつてはここから小舟を出して舟遊びをしたそうです。

渉成園 当園の中心印月池は、平安時代の初期に左大臣源融(みなもとのとおる)が造った別荘六条河原苑の遺構といわれます。源融は、嵯峨天皇の皇子で源氏物語の主人公光源氏のモデルとされる人です。
江戸時代の初め、三代将軍徳川家光によりこの印月池と周辺の土地が東本願寺に寄進されました。


国内旅行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/04/20(金) 07:16)

 世田谷区深沢散策
深沢散策 漫画「サザエさん」の作者長谷川町子さんは、東急田園都市線桜新町駅近くの通りに住んでいました。その通りは現在では「サザエさん」通りと呼ばれます。
その縁で数年前の春、サザエさん一家の銅像が桜新町駅前に設置されました。以来、毎日ファンの方々がたくさん来て一家の写真を撮っています。

深沢散策 桜新町駅からサザエさん通りを抜けて深沢の住宅地に入ったところに、「無原罪の聖母宣教女会」派のカトリック修道院があります
庭園はそう広くありませんが、自然の湧水でできた池を中心にして昔の世田谷をしのばせるような造りで、いかにもカトリック修道院らしい静かな空間にになっております。

深沢散策 住宅地の中をさらに駒沢公園の方向に歩くと、駒沢通り沿いの深沢6丁目に「医王寺」があります。
江戸時代の初めに建立された由緒ある真言宗のお寺で、玉川八十八カ所霊場の第34番札所になっているそうです。
戦災で本堂などが焼失しましたが、昭和38年(1968年)に再建されました。

深沢散策 深沢の住宅地から抜けて駒沢通りに出たところに、日本体育大学という由緒ある体育系大学があります。
近年は、オリンピックの体育競技や新年の箱根駅伝などでめざましい活躍をしています。
日本体育大学は数年前に校舎を新築し、駒沢通りから堂々たるキャンパスをみることができます。

深沢散策医王寺の少し先に、華やかな造りの不動堂がありました。正しくは深沢不動教会といいますが、ふつう深沢不動という名で親しまれています。医王寺に昔からあった不動堂が、この深沢不動のルーツだそうです。
お不動様の縁の日なのか、狛犬に飾りのついた綱を張ってありました。春の青空を背景に、ピンクの飾りが風にそよいでいました。

散策 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/04/18(水) 06:58)

 公園の食事 / 羽根木
 羽根木こう公園内で梅園と反対側の一角には、「プレーパーク」という子供たちの遊び場があります。ここは公園として整備されたところではなく、ただの原っぱが広がっているだけです。

プレーパークの中には長い木の机がいくつか置かれています。プレーパークに来た人たちが、その机のところでちょっとした調理をしてみなで食事をするのをよく見かけます。白いテーブルクロスを持参して机にかけ、立派な食卓ができました。

公園の食事

公園の食事 公園内ではありますが、その食卓のそばでは焚き火をするのが認められているようです。持参の食材をその火で簡単に調理し、食卓に並べます。
飲み物や缶ビールなども持ち込んで、楽しい野外食の準備ができました。プレーパークの中で遊んでいる子供さんたちを大声で呼んで、食事が始まりました。

公園の食事焚き火のまわりに石を積んで、簡単な炉をこしらえました。そこに持ってきたホットプレートを置き、野菜などをいためます。
焚き火はおきができるため、火力はなかなか強く、大きく切った野菜もかんたんにいためられます。
次は、殻付きのホタテをホットプレートで焼こうとしています。

 広い羽根木公園の中では、一年を通じてさまざまなイベントが行われます。それらの際には多数のボランティアの皆さんが熱心に活動してイベントの進行を支えます。

下の写真の皆さんは、どうやら子供たちのために竹を削って竹とんぼを作っているようです。最近の子供たちはこのようなおもちゃを手作りすることはほとんどないでしょう。ボランティアの皆さんは、自分たちが子供のころ遊んだ竹とんぼを子供たちに伝えたいと思っているのでしょう。

公園の食事

 ボランティアの作業が一段落し、皆さんはプレーパークの机に集まって楽しい食事を始めました。

そばの焚き火で熱いお茶を沸かし、紙コップで飲みながら、持参のお弁当を食べていました。中には女性の方もかなりいるようです。プレーパークで遊ぶ子供たちのご両親も、このようなボランティア活動をいっしょにしているのでしょうか。

公園の食事

散策 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/04/16(月) 07:17)

 京都・八大神社
八大神社 京都の名園詩仙堂のすぐ東側に八大神社という由緒ある神社があります。
八大神社の創建は鎌倉時代初期の1294年とされ、以来この一乗寺かいわいの氏神さまとして信仰されてきました。
なお平安中期から中世にかけてこの地に一乗寺という天台宗の寺があったのが地名の由来ということです。

八大神社 上の写真の大鳥居を通って坂道を登って行くと、すぐに八大神社の拝殿の前に出ます。拝殿は、さすがにご覧のように鎌倉初期からの社歴を感じさせる堂々たる造りです。
当神社は祇園八坂神社と同じ神様を祀っているので北天王(北の祇園)とも呼ばれ、皇居守護神十二社中の一つとなっています。

八大神社 当神社は、禊祓い、農耕・水、森林・山、縁結びのご利益があるそうです。

宮本武蔵の決闘の地一乗寺下がり松は当時は当神社の境内だったとのことです。
2003年(平成15年)に八大神社創建710年、武蔵の決闘から400年を迎え、記念事業としてブロンズ製の宮本武蔵像が建立されました。

八大神社 武蔵決闘の地一乗寺下がり松には、古くから旅人の目印として松の木が植え継がれてきたそうです。
現在は、武蔵決闘のときから数えて第4代目の松の木が植えられています。
八大神社境内、宮本武蔵像の横にある社には、初代下がり松の古株がご覧のようにしめ縄をかけて置かれています。

八大神社 神社境内の一角には、宮本武蔵の映画のポスターが掲示されていました。
武蔵の映画はこれまでなんと30回近くも制作されたそうですが、このポスターは中でも人気が高い萬屋錦之助主演の映画のものです。

当神社は、現在では「宮本武蔵神社」と呼ぶほうがいいかもしれませんね (^_^)


国内旅行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/04/14(土) 06:55)

 桜のデパート
河津桜 世田谷のきぬた公園は、至るところにさまざまな桜が植えられており、春のシーズンには方々からの花見客で賑わいます。

数年前、ここに本州一の早咲き桜として有名な「河津桜」が植えられました。例年3月はじめから咲き始め、濃いピンクの可愛らしい花を樹いっぱいにつけます。

やまざくら きぬた公園には日本に古来からある桜 ヤマザクラも多数植えられています
ヤマザクラにもいくつか品種があるようですが、よく見るのはソメイヨシノよりやや色が薄いもので、開花と同時に葉が芽吹くのが特徴です。
和歌で知られている奈良県吉野の桜は、ほとんどがこのヤマザクラだそうです。

大島桜 オオシマザクラは野生種のサクラで、生長すると高さは15mにも達します。3月から4月にかけ、淡い芳香をもつ白い花をつけます。
花は花弁の形が明確で、花芯のおしべが金色をしており、全体として気品があって昔から庭木として利用されてきました。オオシマザクラの花は丈夫で長期間にわたって咲きます。

 現在日本中で花見の対象になっている桜は、80パーセントが「ソメイヨシノ」です。ソメイヨシノは、江戸時代に上記オオシマザクラとエドヒガンを掛け合わせて作られたということです。

オオシマザクラから整った花弁の形と金色の花芯を受け継ぎ、薄いピンクの気品ある桜が誕生しました。開花時には葉は芽吹かず、樹全体が細かい花で覆われ、まさに日本の春を代表する豪華な姿になります。

ソメイヨシノ

 花弁の枚数が多い八重桜は、上記ヤマザクラやソメイヨシノに比べて開花期が1~2週間ほど後になります。八重桜の一種フゲンゾウは室町時代から存在していたということです。

花は大きめで花の色も濃いものが多く、ヴォリューム感があって豪華です。海外では、ソメイヨシノより八重桜を好む向きが多いそうです。

花弁の枚数が多いためか、開花してから散るまでの日数が長く、長期間にわたって豪華な花が楽しめます。

八重桜


季節・年中行事 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/04/12(木) 07:03)

次のページ
copyright © 2005 世田谷日常 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア