梅の花憩いのとききく日記・ブログ
人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuttari7

Author:yuttari7
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 鎮守様の秋祭り (2)
 私どもの近所に弦巻神社という昔の世田谷村の鎮守さまを思わせる素朴な神社があります。この弦巻神社は、例年10月半ば、体育の日の前後に秋の例大祭を行っています。日ごろ静かな境内も、この際は大いににぎわいます。

秋の例大祭は、土曜日が宵祭りで翌日の日曜日が本祭になっています。土曜日のお昼ごろ、この神社の方向から賑やかな祭囃子が聞こえてきました。夕方に神社にいったところ、拝殿のとなりにある神楽殿の舞台は奉納演芸ができるように準備されていました。

鎮守様の秋祭り

神社の秋祭り 日ごろは弦巻神社の境内はほとんど人気がなく、近所の子供たちの遊び場になっています。

お祭りの際は、こんな小さな神社にも金魚つりやら射的の店やらがたくさん出店されます。やはり子供たちには買い食いできる店が人気があり、近所の子供たちがそれらを目当てに境内に集まってきました。

 この弦巻神社には日ごろ神主さんは常駐していませんが、例大祭など神社の行事の際は少し離れた世田谷上町にある世田谷八幡宮から神主さんが出張してきて神事をとりしきっています。

到着した神主さん一行は、弦巻神社の氏子代表に先導されてしずしずと神社の拝殿前に向かいました。拝殿の奥に安置されているご神体に向かって深々と礼をし、祝詞をささげます。

鎮守様の秋祭り

 神社拝殿前の広場では、奥にある倉庫からお神輿が外に出され、秋の日差しのもとぴかぴかと輝いていました。そのお神輿の前には、お神酒や野菜、果物など秋の実りの数々が並べられています。

明日の本祭では、この神輿は町の氏子や子供たちにかつがれて、弦巻の町筋をにぎやかに練り歩きます。その運行が無事であるようにと、神主さんは神輿の前に来て礼をし、祝詞をささげます。

鎮守様の秋祭り

 秋の例大祭では、弦巻の町内に町会の車が巡回して車についているスピーカーで神楽囃子を流し、祭りの始まりを知らせます。

それを聞いて、町の人々や子供たちが次々と神社に集まってきました。下の写真は、孫娘を連れたお祖母ちゃんでしょうか。祝詞をあげてもらったぴかぴかの神輿の前で記念撮影をしていました。

鎮守様の秋祭り


季節・年中行事 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/10/31(月) 07:14)

 照明器具の発熱
白熱電球 押し入れなどの天井には、「ダウンライト」という照明器具が埋め込まれていることがあります、
通常短時間の使用なので、すぐ明るくなる白熱電球が使われていることが多いようです。

そのダウンライトの熱で布団・衣類が燃える火災がこの3年間に都内だけで26件発生しています。

 白熱電球は、字の通り電球内のフィラメントに大きな電流を通じ、白熱させたときに発する放射を利用します。白熱電球の放射の大部分は赤外線なので、発光時には白熱電球のガラス部分は手で触れるとやけどするくらいの高温になります。

また、白熱電球の近くで光があたるものも、かなり温度が上がります。押し入れで100ワットの白熱電球を使ったダウンライトが綿布団と接する状態で点灯させたところ、10分後に発煙し、1時間後に発火したという実験結果もあります。

ダウンライトの点灯スイッチを消し忘れたり、気づかずに点灯したりして火災になるケースも多いようです。

消防庁では 「ダウンライトと収納物の距離を50cm以上とること、厚みのある冬布団などは積み重ねすぎないよう注意し、点灯状態もこまめに確認すること」 を呼びかけています。

電球型蛍光灯 電球型LED灯は、白色LEDを多数取り付けた基板をガラス球に封入し、商用電源を直流に変換した電源で点灯します。

左図のようにLED灯部とコンバータ部がガラス球に収められて白熱電球と同じ口金が付けられており、白熱電球のかわりに照明器具に取り付けて点灯できるようになっています。

LED電球 LED電球では、管内のLED素子からの発光は可視光がほとんどでその光があたっても熱を帯びることはありません。
しかし、管内のLED素子は非常に小さい半導体チップに大きな電流を通じて光を放つので発光時には相当な高温になります。
LED素子は表面積が小さいので対流や輻射による放熱が小さく、熱伝導を利用して発熱を外に逃がす必要がありますす。

 市販されているLED電球は、上図のように光を外部に放射するガラスカバーの根元側が薄い金属でおおわれています。これはヒートシンクと呼ばれるもので、下図に見られるように管内のLED素子が取り付けられている基盤と一体になっています。

動作時にLED素子から発生した熱はLED素子が取り付けられている基盤からこのヒートシンクに伝わり、外部の空気に放散されます。

LED素子は、動作時に温度が上昇すると発光効率が低下し、寿命も短くなります。LED電球の性能を長期間にわたって維持するには、ヒートシンクが欠かせないのです。
LED電球 前記のように、LED電球は商用電源を直流に変換した電源で点灯します。LED電球の内部にはそのためのコンバータの基盤も収められていますが、そのコンバータ部もかなりの熱を発生します。
コンバータ部も温度が上昇すると寿命が短くなるので、コンバータ部から発生した熱を外部に逃がすためにコンバータ部の基盤も前記ヒートシンクに接続されています。

 このようにLED電球内部で発生した熱の大部分がヒートシンクに集められるために、動作時にはヒートシンクの温度がかなり上昇します。

LED電球の種類によりますが、ヒートシンクの温度は50~70度ぐらいになることが多いそうです。LED電球が密閉環境にある場合にはさらに10度から20度ほども程度が上がる恐れがあるとのことです。

発熱が少ないというイメージのあるLED電球ですが、上記のようにヒートシンク部分は思わぬ高温になることがあります。白熱電球の場合と同じように、LED電球を利用する場合にも電球に可燃物が直接接触することのないように気を付けましょう。

I T・エネルギー | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/10/29(土) 07:06)

 乗鞍高原散策 (2)
乗鞍高原 善五郎の滝からまた山道を下って牛留め池に向かって歩き始めました。ときどき雨が吹きかけるなか、すべらないように気を付けてゆっくり進みました。

沢筋にミズバショウが高菜のように大きく生育しているのを見つけました。ミズバショウは高地では6月ごろ白い大きな花(葉が変形した苞)を咲かせます。

 ミズバショウはその後は写真のように緑の大きな葉を伸ばします。葉の大きさは、長さ80 cm、幅30 cmに達するそうです。ズバショウはサトイモ科の多年草だそうですが、葉はどこかサトイモに似ています。

小一時間も雨もよいの中を歩いて、ようやくまた牛留め池の近くにまで戻ってきました。ある料理屋のとなりに小さな水車小屋があるのを目にしました。乗鞍からの湧水が豊富なこの地では、昔はこのような水車を使って粉ひきなどをしていたのでしょう。

乗鞍高原

 ようやく宿泊しているオーベルジュイマイに戻ってきました。自動車で宿の近くの鈴蘭地区にある安曇村営の 「湯けむり館」 という温泉に行き、ゆっくりと湯に浸かって本日の疲れをいやしました。

温泉からオーベルジュに帰り、シェフが腕をふるった晩のご馳走となりました。食事は、母屋の小さな食堂でいただきます。

宿のオーナーは、本格的なフランス料理の経験が長いシェフとのことで、「オーベルジュ」 の名のとおり立派な料理を出してくれます。
晩は、通常はフランス料理ですが、今回はこちらの希望の和食にしてくれました。鮎の鍋物、馬刺、山菜のてんぷらという山の恵み豊かな和食メニューでした(下の写真)。

ペットを食堂に入れてもOKということで、連れてきたチワワ君が食卓の下から盛んにおねだりをしました(^_^)。

乗鞍高原

乗鞍高原 翌日の朝食には、自家製のおいしいパンが出てきました。このパンに土地の果物でつくったジャムをつけると、最高の味です。コーヒーも、自分で豆を挽いたものだそうで、本格的な香がしました。

オーベルジュの玄関で、オーナー一家の皆さんとワンちゃんの写真を撮らせていただきました。た。

 帰路は自動車で松本電鉄上高地線に沿って走り、JR中央線松本駅から中央線で東京新宿に出る予定でした。
ところが松本駅に着いてみると、どうやら台風でJR中央線が不通になったようでした。駅員に尋ねると、松本から篠ノ井線で長野に出て、そこから新幹線で東京に行ってくださいとのことでした。

篠ノ井線に1時間15分ほど乗って、ようやく新幹線長野駅に着きました。その改札で、さるテレビ局のスタッフが台風による鉄道交通混乱の取材をしていました。私どももそのテレビ局のインタビューを受けましたが、晩のテレビ放送の画面に私どもの姿が出たのでしょうか。

乗鞍高原

国内旅行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/10/27(木) 07:15)

 サザエさん誕生70周年
 知らない人はいない人気漫画 「サザエさん」 の作者長谷川町子さんは、東急田園都市線桜新町駅近くの通りに住んでいました。その通りは現在では 「サザエさん」 通りと呼ばれます。

その長谷川さんの縁で、数年前の春、サザエさん一家の銅像が桜新町駅前にいくつか設置されました。以来、毎日サザエさんファンの方々がたくさん来て一家の写真を撮っています。

銚子電鉄

 東急田園都市線桜新町駅からそのサザエさん通りを通り抜けて246道路に近くなったところに、長谷川町子美術館があります。長谷川さんが住んでいた家の跡に昭和60年に創館されました。

長谷川さんが姉の毬子さんとともに長年にわたって蒐集した日本画・洋画・ガラス・陶芸・彫塑など各種の美術品を展示しています。館内の 「町子コーナー」 では、長谷川さんが描いた漫画 《サザエさん》 、 《いじわるばあさん》 、 《エプロンおばさん》 などの原画や、自身が手がけた陶芸や水彩などの作品も展示されています。

ねぶた祭り

 長谷川町子美術館の外壁は、赤褐色のレンガ風のタイルでおおわれています。その広い壁面の一角に下の写真のようにサザエさん一家のイラストが貼られています。

私どもの世代ではだれでも知っているのですが、サザエさん一家の人々はみな海や海産物にちなんだ名前になっています。サザエさんの両親が波平とふね、旦那さんがマスオ、子供たちがカツオ、、という名前です。

ねぶた祭り

 長谷川町子美術館から東急田園都市線桜新町駅に向かう通りが、現在は 「サザエさん通り」 という名前になっています。桜新町駅から深沢や目黒方面に向かうバスがこの通りを走っています。

漫画 《サザエさん》 の中には東京の下町の商店街がよく描かれていますが、まさにそのとおりの商店街で、さまざまな小さな商店が軒を連ねています。それでもここ10年あまりの間に、それら小さな店が次第に統合し、かなり大きいビルも多数建築されてきました。

ねぶた祭り

ねぶた祭り サザエさん通りの歩道を歩いていて、街灯の柱の上になにかフラグが取り付けられているのに気がつきました。見ると、それには 「サザエさん生誕70周年」 と書かれてありました。

漫画 《サザエさん》 は、太平洋戦争が終了した翌年1946年に新聞連載が開始され、本年2016年がサザエさん生誕70年にあたるとのことです。


ニュース | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/10/25(火) 06:31)

 中古PCでネット接続
 ヤフオク!で1万円で落札したパソコンが宅急便で送られてきました。さっそく電源スイッチを入れてチェックしたところ、パソコンのハードディスクとWindows7は一応正常に動作しており、メモリも4GBが実装されていることがわかりました。

また、このパソコンのUSB3.0インターフェースも正常に動作するのが確認されました。

次はこのパソコンをインターネットに接続してブラウザやメールソフトの最新版をダウンロードする必要があります。
また、私の場合はウィルス対策用のセキュリティソフトもメーカーのウェブサイトからダウンロードしなければなりません。
そこで、このパソコンの通信システムをインターネットに接続する設定を行います。

パソコン 私はADSLルーターでパソコンをインターネットに接続しているので、まずこのパソコンをADSLルーターに接続する設定を行います。
私のADSLルーターでは、インターネット閲覧用のブラウザの画面からルーターの接続設定をするようになっているので、ルーターのアドレスをブラウザのURLに記入し、ルーターにログインしました。

 ブラウザからルーターの基本的な設定を行ない、次いでインターネットプロバイダーにログインするID、パスワードの設定をしました。

このようにADSLルーターの設定をしてADSLケーブルをそのルーターに接続すれば、あとはパソコンのブラウザ画面でインターネットのURLを指定するとインターネットが利用できるはずです。

ところが、そのインターネット接続がどうもおかしいのです。どうやらインターネット接続の通信速度が正常に得られていないようで、やっとのことでインターネットに接続しても画面がのろのろと動くだけで、ときどきハングアップしてしまいます。

そこで、このパソコンとADSLモデムとの接続状態を調べることにしました。パソコンのコントロールパネルを開き、その中の 「デバイスマネージャー」 の画面を表示すると、下の画面のようにパソコンで使われているハードウェアの状況が確認できます。


銚子電鉄

 上のデバイスマネージャーの画面で一番下にある 「ネットワークアダプター」 の項目をクリックすると、パソコン組込みのネットワークアダプターはインテルのチップを利用しているのがわかりました。

そのインテルのネットワークアダプターの上で右クリックしてそのプロパティを開くと、その動作状態が下の画面に表示されました。

プロパティの 「速度とデュプレックス」 の項目をクリックすると、その左側にこのネットワークアダプターの通信速度が表示されます。
インターネットを普通に利用するには、ネットワークアダプターの通信速度は 「100Mbps 全二重通信」 が必要ですが、現在このパソコンについているているネットワークアダプターではなぜかその通信速度が得られないのがわかりました。

銚子電鉄

 上記のようにパソコンのデフォルトのネットワークアダプターが正常に利用できないとあれば、なにか別のネットワークアダプターをこのパソコンに付加するほかありません。

通常パソコンにはPCI規格の拡張スロットが設けられており、そこにカードを挿入することでパソコンの機能を拡張することができます。

今回私が入手したこのパソコンにも下図に示すようにPCI Express 規格の拡張スロットが設けられているので、そのスロットに別のネットワークアダプターを挿入して使うことにしました。

銚子電鉄


I T・エネルギー | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/10/23(日) 07:37)

 桜新町ねぶた祭り
 東急田園都市線の桜新町では、近年マンションの建設が相次ぎ、人口が増加しつつあります。それにつれ、桜新町駅前の大通りを中心に大型店舗も多くなり、かなり立派な街になってきました。

この桜新町では、2003年から「桜新町ねぶた祭り」というイベントを毎年9月中旬に開催しています。数えて13回目になる本2016年は、9月10日(土)に駅前商店街を会場としてにぎやかに開催されました。

年々駅前大通りを練り歩くパレードの参加者が増加しており、パレードの趣向も下の写真のように華やかになってきました。

銚子電鉄

 桜新町は、ねぶたの本場青森市浪岡と姉妹都市提携しており、この祭りにはなるばる浪岡から大掛かりなねぶたが参加しています。下の写真のねぶたは青森市の市長賞をとったということで、ご覧のようにサイズも非常に大きく飾り付けも見事でした。

ねぶたの下に入って台車を押している方々がとても小さく見えるほどのサイズです。桜新町大通りの歩道を埋めた見物客の皆さんも、初めて見る本場のねぶたのスケールに圧倒されたようでした。

ねぶた祭り

ねぶた祭り 桜新町大通りに接続して、サザエさん通りという商店街があります。
知らない人のない漫画サザエさんの作者長谷川町子さんがこの街に住んでいたので、商店街にこの名がつけられました。

そのサザエさん通り商店街からサザエさん一家をかたどったねぶた人形がパレードに参加していました。

 本場青森市から参加するねぶたは、大型トラックで10時間もかけて輸送して桜新町の町から少し離れた広い場所に持ち込まれ、その後組み立て・飾り付けが行われます。

桜新町駅からそう遠くない場所にある馬事公苑では、毎年8月に 「世田谷区民祭り」 を開催しています。その区民まつりの会場に桜新町ねぶた祭のねぶたの一部が展示されていました。世田谷区が青森で制作してもらって保有しているねぶたかと思われます。

ねぶた祭り

 桜新町ねぶた祭りでは、夜になるとねぶたに明かりがともされ、大勢の 「跳人」 に先導されて駅前の通りを堂々と練り歩きます。

俵屋宗達など江戸時代の画家が好んで描いた 「風神雷神」 のねぶたも行進していました。たしか青森生まれの版画家棟方志功さんもこのテーマのねぶたを制作されたと聞きました。いかにも北国の短い夏を盛り上げる力を感じさせるダイナミックな飾りつけでした。

私どもが8月に馬事公苑の区民祭りで見たねぶたも、下の写真のように灯りがつけられ、あたりを睥睨するように行進していました。

ねぶた祭り


季節・年中行事 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/10/21(金) 07:10)

 銚子・犬吠埼灯台 (3)
公園の水栓 犬吠崎灯台の入口で料金200円を払って灯台に登る階段に向いました。
犬吠崎灯台は、明治7年にイギリス人灯台技師ブラントンの手を借りて建築され、以来日本本土最東端の灯台として航路の安全を守ってきました。
平均水面上から灯台灯火までは52mあり、35km離れた海上からも灯火を確認できるそうです。

公園の水栓 灯台の高い展望台まで登るのですが、もちろんエレベータはありません。左の写真の狭いらせん階段をひたすら一段一段歩いて登ります。
頂上の展望台までは、らせん階段を99段登らなければなりません。
一説には、犬吠崎灯台から始まる九十九里浜にちなんでらせん階段の段数を99にしたとか。

 やっとらせん階段を上り終えて、灯台の外部に造られた展望台に着きました。強い海風に吹き飛ばされそうになりながら展望台に出ると、50m下に広がる太平洋がはるか彼方まで見渡せました。

犬吠埼は本州の東端であり、はるかに太平洋をのぞむ断崖になっています。ここから東の方向は、アメリカ合衆国サンフランシスコまで 約8000Kmにわたって太平洋の大海原が続くだけです。

銚子電鉄

 展望台を手すりに沿って回り、北側(茨城県側)を見ると、美しい弧を描く 「君ヶ浜」 という海岸が伸びています。この海岸は海流の関係で泳ぐ人が沖に流されやすいということで、遊泳は禁止されています。

このあたりは古来文人墨客に愛され、句碑などもあるので、のちほど灯台を降りてから行ってみようと思います。
君ヶ浜海岸の西側には、君ヶ浜国有林の松林が広がっています。そのはるか向こうには、銚子の市街が見えています。

銚子電鉄

 犬吠埼灯台の直下、太平洋をのぞむ断崖の上に高いアンテナのポールがそそり立っていました。犬吠埼灯台に併設されている無線方位信号所から太平洋に向かって電波を放射するアンテナです。

無線方位信号所は電波を利用して位置を知らせる電波標識局の一種で、電波灯台とも呼ばれます、特定の無線電波を発して付近の船舶に方位や位置を伝え、その航行を補助する役割をしています。

銚子電鉄


国内旅行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/10/19(水) 06:29)

 鎮守様の秋祭り
神社の秋祭り 私どもの近所に昔の世田谷村の鎮守さまを思わせる素朴な神社があります。
この弦巻神社は、明治末の小社合祀法により稲荷社、八幡社、天神社が合祀してこの地にできたということです。
神社の規模は小さいのですが、入口の鳥居が左の写真のように三重になっており、長い歴史が感じられます。

神社の秋祭り 神社のまわりはすべて住宅になりましたが、ここには小さいながら武蔵野以来の大木の森が残っています。
実は私もこの神社の氏子になっており、毎年ささやかな奉納金で協力しています。
この弦巻神社は、例年10月半ば、体育の日の前後に秋の例大祭を行っています。日ごろ静かな境内も、この際は大いににぎわいます。

神社の秋祭り 弦巻神社拝殿の奥まったところには左の写真のような拝壇があり、弦巻神社の歴史にかかわるさまざまな品々が飾られてありました。
この弦巻神社には日ごろ神主さんは常駐していませんが、例大祭など神社の行事の際は少し離れた世田谷上町にある世田谷八幡宮から神主さんが出張してきて神事をとりしきっています。

神社の秋祭り 土曜日のお昼ごろ、この神社の方向から賑やかな祭囃子が聞こえてきました。

さっそく神社の鳥居をくぐって境内に入ると、広場にある倉庫からお神輿が外に出され、秋の日差しのもとぴかぴかと輝いていました。
そのお神輿の前には、お神酒や野菜、果物など秋の実りの数々が並べられています。

神社の秋祭り 神社の大太鼓も、車に乗せられて広場に出てきました。大太鼓の胴には大正15年奉納と書かれてありました。関東大震災ののちに作って神社に奉納したのでしょう。
その後ろには氏子からの奉納金の額が大きな板にずらりと貼りだしてありました。私どもが納めたささやかな奉納金もその中に書かれてありました。


季節・年中行事 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/10/17(月) 07:29)

 乗鞍高原・善五郎の滝
乗鞍高原 乗鞍高原牛留め池の北東1.2㎞ほどのところに 「善五郎の滝」 というかなり大きな滝があります。

乗鞍岳の山麓にはいくつも滝がありますが、この善五郎滝はそれらの三指に数えられるということです。
おりからの台風接近で天候に不安がありましたが、思い切って善五郎滝に向かって歩きました。

 このコースにはかなり標高差があり、牛留め池の周辺とは違って相当けわしい山道が多くなります。それでも善五郎滝まではほぼ整備された道路になっていて、普通の運動靴でも歩いていけます。

ときどき雨が吹きかけてはまた日が差してくるという不安定な天候で、山道の丸太などですべらないように気を付けて歩きました。

乗鞍高原

 このあたりは標高はすでに1500mほどもあるとのことで、さすがに深山のおもむきがあり、空気も冷たくなってきました。かなりきつい山道を登っていても、ほとんど汗をかきません。

しばらく歩くと、かなり広い沢にかかる橋の上にでました。この沢が善五郎滝から流れ出た水のようです。天候がやや安定してきたので、橋の上で深山の景観を楽しみつつしばらく休憩しました。

乗鞍高原

 しきりに鳥の鳴き声が聞こえるなか、さらに山道を登ってゆくと、行く手のほうからどうどうという腹にひびくような低い水音が聞こえてきました。もう善五郎滝の近くまできたようです。

山道の角を回ると、行く手に山の上から流れ落ちる大きな滝が見えてきました。その手前に善五郎滝の展望台があるとのことで、ますそちらに向かってあるきます。展望台は善五郎滝の向かって右側にあり、水しぶきが立ちこめる滝の全景が見られました。

乗鞍高原

 この滝は乗鞍三大滝の一つで、善五郎さんという人がここで大岩魚を釣り上げたという伝説があるそうです。滝は落差21m 幅8mで、あたりには滝から舞い上がった水しぶきがたちこめていました。朝から午前中にかけて、滝に虹がかかるのが見られるそうです。

善五郎滝の観光期間は4月中旬から11月末までですが、冬期には善五郎滝は凍りついて氷瀑になるということです。

乗鞍高原

国内旅行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/10/15(土) 07:18)

 ヤフオクで中古PCを落札
パソコン 2016年7月末まではWindows7、8を搭載しているパソコンはWindows10に無料アップグレードできるので、私はWindows7搭載の中古パソコンを購入しようと思います。

HP社の省スペース型デスクトップパソコンC HP Compaq Pro 6300 SF をオークション大手ヤフオク!で探しはじめました。

 ヤフオク!でこの機種の出品を検索し、それらのスペックを確認しながらオークションでの落札価格を調べました。私の希望するくらいのスペックを持つ出品は、最終的に2万円を少し超えるあたりの価格で落札されることが多いのがわかりました。

一週間ほどそのようにヤフオク!での出品を調べていると、なぜかもう落札期限が近いのに現在価格が9800円というものが見つかりました。このように安いのは、えてしてなにか理由があるものです。

出品者からの説明メッセージを読むと、Windows7搭載でハードディスク容量は500GB、メモリは4GBを実装とあります。電源を入れるとWindows7の画面が出るまでは確認したとのことでした。

若干の不安はありましたが、結局その出品を落札し、落札金額をインターネットで送金しました。数日後、そのパソコンがあり合わせの段ボール箱に入れられて宅急便で送られてきました。
箱の中にはパソコンの本体がごろんと入っており、付属品は電源ケーブルが付いているだけでした。

中古パソコン さっそく私が現在使用中のHPのパソコンからキーボードとマウスを外してこのパソコンに取り付け、液晶ディスプレイに接続して電源スイッチを入れました。

しばらくすると、普通にWindows7のデスクトップ画面が表示されたので、まずはほっとしました。ハードディスクとWindows7は一応正常のようです。

 このパソコンに搭載されているハードディスクをWindows7のエクスプローラーから調べて、容量が500GBであるのを確認しました。

ハードディスク上のWindows7は、リカバリーディスクからインストールした状態のようで、アプリケーションソフトなどはありませんでした。

Windows7のコマンドプロンプトからチェックディスクを実行して、このハードディスクとWindows7は正常に動作しているのがわかりました。

中古パソコン 次に、Windows7のコントロールパネルを開けて実装されているメモリを調べると、このパソコンの出品者のいうとおり4GBとなっており、その動作も正常なのがわかりました。
コントロールパネルの記述を調べると、現在インストールされているのはWindows7プロフェッショナルで、マイクロソフト社の正規製品であるのも確認されました。

 以上でハードディスク、OS、メモリーなどパソコンの基本的部分が正常なことが確認できたので、次はこのパソコンで仕事をするのに必要なソフトやデータ類をインストールします。

私はこれまで使ってきたパソコンの主要データ、設定データ類をUSB接続の外部ハードディスクに保存してきました。

それらのうちとりあえず必要なものをそのUSB接続ハードディスクから今回のパソコンにコピーしましたが、それによりこのパソコンのUSBが正常に動作するのが確認されました。

パソコン 次はこのパソコンをインターネットに接続してブラウザやメールソフトの最新版をダウンロードする必要があります。
また、私の場合はウィルス対策用のセキュリティソフトもメーカーのウェブサイトからダウンロードしなければなりません。
そこで、このパソコンのネットワークをインターネットに接続する設定を行います。

I T・エネルギー | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/10/13(木) 06:27)

次のページ
copyright © 2005 憩いのとき all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア