fc2ブログ
梅の花世田谷日常きく日記・ブログ
人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuttari7

Author:yuttari7
ゆったり世田谷暮らしの日記です

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 中古パソコンの利用
 私はこれまで9年近く使ってきたデスクトップパソコンを予備機にまわし、別途ほかのパソコンを探すことにしました。

私は仕事用のパソコンを何度も買い換えましたが、その際はインターネットで新品のパソコンが安値で販売されているのを探して購入してきました。メーカーの保証つきのパソコンを購入してできるだけ長期間にわたって利用しようと考えてのことでした。

パソコン ところが私の知人は昔からオークションなどで適当な中古パソコンを購入し、使用してきているそうです。
最近のパソコンは高性能でほとんど故障しないので、中古でも4年ぐらいは十分使えるとのことでした。

そこで、私も今回は、適当なデスクトップパソコンをインターネットのオークションで探すことにしました。

パソコン まず何年前に製造されたパソコンを購入するかを決めなければはなりません。
Wiindows 7 は2009 年 10 月に発売されたのち、2010年6月に Service Pack 1がリリースされました。
パソコンのハードウェアもその後1年あまりの間に高度化され、処理スピードが向上するとともに信頼性も一段と高くなりました。

パソコンの心臓部であるプロセッサは、この時期にインテル Core2Duo、Core i3、Core i5 などが相次いで発売され、パソコンメーカーが販売するパソコンに搭載されてゆきました。
中古パソコンを購入して4年以上使用しようというのであれば、やはりこの時期以降に販売されたパソコンを選ぶべきでしょう。

ハードディスク パソコン用のメモリもこの時期に世代交代が進みました。DDR3 SDRAMは、2007年頃からパーソナルコンピュータの主記憶装置などに用いられるようになり、2010年以降は市場の主流となりました。
DDR3 SDRAMのデータ転送最大速度は理論上DDR2 SDRAMの2倍です。また、消費電力、発熱量が大きく低減されました。

パソコン Windows 7 SP1は、2016年7月末までは Windows 10 に無料でアップグレードできます。私どもはWindows 7 が搭載されている中古パソコンを購入し、 Windows 10 にアップグレードして長く利用したいと考えています。
それにはパソコン搭載のグラフィックスプロセッサが Windows 10 に適格でなければなりません。

 古いパソコンではオンボードのグラフィックスプロセッサが能力が低いものが多く、 Windows 10 に対応できない恐れがあります。

2011年以降発売のパソコンでは、大多数がグラフィックスプロセッサが Windows 10 に適格になっているようです。

パソコン 最近のパソコンはUSB端子経由でさまざまな外部危機と接続できます。
私はUSB接続の外部ハードディスクにパソコンのハードディスクの大きなデータをバックアップしています。

2012年初め以降に発売されたパソコンでは、従来のUSB2より大幅に高速のUSB3の接続端子が搭載されたものが多くなりました。

 画像ファイル、バックアップファイルなど大きなデータファイルは、従来のUSB2では移動するのに長い時間がかかります。今後は、USB3の接続端子が搭載されたパソコンを利用したいものです。

スポンサーサイト



I T・エネルギー | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/08/26(金) 06:39)

copyright © 2005 世田谷日常 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア