梅の花憩いのとききく日記・ブログ
人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuttari7

Author:yuttari7
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 乗鞍高原のペンション
乗鞍高原 JR松本駅前で娘夫婦の自動車に乗り、1時間ほど乗鞍に向けて山に入ると、安曇村乗鞍高原というところに着きました。
村の駐車場に自動車を入れ、外に出ると、山のさわやかな空気に身が包まれました。このあたりはすでに標高1500m に位置するとのことで、呼吸する空気が東京とはまったく違い、山の香りがします。

 自動車を置いた村の駐車場の横で大きな水音がするので行ってみると、深い沢があって上の森から出た水が激しく流れていました。
沢の奥には白樺など落葉樹主体の深い森が広がっています。沢を見下ろす場所に立って、森から吹いてくる涼風をしばらく楽しみました。

乗鞍高原 乗鞍高原の宿は「オーベルジュ イマイ」というペンションで、娘夫婦が雑誌で見つけて予約しました。「オーベルジュ」 とは、フランス語で 「宿泊施設を持ったレストラン」 のことだそうです。
村の駐車場を出て 100m ほどもゆっくりと歩いてゆくと、山際にそのペンションの茶色に塗装された建物が見えてきました。

 このペンションは、宿泊用のコッテージが一棟しかないこともあり、宿泊は基本的に一日一家族に限っているのだそうです。
コッテージに着いてみると、玄関先に 「○○様」 と娘夫婦の名前だけが書かれた黒板がかかっていました(^_^)。
娘夫婦と私どもと合わせて4人で旅館を借り切った気分で、ゆったりと高原の休日を楽しむことができました。

乗鞍高原

 このオーベルジュでは、ペットを連れて宿泊することができます。今回は、娘夫婦が4歳のチワワをつれてきました。
私どもがペンションの玄関に近づくと、猛烈な犬の吠声が聞こえました。ペンションではリトリーヴァ系の大型犬を2頭飼っているようです。
娘夫婦が連れてきたチワワ君も、大型犬2頭の熱烈な歓迎の挨拶?を受けて思わずビビりましたが、しばらくすると仲良しになり、いっしょに遊び始めました。

乗鞍高原

 ロビーでチェックインしてから、オーベルジュの奥さんに案内されて、宿泊用のコッテージ(ゲストハウス)に向かいました。

コッテージは、ぶどう棚のゲートをくぐった落葉松林の際にありました。こじんまりとした2階建てで、1階がベッドが二つある洋間、2階(ロフト)が畳敷きの和室です。家族だったら、合計8人ほどは泊まれそうです。

乗鞍高原

国内旅行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/08/30(火) 07:16)

 本年はスイカが豊作
 日本の夏の果物といえば、昔からスイカが代表格とされてきました。スイカは初夏から8月いっぱいくらいまで長期間にわたってリーズナブルな価格でスーパーや八百屋の店頭に並び、さっぱりした後味のよい甘さで大人から子供まで広く愛好されています。

本年のように暑い夏でも、よく冷やしたスイカをズバッと切って皆に食べさせると、家族に夏を乗り切る元気が湧くように感じます。スイカはカリウムを多く含むので利尿作用もあり、じん臓によいといわれます。

スイカ

スイカ さて、私は千葉県九十九里地方の産で現在でも毎月総武本線で実家に帰っています。その途中にある八街(やちまた)や冨里が千葉県のスイカ生産の中心地です(左の地図)。

千葉県ではそのほかの地域でもスイカが盛んに作られており、県全体ではスイカ生産高は熊本県に次いで日本第二位だそうです。

スイカ スイカは高温を好む植物で、野菜の中で最も強い太陽光を必要とします。
6月、7月の2ヶ月の気象条件でその年の作柄が決まりますが、降水量が400ミリ以下で日照時間が300時間以上なら豊作です。
梅雨が短く連日晴天が続いた本年はスイカ生産にうってつけとなり、農家は早朝から夜まで収穫・出荷に追われました。

スイカ 左のグラフは。1967年のスイカ生産高とその30年後の1997年のスイカ生産高を比較したものです。
30年前のスイカ生産高に比べると、1997年のスイカ生産高(オレンジ色の線)が半分以下に減少したのが見てとれます。

 昔はどの家でも夏になるとスイカをまどめて数個買い、土間や板の間に転がしておきました。それを井戸に入れるなどして冷やしてからざっくりと切り分け、家族が皆集まって食べました。

近年スイカの消費が上図のように大幅に減ったのにはいくつか理由がありますが、やはり単身者が増加するなど家庭の構成が大きく変わったのが最大の原因と考えられます。

スイカ スイカの品種には、早生で甘味の強い「小玉スイカ」(左の写真)もあります。そこで、各地の生産者側でも小玉スイカの作付を増やすなどさまざまな工夫をしています。
少子高齢化の傾向は今後さらに加速するとのことで、昔ながらの大型のスイカは次第に生産が少なくなると予想されます。

季節・年中行事 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/08/28(日) 07:16)

 中古パソコンの利用
 私はこれまで9年近く使ってきたデスクトップパソコンを予備機にまわし、別途ほかのパソコンを探すことにしました。

私は仕事用のパソコンを何度も買い換えましたが、その際はインターネットで新品のパソコンが安値で販売されているのを探して購入してきました。メーカーの保証つきのパソコンを購入してできるだけ長期間にわたって利用しようと考えてのことでした。

パソコン ところが私の知人は昔からオークションなどで適当な中古パソコンを購入し、使用してきているそうです。
最近のパソコンは高性能でほとんど故障しないので、中古でも4年ぐらいは十分使えるとのことでした。

そこで、私も今回は、適当なデスクトップパソコンをインターネットのオークションで探すことにしました。

パソコン まず何年前に製造されたパソコンを購入するかを決めなければはなりません。
Wiindows 7 は2009 年 10 月に発売されたのち、2010年6月に Service Pack 1がリリースされました。
パソコンのハードウェアもその後1年あまりの間に高度化され、処理スピードが向上するとともに信頼性も一段と高くなりました。

パソコンの心臓部であるプロセッサは、この時期にインテル Core2Duo、Core i3、Core i5 などが相次いで発売され、パソコンメーカーが販売するパソコンに搭載されてゆきました。
中古パソコンを購入して4年以上使用しようというのであれば、やはりこの時期以降に販売されたパソコンを選ぶべきでしょう。

ハードディスク パソコン用のメモリもこの時期に世代交代が進みました。DDR3 SDRAMは、2007年頃からパーソナルコンピュータの主記憶装置などに用いられるようになり、2010年以降は市場の主流となりました。
DDR3 SDRAMのデータ転送最大速度は理論上DDR2 SDRAMの2倍です。また、消費電力、発熱量が大きく低減されました。

パソコン Windows 7 SP1は、2016年7月末までは Windows 10 に無料でアップグレードできます。私どもはWindows 7 が搭載されている中古パソコンを購入し、 Windows 10 にアップグレードして長く利用したいと考えています。
それにはパソコン搭載のグラフィックスプロセッサが Windows 10 に適格でなければなりません。

 古いパソコンではオンボードのグラフィックスプロセッサが能力が低いものが多く、 Windows 10 に対応できない恐れがあります。

2011年以降発売のパソコンでは、大多数がグラフィックスプロセッサが Windows 10 に適格になっているようです。

パソコン 最近のパソコンはUSB端子経由でさまざまな外部危機と接続できます。
私はUSB接続の外部ハードディスクにパソコンのハードディスクの大きなデータをバックアップしています。

2012年初め以降に発売されたパソコンでは、従来のUSB2より大幅に高速のUSB3の接続端子が搭載されたものが多くなりました。

 画像ファイル、バックアップファイルなど大きなデータファイルは、従来のUSB2では移動するのに長い時間がかかります。今後は、USB3の接続端子が搭載されたパソコンを利用したいものです。

I T・エネルギー | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/08/26(金) 06:39)

 銚子電鉄で犬吠埼へ
 皆様は、NHKテレビの天気予報の時間で、「各地の気温」をご覧になっているでしょうか。その画面で、関東地方で夏最も気温が低く、冬最も気温が高いのが、千葉県最北部の都市銚子です。
たとえば夏では、東京が最高気温が32度になった暑い日でも、銚子は最高気温が27度ぐらいのことが多いようです。

銚子電鉄 とりわけ暑さの厳しい今年の8月初め、涼しいという銚子の夏を体験すべく電車の旅に出かけました。
私どもの住む世田谷から田園都市線、地下鉄を使ってJR東京駅に出ます。
そこからJR総武本線の特急しおさいで銚子に向かいました。特急しおさいは40年以上の運行歴を持ち、108分で東京・銚子間を走行します。

銚子電鉄 銚子には「銚子電鉄」というミニ電車があります。私どもは、それを利用して、灯台があるので有名な銚子の名勝犬吠埼に行くことにしました。
JR総武本線の銚子駅に着いてホームに下りると、そのホームの端に風車のついたおもちゃの家のような可愛らしい小屋がありました。これが、銚子電鉄の待合室兼切符売り場です。

銚子電鉄 少しホームで待っていると、3両編成のミニ電車がホームに到着しました。赤く塗られたかなりクラシックな車両で、どこかで見たことのあるような格好です。
車掌さんに尋ねると、昔の東京の地下鉄に使われていたものだそうです。
JRなどから第一線を退いた車両を譲り受けて、銚子電鉄の軌道に合わせて改造して運用しているそうです。

 3両のうちの1両が下の写真の遊覧車になっていました。平たい屋根があるだけの開け放しの遊覧車で、車両の外側は青い波の模様が塗装されています。

このオープン遊覧車は夏季だけ運行しているとのことですが、東南アジアかアフリカの電車のような開放的な雰囲気で、大好評だそうです。
私どももそのオープン遊覧車に乗り込みました。

銚子電鉄

 遊覧車の中は、下の写真のように木製の小さな机とやはり木製の椅子が多数置かれています。小学校の教室を思わせる造りの中、乗客の皆さんは銚子の涼風を感じながらあたりの景観を楽しんでいました。

ときどき、セミなど夏虫が風に乗ってオープン遊覧車の中に飛び込んだりします。雨の日はここに乗っているとびしょ濡れになる恐れがありますが、天気がよければなかなか楽しいものです。

銚子電鉄
   
国内旅行 | 固定リンク | トラックバック:1 | レス:0
(2016/08/24(水) 07:37)

 箱根・大涌谷観光復活
 2015年の春から箱根山(神奈川県)大涌谷周辺では地下浅いところで地殻変動が起きて入山規制がしかれていましたが、昨年2015年夏以降はその活動は次第に沈静化していました。

2015年9月11日、気象庁は、GNSS(汎地球測位航法衛星システム)観測等により山体膨張は停止したものと考えられるとして、箱根山の噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)に引き下げました。

箱根の火山活動

 2016年の夏以降も地震活動は低下傾向が続いており、2015年4月下旬の地震活動活発化以前の状態となっています。また、火山活動に関連する地殻変動はみられていません。以上から、大涌谷周辺の想定火口域において噴火の可能性は低くなったと判断されました。

2015年11月13日、気象庁は大涌谷周辺の想定火口域では噴火の可能性は低くなったとし、噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から1(平常)に引下げました。

その後神奈川県と箱根町は火山活動の推移を見守っていましたが、その沈静傾向が確認できたとして2016年7月26日(火曜)9時から大涌谷園地が開放されました。

これにより、9時から17時までの間、園地の一部に立入ることができるようになりました。ただし、大涌谷周辺のハイキングコース及び自然研究路は引続き立入禁止となります。

また、箱根ロープウェイは、同日午後1時に早雲山駅から大涌谷駅までの運行が再開されたことにより、現在は早雲山駅~桃源台駅間の全線で運行しています。

箱根の火山活動

箱根の火山活動 東京方面から箱根にくる観光客は、大多数が小田急電鉄で箱根湯本から入山します。

湯本から箱根登山電車で強羅までのぼり、そこで箱根登山ケーブルカー(左の写真)に乗り換えて早雲山駅に上ります。

早雲山駅は谷を隔てて大涌谷を望む場所で、大涌谷に豪快な噴煙が立ちのぼっているのが見えます。

 早雲山から箱根ロープウェイで深い谷を越えて大涌谷にわたるのが人気コースでしたが、それが今回ようやく復活の運びになりました。

現在、想定火口域(半径440mから530m)の楕円エリア(上図参照)と、県道734号(大涌谷小涌谷)大涌谷三叉路から大涌谷園地駐車場までが警戒区域として設定されています。

大涌谷周辺のハイキングコース及び自然研究路を除く大涌谷園地については、2016年7月26日(火曜)より、9時から17時までの間にかぎって立入ることができるということです。

箱根の火山活動

 大涌谷と早雲山・桃源台を結ぶ箱根ロープウェイは、国際観光地箱根の目玉です。今回、それらがほとんど箱根噴火活動の前の状態に復旧したことで、箱根の町は大いに活気づくことでしょう。

夏休みの観光シーズンを迎え、箱根山の入り口箱根湯本は、火山活動が始まる前を上回る人出でにきわっているそうです。

箱根の火山活動

国内旅行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/08/22(月) 06:50)

 乗鞍高原の夏
 私は概して夏に弱いので、毎年8月に入ると、何日かどこかの高原に避暑に出かけることにしています。
今年は、よく出かける草津に行く準備をしていたところ、大阪に住んでいる娘夫婦から、乗鞍高原のコッテージを借りたからいっしょに行かないかと電話がありました。たまにしか会えない娘夫婦からのさそいで、急きょ草津を取りやめて、乗鞍高原に向かいました。

乗鞍高原 乗鞍高原は、今まで一度もいったことがないところでしたが、最近は便利がよくなって、関東、関西、中京からたくさんの観光客が行くようになっています。

東京からは、JR中央線で松本に行き、そこから松本電鉄上高地線というローカル線でアクセスします。
自動車では、中央高速道で松本から入れるので、比較的短時間で行けます。

乗鞍高原 今回は松本駅前で大阪から自動車で来る娘夫婦と合流する予定です。
松本で下車して広場を散歩していると、いかつい山伏のような姿の銅像が立っているのを見つけました。
長い衣を風にひるがえし、杖を立ててはるかなる山を見つめているようです。
銅像のそばには「建立の主旨」と記された黒い石板が置かれていました。

乗鞍高原 それによると、これは江戸時代末期に槍ヶ岳を開山した浄土宗の僧侶播隆上人の銅像とのことです。
播隆上人(ばんりゅうしょうにん)は各地の山で念仏修行をしましたが、1828年、槍ヶ岳の初登頂に成功し、山頂に仏像を安置しました。上人は登山道を整備し、難所に縄や鎖をかけて、一般人が安全に登山できるようにしました。

 JR松本の駅前広場で娘夫婦と待ち合わせし、自動車に乗り込みました。そこから乗鞍に向けて山に入りましたが、よく整備された道路で山の景色を楽しみながらの快適なドライブでした。

自動車の道路はだいたい松本電鉄上高地線の線路に沿って通っています。やがて道路の右側に上高地線の終点新島々駅が見えてきました。上高地線は昔はこの先の島々というところまで延びていましたが、現在はこの新島々駅が終点で、そこから先はバスで行きます。

乗鞍高原

乗鞍高原 上高地線(かみこうちせん)は、長野県松本市の松本駅から同市の新島々駅まで14.4 kmを結ぶアルピコ交通の鉄道路線です。
開業は1921年とのことで、まもなく100年になろうという歴史を持っています。
上高地線の路線には14の駅があるそうです。線路の軌間は1,067 mmとのことで、基本的には普通の狭軌の電車です。

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/08/20(土) 07:00)

 セミの種類
 私は少年時代は千葉県の田舎で暮らしましたが、長い夏休みはよく昆虫採集をしました。虫を補虫網でとってアルコールびんに入れ、虫が死んでから取り出して羽や脚を整えて箱の中にピンでとめます。

蝶はみごとですが、動きがはやくまた高く飛ぶことが多いので、なかなか捕えられません。やはり、木に止まっていることの多いカブトムシやセミが採集の中心になりました。
私が住んでいた土地では、下の写真の「ニイニイゼミ」というのが例年もっとも早く6月はじめから鳴きはじめました。

ニイニイゼミ 体長20から25mmぐらいの小型のセミで、名前の通り高く細い声で盛んに鳴きたてました。桜やビワなどの樹に多数とまって一斉に鳴くので、それらの樹の近くに行くと会話ができないほどでした。
8月ごろになると、まだ生息していたのかもしれませんが、アブラゼミなど大型のセミに圧倒されてほとんど目立たなくなりました。

ニイニイゼミ  アブラゼミは、7月から9月上旬くらいまで多く発生する大型のセミで、北海道から九州までの広い範囲に生息します。褐色の大きな翅をもちますが、それが「油紙」を連想させるのでこの名があるとされます。
アブラゼミは体長が50から60mmもあり、サクラ、ナシ、リンゴなどバラ科樹木に止まってじーじーと大きな声で鳴きたてます。

超小型電動車 ミンミンゼミはアブラゼミとほぼ同じくらいの大型のセミで、やはり7~9月に多く発生します。
その名のとおり、ミーン、ミーンと遠くからも聞こえる大きな声で鳴きたてます。

頭に近い部分に青緑色の美しい斑点があり、翅は透明で大きく、私ども昆虫採集少年たちにとって憧れのセミでした。

 ツクツク  ツクツクボウシは、少し遅れて7月下旬~9月下旬に多く発生します。アブラゼミよりやや小さく全長は40~45mmほどです。

このセミは、私どもはその鳴き声から「オーシンツクツク」と呼んでいました。

頭の部分が青緑色で翅は透明で美しいので、昆虫採集少年たちには大変人気がありました。

カナカナ ヒグラシは、7~9月にスギ林などで活動するセミで大きさは44~48mmほどです。人の多い街中ではほとんど見かけられません。

「ヒグラシ」の名のとおり、明け方と夕方に「カナカナ」というような声で鳴きたてます。人里を少し離れた薄暗いスギ林などでこのセミが鳴きしきっているのを聞くと、夏の終わりも近いのかと感じました。

散策 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/08/18(木) 06:51)

 パソコンの寿命
パソコン 私は、毎日パソコンで事務処理、プログラム開発、インターネットのウェブ、ブログ、メールなどの仕事をしています。パソコンなしでは毎日の仕事が完全にストップしてしまいます。

私が家で使っているパソコンのうち1台は9年近く前に購入したデスクトップ機で、もとはWindows Vistaを搭載していたものです。

Windows7 border= そのように古いパソコンですが、その後OS(基本ソフトウェア)はWindows Vistaのサポート終了の前にWindows 7 に更新しました。

また、パソコン搭載のメモリは4GBに増強するなど手を加えたので、普通の仕事に使うには別に問題ありませんでした。私はこのパソコンをそのまま数年間使おうと思っていました。

ハードディスク パソコンは、長年使っていると、重大なトラブルが発生することもあります。
Windows などオペレーティングシステムがらみのソフトウェアが正常な動作をしなくなる場合もあります。
しかし、パソコンのトラブルでもっとも多いのはハードディスクの故障によりパソコンが起動しなくなるなど、ハードディスクにかかわるものです。

 パソコン・ハードディスクの寿命にはさまざまな統計調査がありますが、パソコンメーカーなどのウェブサイトには、「5年以上使用したハードディスクは故障する確率がかなり大きくなる」と書かれています。

私は、万一に備え、ハードディスクの内容はバックアップしていますが、それでもハードディスクが故障した場合には新しいハードディスクを購入し、OSやこれまで使ってきたソフトウェアを再インストールして設定しなおすなどかなりの手間がかかることになるでしょう。

さて、上記の私が長年使ってきたパソコンが、最近ときどきおかしな動作をするようになりました。
まず、困るのが「ブルースクリーン」というシステムトラブルで、使用中に突然青い画面となり、全体にトラブルの内容を説明するテキストが表示されます。トラブルのシステムコードが表示される場合もあります。

ブルースクリーンが表示されたら、パソコンを再起動すると多くの場合はまた普通に使用できるようになります。

私のパソコンの場合には、ブルースクリーンの頻度が次第に増加して最後には4、5日に一度くらいブルースクリーンで落ちるようになりました。特にパソコンを起動してから1時間くらいの間にブルースクリーンが発生することが多いようでした。

それらの原因は、大部分がパソコンに使用しているハードディスクになんらかの問題が生じたことにあると思われます。以前、このような状態になったパソコンのハードディスクをフォーマトし、OSをクリーンインストールし直したら問題が解決したことがありました。

今回もOSをクリーンインストールし直せば、このパソコンは当分は正常に使用できるかもしれません。また現在はパソコンのハードディスクが安く販売されているので、ハードディスクを新規に購入して入れ替えれば問題はなくなると思われます。

しかし、このパソコンは購入後すでに9年近く使用してきたものなので、そのような手間やお金をかけても結局はその後長くは使えそうにありません。ついにこの長年使ったパソコンはそのままなにも手を加えすに予備機にまわし、別途ほかのパソコンを探すことにしました。

I T・エネルギー | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/08/16(火) 07:16)

 夏季五輪のマラソン
 前回2012年のオリンピックは、イギリスの首都ロンドンで7月27日から開催されました。ロンドンは日本でいえば北海道の北に位置し、8月の平均最高気温は22.3度とのことで、真夏の開催でも参加したアスリートの皆さんは暑さに苦しむことはそれほどなかったと思われます。

ロンドンでのマラソン競技は、テームズ河畔などロンドン市街の狭いエリアを3周するという珍しいコースが使われました。エリザベス女王の居城バッキンガム宮殿から東にのびる 「ザ・マル」という大通りでスタート・ゴールが行われました。

ロンドンオリンピック ザ・マル(左の写真)は、バッキンガム宮殿前の広場から聖ジェームズ公園の北側を通ってウェストミンスターのトラファルガー広場に達する大通りです。
ご覧のように通りの幅は非常に広く、見通す限りまっすぐに伸びています。
両側に亭々たるプラタナスの大木が並んでいる大通りをランナーたちがゴールに向かって疾走しました。

 今回、2016年のリオ・オリンピックは、南米でははじめての大会で、シドニーオリンピック以来の南半球での開催になりました。

南半球ですから、私どもが暮らす北半球とはシーズンが逆になり、オリンピックが開かれる8月は北半球でいえば真冬になります。

リオデジャネイロは南半球の南緯25.6度に位置します。オリンピックの期間の気候は、台湾の南部にある都市高雄市(北緯23度)の冬とほぼ同じくらいといえるでしょう。
下のグラフで太い赤線はリオの平均最高気温を、細い赤線は東京の平均最高気温を示します。リオの8月の平均最高気温は25度ぐらいとのことで、マラソンランナーたちにとっては比較的楽な気温となりそうです。

リオオリンピック

超小型電動車 しかし、上記のような涼しい気温は、実は夏季オリンピックでは多くないのです。

2004年のアテネオリンピックでは、野口みずき選手が女子マラソンの金メダルを獲得しました。

8月の平均最高気温が33.5度と東京よりさらに高いアテネのことで、女子マラソンレースは夕方から行われたそうです。

北京オリンピック アテネでは夕方になっても気温はあまり下がらず、女子マラソンレース中に倒れる選手が続出しました。

アテネの次回、2008年に行われた北京オリンピックでは、マラソンレースが早朝7時半から行われましたが、それにもかかわらず途中棄権した選手がかなりの数にのぼりました。北京の平均最高気温は30.9度だそうです。

東京オリンピック さて、リオの次に2020年に開催される東京では、真夏は大変暑さが厳しく、赤道直下の都市クアラルンプル (マレーシア)より平均最高気温が高くなります。

その東京で8月に開催するのですから、大会での男子マラソン、女子マラソンは大変過酷なレースになることでしょう。きめ細かな暑さ対策が必要です。

その他 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/08/14(日) 07:23)

 ソフィア王妃記念美術館 / 中庭
 マドリードにあるソフィア王妃記念美術館でピカソの名画 《ゲルニカ》 その他の作品を鑑賞して、展示室の外側にある廊下に出てきました。

廊下の窓から外を見ると、たくさんの建物が建ちならんでいました。それらの建物に囲まれて、広い中庭があるようです。中庭には高い樹木が生い茂り、みずみずしい新緑が春の陽光に映えていました。

これらの建物はもと大きな病院だったのを改築して美術館にしたとのことで、この中庭も病院で治療中の患者さんたちが適当な運動をする場として使っていたのかもしれません。

ゲルニカ

 上の階から中庭を見下ろすと、中央にオレンジ色に塗装された長い天秤のようなものがあり、風が吹くのにつれてゆっくりと動いているのが見えました。モビールと呼ばれる「動く彫刻」が展示されているようです。

そのほかに、ブロンズ像や石像がいくつも置かれてあるのがみえました。さすがにスペインを代表する現代美術館の中庭です。

それら屋外展示作品の間に遊歩道が設けられており、そのところどころにベンチや噴水なども置かれてあるようです。

ソフィア王妃記念美術館 / 中庭

 エレベーターで美術館の1階に降りると、中庭を取り囲むように回廊が設けられていました。そこから中庭に入って、まず中央にあるモビールの下に歩いて行きました。このモビールは、アレクサンダー・カルダーという高名な造形作家の 「カルメン」 という作品だそうです。

モビールの上部はオレンジ色の可動部分となっていますが、その下には裾が広がった形状のブロンズ製の台があり、全体としては 「カルメン」 を連想させる造りといえましょうか。

ソフィア王妃記念美術館 / 中庭

ミロの作品 こちらのブロンズ像は、ジョアン・ミロ作の 「月の鳥」 という作品だそうです。ミロは1893年生まれで、ピカソの12年後輩です。

ミロは、鮮やかな色彩を駆使した明るく力強い絵画で有名ですが、彫刻や陶器も多数制作しました。

どこかピカソの「アフリカ風の彫刻」や日本のはにわと似た雰囲気があります。

 中庭の中を一通り散策し、木陰のベンチに腰掛けて休息しました。真夏にはかなり気温の上がるスペインでは、アラブ文化の影響もあり、このようなパティオと呼ばれる中庭が現在でもほうぼうに見られます。

マドリードは日本でいえば盛岡あたりの緯度にあるとのことで、木陰にじっとしていると東京より冷えびえとしてきます。それでも、見上げたイベリアの空の太陽は、東京よりはるかに明るく感じました。

ソフィア王妃記念美術館 / 中庭

海外旅行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/08/12(金) 06:55)

次のページ
copyright © 2005 憩いのとき all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア