梅の花憩いのとききく日記・ブログ
人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuttari7

Author:yuttari7
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 駿府城址 (2)
 駿府城址 のお堀に沿って少し歩くと、二之丸堀というお堀にかかっている橋の向こうに立派な門があるのが見えました。東御門と呼ばれるこの門は、駿府城二之丸の東に位置する主要な出入り口でした。

東御門門の両側のしっくい塀には鉄砲を撃ちかけるための狭間が設けられており、戦国時代が終わって間もない徳川初期の緊張感が感じられる造りとなっています。

現在では、本丸を囲む堀は埋められて駿府公園の一部となっていますが、二之丸堀は、築城当時のまま完全に残っているそうです。

駿府城址

駿府城址 駿府城ニノ丸の巽の方角すなわち東南角には高い櫓(やぐら)が設けられ、巽櫓とよばれていました。
この櫓は幕末に起こった地震により崩壊しましたが、平成になってから当時の様式で再建されました。

櫓は、戦のときは敵の観察、射撃の拠点として使用され、武器の保管場所という役割もあったそうです。

駿府城址 復元された巽櫓についている南門が、現在は駿府城址公園に入る正門となっています(左の写真)。

復元された巽櫓の二階は、現在は駿府城の資料館になっています。

静岡市は、明治に解体された天守台の復元を進めており、2023年には天守台がかつての姿のまま完成する予定です。

駿府城址 明治29年(1896)年に陸軍歩兵第34連隊がこの駿府城址に誘致されましたが、それに伴い、本丸堀は埋められ、天守台も取り壊されました。

駿府城址には陸軍歩兵連隊が駐屯していたのを示す石碑がおかれています。

駿府城三ノ丸跡は公共用地となり、官庁や学校などが建設されました。

駿府城址 復元された巽櫓から駿府城址公園に入ったあたりで、昔懐かしい人力車が走っているのを見かけました。これは、10年ほど前に公園内に「慶喜茶屋」をつくったのに協賛してはじまったとのことです。

城内一周二人で300円の奉仕料金で漆塗りの本物の人力車にのれるとあって人気は上々だそうです。

国内旅行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/07/31(金) 07:17)

 うな丼、うな重の価格は?
日本うなぎ 大昔から日本人に親しまれてきたうなぎですが、その生活史は現在でもなお解明されない部分が多いそうです。

日本の河川、湖沼などで暮らしたうなぎは、生涯の最後の時期に川を下り、海に入ります。その後、長い時間をかけて南洋・赤道直下の深海に集結し、そこで卵を産んで受精させ、一生を終えます。

日本うなぎ うなぎの卵はほどなく孵化し、赤道直下の深海中を漂いながら成長して柳の葉のようなレプトケファルスと呼ばれる稚魚となります(上の写真)。

このうなぎの稚魚が黒潮に乗ってはるばると北上し、東南アジア沿岸に漂着します。その過程で稚魚は円筒形の体形に変わり、「シラスウナギ」となります(左の写真)。

日本うなぎ これを各地の川口などで捕獲し、養鰻池で1年かけて養殖してうなぎ成魚となります。

うなぎは荒縄を1mほどの長さにちょん切ったような体形で、川床や沼に住み着くのが似合いそうです。そのうなぎが、生涯の最後に大海に出て2000kmもにゅろにょろと南下し、マリアナの深海に大集合するとは驚きます。

日本うなぎ 1年前にはアジア各地でシラスウナギが豊漁でかなりの数量が捕獲できたということです。そこで、本年のうなぎは各産地で昨年よりはかなり養殖数が多いそうです。

本年の「土用の丑の日」7月24日は、うな丼、うな重がまずまずリーズナブルな価格で提供され、うなぎファンの皆さまはほっとしたそうです。

 しかし、本年のシラスウナギの捕獲量はアジア各地でふたたび大きく落ち込んでしまいました。したがって、来年のうなぎは各産地で本年よりは大幅に養殖数が減少すると考えられます。

残念ながら、来年の「土用の丑の日」は、うな丼、うな重の価格がふたたび高騰するのはほぼ確実となりました。

ニュース | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/07/29(水) 06:45)

 晴海埠頭に到着
 水上バスは、平成24年5月31日をもって晴海埠頭経由が休止になりました。この記事はその前に晴海埠頭に行ったときのレポートです。

晴海埠頭側で下船すると、水上バスがご覧のように平たい構造になっているのがわかりました。後部甲板は屋根がなく、東京湾各所の景観が遠くまでみることができます。

晴海埠頭に到着

晴海埠頭に到着 水上バス乗り場のすぐそばに一風変わった構造の大きなビルが見えました。

晴海客船ターミナルという建物で、平成8年、東京港開港50周年にオープンしました。
館内には。海沿いに伸びる歓迎デッキや付近を見渡せる展望台があります。また、ガラス張りの眺望のよい休憩スペースなどもあります。

晴海埠頭に到着 埠頭の入口近くに、作業船のような船が停泊していました。調べたところ、東京海洋大学海洋科学部が管理する海洋調査船・練習船海鷹丸(1886トン)でした。

太平洋、インド洋、南氷洋等で乗船実習教育及び調査研究を実施し、水産専攻科学生には遠洋航海を通して高度な海技教育をしているそうです。

 晴海埠頭は豪華な船旅を楽しめるクルーズ客船が寄港する場所で、東京の海の玄関と呼ばれます。国内外の美しい大型客船がここに入港し、しばらく停泊した後また出港してゆきます。

水上バス乗り場から埠頭を少し歩いて行くと、遠くに巨大な軍艦が見えてきました。海上自衛隊の護衛艦「ひえい」の雄姿です。
ひえいは排水量5050トンの大型護衛艦で、今回は海外からきた大型帆船のホスト役を務めています。

晴海埠頭に到着

晴海埠頭に到着ひえいは全長152m、乗員370名で、海上自衛隊の護衛艦としてはかなり大型です。

今回は、この海上自衛隊護衛艦も一般に開放され、艦内部の見学ができるそうです。

私は以前サンディエゴでアメリカ海軍の駆逐艦を見学したことがありますが、海上自衛隊の艦船にはこれまで入ったことはありません。

散策 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/07/27(月) 06:46)

 デング熱 今年も?
デング熱 昨2014年夏、東京代々木公園などでデング熱の感染が発生し、大問題になりました。

デング熱は、都市化、人口増加、海外旅行の増加、地球温暖化などにより近年発生率が増加しています。

本年6月2日、世田谷保健所はウェブサイトで「デング熱の感染に注意しましょう」と呼びかけました。

デング熱 7月19日、大阪市は、デング熱のウイルスを媒介する蚊「ヒトスジシマカ」が市内の公園や緑地10カ所で1000匹以上捕獲されたと発表しました。

関西国際空港発着の国際便の増加に伴い、デング熱が流行する東南アジアからウイルスが持ち込まれるリスクは高まっているそうです。

デング熱 ヒトスジシマカに刺されないためには市販の虫除けスプレーが有効です。長袖長ズボンを着用すれば防止効果は高まります。

幼虫ボウフラはたまり水から孵化します。水がたまりやすい植木鉢の水受け、車両のビニールシートのくぼみ、古タイヤ、放置したバケツなどは定期的に排水しましょう。

デング熱 蚊は別に強いものではなく上記のような場所では普通の殺虫剤で駆除できますが、その効果は長続きしません。

常に水がたまっている場所、水が流れている場所からの蚊の発生を抑えるには、昆虫成長制御剤(IGR)の投入が有効です。必要量の錠剤を投入するだけで、蚊の発生を約1カ月間抑えることができます。

デング熱 今後方々の公園でもデング熱の恐れがあるので、衣服は長袖に長ズボンを着用し、手足には防虫スプレーをつけるのがよいということです。

でも私は昔からこのような薬品を体につけるのは好みません。家で草取りをするときは、日本民族1000年の知恵である蚊取り線香を携帯容器に入れて腰につけます。

防災 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/07/25(土) 06:46)

 駒沢公園体育館
 駒沢公園中央広場の総合運動場の反対側には、シェル構造(貝殻をいくつかあわせた構造)という特色のある屋根をもつ大きな建物があります。これが駒沢オリンピック公園体育館で、1964年の東京オリンピックではレスリング競技がここで行われました、

その後1993年に大規模な改修が行われて、建物の大きさは1964年の東京オリンピック当時の1.7倍に広げられました。

現在ではレスリングの他、バレーボールの全日本インカレ、プロバスケットボールBJリーグ・東京サンレーヴスのホームゲーム、フットサル、ハンドボールなどの競技が行われています。

駒沢公園体育館

 下の写真はこの建物を高い場所から撮影したもので、建物の屋根がいくつもの「シェル」を組み合わせて構成されているのがわかります。これにより、屋根の下に柱の少ない大空間が確保されたのでしょう。

この建物の地下には「東京オリンピックメモリアルギャラリー」が設けられています。1964年の東京オリンピックを中心に、オリンピックに関するさまざまな資料を所蔵する記念館です。

日本女子バレーボールチームや陸上競技でメダリストとなった円谷幸吉など、名選手たちの活躍した場面をパネルで展示し、また、当時のハイライト映像を80インチの大型画面で鑑賞できようになっています。

駒沢公園体育館

 体育館の競技フロアは38.86m×47.4mm2の大きさで、観客席数も1993年の大規模改修で1964年の東京オリンピック当時の2898席から3474席に拡大され、日本を代表する体育館の一つになりました。

この体育館は、30,000~円/半日:1面の低料金でだれでも利用することができます。オプション料金で電光掲示板も利用できるそうです。

駒沢公園体育館

 今回私どもが行ったときは、競技フロアでは男子のレスリングの大会が行われていました。グレコローマンスタイルの試合のようで、マット上にある直径9mの円形リン内で2人の競技者が組み合っていました。

グレコローマンスタイルは3000年以上の歴史があるとされる競技で、競技者は腰から下を攻防に用いることができません。相手の両肩を1秒以上マットにつけたほうが勝者になります。

駒沢公園体育館

駒沢公園体育館 グレコローマンでは下半身を攻防に使えないため、試合は上半身での投げ技中心の展開になります。

フリースタイルのタックルのようなスピーディさはありませんが、グレコローマンの試合もさすが長い歴史を感じて面白いものです。次回東京オリンピックで日本チームがメダルを獲得できるのを期待しましょう。

散策 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/07/23(木) 07:04)

 アプリケーションソフトのインストール
公園の楽器 こちらのページで説明した方法で交換した新ハードディスクにWindows 8 のインストールが終了したら、次は旧ハードディスク上で利用していた各種アプリケーションプログラムの設定データや関連するデータファイルなどをUSB接続ハードディスクから新ハードディスクにインストールしなければなりません。

私の場合は、下記のアプリケーションプログラムの設定データ、関連データファイルなどをUSB接続ハードディスクから新ハードディスクに書き戻しました。

  • ウェブ・ブラウザ 
    ブラウザのインストール こちらのページで説明した方法でバックアップしておいたブックマークやカスタマイズなどブラウザの設定データは、nternet Explorerの場合は"インポート"という機能でUSB接続ハードディスクから新ハードディスクに書き戻します。
    ブラウザのインストール Firefox の最近のバージョンでは、「ブックマーク」メニュータブ --> 「すべてのブックマークを表示」 --> 「インポートとバックアップ」で新ハードディスクに書き戻します。

  • メールプログラム
    メールプログラム マイクロソフト社では"Windows Live Mail"というメールプログラムを無料で提供しているので、それをインターネットからダウンロードして利用します。メールの送受信テキストや関連データはUSB接続ハードディスクから新ハードディスクにインポートします。

    メールプログラム メールプログラム"Thunderbird"の場合は利用者がこちらのページで説明した方法でUSB接続ハードディスクにバックアップしておいた設定ファイルを新ハードディスクにコピーして利用します。

  • FTPクライアントプログラム
    FTPクライアントプログラム FTP サーバー、ウェブサーバーの URL、各種設定データなど関連データが多くあります。こちらのページで説明した方法でUSB接続ハードディスクにバックアップしておいた設定ファイルを新ハードディスクにコピーして利用します。

  • Microsoft Office のインストール
    FTPクライアントプログラム パソコンで仕事をするには、マイクロソフト社のオフィスというパッケージをよく利用します。私の場合には特にエクセルがないと仕事ができません。そこで、新ハードディスクに改めてマイクロソフト社のオフィスをインストールします。

  • その他のアプリケーションプログラム

     プログラム開発ツール、画像処理プログラム、RAW現像プログラム、テキストエディタなどのアプリケーションプログラムを新ハードディスクに改めてインストールします。それらの設定ファイル、関連データなどを外部記憶装置から新ハードディスクにコピーして設定を復元します。

  • データファイルの書き戻し

     RAW形式の撮影画像ファイル、上記プログラム開発ツールで作成したプログラムデータファイル、ウェブサイトのソースファイル、画像ファイル、各種テキストファイル、Excel、Wordのファイルなど、合計して90GB以上を外部記憶装置から新ハードディスクにコピーして復元しました。

I T・エネルギー | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/07/21(火) 07:18)

 ギリシャ・なぜこうなった?
ギリシャ

 ギリシャは現在経済破綻に直面しており、銀行の窓口が閉鎖された状況下で国民は毎日どのようにして暮らすか途方にくれています。
ギリシャ政府は7月5日に国民投票を行った結果、EC債権団の提案を拒否しましたが、それは事態の解決にまったく役にたたないのはだれの目からも明らかです。

最近、そのギリシャの国家財政状況が報道などを通じて次第に明らかになってきました。私どもは、世界の国々の財政はある程度は知っています。また、日本をはじめ世界の国々が中進国の状況から努力を積み重ねて先進国の仲間入りをした様子も見てきました。

ところが、ギリシャがどのようにしてこのような困難に直面するにいたったかは、私どもの持つ国家経済の常識からはまったくわかりません。ギリシャの現状を見て、私どもはただ唖然として首をひねるのみです。

  • 旧通貨ドラクマの時代

     21世紀初頭までは、ギリシャでは昔からのドラクマという通貨を使っていました。当時からギリシャは国の経済が不振で、それを反映してドラクマはユーロなど他の通貨に比較してレートが低い状態でした。海外でギリシャ国債を引き受けてもらおうとすると、利率を相当高くしないと買い手がつかない状況でした。

  • 国内産業振興の立ち遅れ

     これは日本もかつては通った道ですが、中進国が世界に出てゆくときは通貨レートの低さを利用して衣料、雑貨など軽工業製品を先進国に輸出するという努力をするのが常道です。

    旧通貨ドラクマはレートが低かったので、ギリシャではある程度の技術力があれば、軽工業製品を製造してヨーロッパなどの先進国に輸出することができたはずです。

    ところが実際には同国政府は国内軽工業の育成を怠り、国民のほうも新たな収益源を開拓する気力がなかったようで、国内軽工業が盛んになることはありませんでした。その結果、特に若年労働者層の失業率が慢性的に高い状況が続いたのです。

  • ECに加盟

     ギリシャでは2004年にアテネ・オリンピックを開催しましたが、それを前にしてギリシャはECに対して加盟を申請し、EC側での審査が始まりました。

    その際にギリシャは国の財政状態を示す資料をEC側に提出しましたが、それは実際よりはるかに良いように改ざんされたものでした。それにより、ギリシャはEC側の審査をパスし、2年後にECに加盟することが認められました。この時期のECの加盟審査は、かなり甘いものであったといわれます。

    EC側の審査をパスした後もギリシャの財政状態はさらに悪化して行きましたが、それをなんとか隠蔽するのに成功したギリシャは、2004年末にめでたくECに加盟することができました。

  • ユーロで国債を発行

     ECに加盟した結果、ギリシャは通貨としてユーロを利用できることになりました。旧通貨ドラクマの時代には海外で高い利率でギリシャ国債を引き受けてもらっていましたが、ドラクマより国際的にはるかに信頼度の高いユーロを利用できるようになったおかげで低利率での国債発行が可能になりました。

    それに気をよくしてギリシャは大量の国債を発行し、莫大な国内の隠し赤字を補填してゆきました。現在問題になっているのは、主としてこの時期に発行されたギリシャ国債が相次いで償還の時期を迎えたことです。

  • 巨額の財政赤字の表面化

     2009年10月にギリシャで社会主義系の新政権ができましたが、その際に過去長年月間にわたって行われてきた財政赤字の隠蔽が明るみに出されました。

    それまでのギリシャ政府は、財政赤字はGDP比で4パーセントほどと発表していましたが、実はGDP比で13パーセント近くもあったのです。またそれまでに隠蔽してきた国家債務残高も、GDP比で113パーセントにも達していました。

  • ソヴリン危機

     それらが明らかになったため、翌2010年にかけてギリシャの国債(ソヴリン債)の価格が暴落し、つれて世界各国の株価およびユーロの為替相場が下落しました。

    このギリシャの危機がスペインやポルトガルなどやはり巨額の財政赤字に苦しんでいる欧州各国にも波及して国際的な金融危機に発展するのが懸念されました。

    ドイツ、フランスなどを中心にEC諸国は巨額の支援基金、スワップ協定などの対策を講じましたが、この問題は現在に至るまで解決のめどが立たないままです。

ニュース | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/07/11(土) 06:41)

 Windows 8 のインストール (2)
公園の楽器 こちらのページで説明した方法で準備が終わったら、いよいよ交換した新ハードディスクにWindows 8 のインストールを行います。インストールに必要なデータのメモを手元に置いてください。

パソコンにOSインストール・ディスクを装着しておいてパソコンの電源ボタンを押し、OSインストール・ディスクからパソコンを起動します。

 しかし、普通のメーカー製パソコンではパソコンのハードディスクから起動する設定になっているので、このままではOSインストール・ディスクからの起動ができない恐れがあります。

  • ブートデバイスの指定

     パソコンの電源投入時にWindows などのシステムをどこからか読み込んで起動しますが、その読み込む元の機器をブートデバイスといいます。
    電源ボタンを押した後に表示されるBIOSの設定画面でOSインストール・ディスクから起動する設定にしてください。

  • Windowsのユーザー名、パスワードの入力

     インストール・ディスクからの起動してインストールを開始すると、まずWindowsのユーザー名とパスワードの入力を求められるので、それらをキーボードから入力します。

  • プロダクトキーの入力

     Windowsインストール・ディスクのケースに記載されているプロダクトキーをあらかじめメモしておき入力します。

  • Windows 8 のインストール

     以降は、インストーラはOSインストール・ディスクの内容を少し読み込んではパソコンのハードディスクにWindows 8 のプログラムをインストールするという作業を繰り返します。
    その間に数度にわたってパソコンを再起動するのを求められるので、それに従ってください。

  • 日付と時刻の設定

     OSインストール作業の最後に日付と時刻の設定を確認する画面が表示されますが、この画面ではタイムゾーンが「大阪・札幌・東京」となっていることを確認するだけで、「次へ」をクリックして、セットアップは完了です。

  • インターネット接続

     インターネット接続用ルーターとパソコンをLANケーブルで接続し、あらかじめ紙にメモしておいた接続設定データに従ってパソコン側でルーターに接続する設定を行います。

  • アンチウィルスソフト

     私の場合は、シマンテック社からアンチウィルスソフトの最新バージョンをダウンロードできる契約になっているので、OSをインストールした後ブラウザでシマンテック社のウェブサイトにアクセスしてアンチウィルスソフトをインストールしました。

I T・エネルギー | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/07/01(水) 07:32)

copyright © 2005 憩いのとき all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア