梅の花憩いのとききく日記・ブログ
人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuttari7

Author:yuttari7
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 軽井沢・白糸の滝
 浅間山鬼押出しの景観を見てから、北軽井沢のペンションで一泊しました。翌朝、ペンションの近くのバス停浅間牧場で路線バスに乗り、軽井沢の水の名所白糸の滝を目指しました。

白糸の滝白糸の滝は、左の地図に見られるように、草津町と軽井沢町の中間にあります。このあたりは浅間山から直線距離で7kmほどで、広大な浅間山麓に降った雨が伏流水となり、滝として地表に現れます。

浅間牧場バス停で路線バスに乗って、20分ほど山道を下って行くと白糸の滝下のバス停に着きました。

白糸の滝 道路の脇には、白糸の滝から出た水が岩をかむような勢いで流れ下っています。この渓流は湯川という川の源流の一つになり、その湯川はやがて千曲川に合流するそうです。

この日は幸い好天に恵まれ、真っ白にあわ立って流れ下る渓流に沿って、上流の白糸の滝に向かって渓流の冷気を楽しみつつゆっくりと歩きました。

 渓流沿いの山道を登っているうちに、次第に水の流れる音が大きくなってきました。渓流に沿った崖のいたるところから水がほとばしり出て、レースのカーテンのように白く崖を覆いながら下の渓流に流れ落ちています(下の写真)。

太古から繰り返し起こってきた浅間山の噴火のせいでしょうか、水を通さない地層が何層もできて、それらの間の透水層から伏流水が噴き出しているとのことです。

しばらく渓流の岸に立って、風を涼みながら、はじめて見る不思議な水の芸術に見とれていました。

白糸の滝

 山道をさらに登って行くと、急に目の前が大きく開けて陽の光がまぶしく差し込む空間に出ました。手前には池のように静かな水がたたえられており、その奥にはオペラハウスの舞台のように半円形の黒い岩の崖がめぐらされています(下の写真)。

その崖の最上部からは、さきほどの崖とおなじく白いレースのカーテンのように水の糸が無数にほとばしり出ています。これが軽井沢の名勝の一つ、白糸の滝です。

普通の滝は上流から川が流れてきて滝の断崖から落下するのですが、この滝は透水層から水が噴きだしてくるので、滝の上には草木が生い茂っています。滝の音もそれほど大きくなく、滝というよりは噴水のような趣きがありました。

白糸の滝



国内旅行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/10/28(火) 06:38)

 浅間・鬼押し出し (2)
 浅間鬼押出しの遊歩道は何本かありますが、私どもが歩いた奥の院参道コースは長さ1200m、所要時間は約30分です。

鬼押し出し 遊歩道を少し南側に下がったところに、「炎観音」を祀ったお堂があります。天明の大噴火で亡くなった多数の人々の霊を慰めるためのお堂です。

お堂の奥、溶岩の崖の際に、石造りの炎観音像がありました。私どももこのお堂の綱を引いて大鈴を鳴らし、200年前に亡くなった人々にお祈りをささげました。

鬼押し出し  お休み処の近くの小高いところに、大きな鐘をつるした鐘つき堂がありました。これもやはり、浅間の大噴火の犠牲者を供養するものです。
この鐘は自由につけるとのことなので、私どももお堂に上がって搗かせていただきました。重い鐘の音が溶岩高原に拡がるのに聴き入りました。

鬼押し出し 橋の向こうに、浅間山観音堂が建てられています。この観音堂も天明大噴火の犠牲者を供養するものだそうです。
この観音堂は、東京・上野にある寛永寺の浅間別院という位置づけにあるということです。寛永寺にあった聖観世音菩薩が、この観音堂のご本尊としてまつられています。

鬼押し出し 天明当時の人々は、浅間火口で鬼が暴れたために岩の塊が押出されたと考えたそうです。鬼押出し園の中には、方々に左の写真のような鬼の人形が置かれてあります。
よく見ると、なかなか可愛い顔をしていますね。手に持っている棍棒に「家内安全」と書かれているのが愉快です。

鬼押し出し 鬼押出し園の中を一通り見て外に出たころから、空模様がかなり怪しくなってきました。2500メートルを越える高山は天気の変化が激しいようです。

振り返ると、鬼押出しの上空には黒い雲が立ち込め、そこから竜巻のような黒雲が地面に向かって伸びていました。

国内旅行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/10/23(木) 06:35)

 浅間・鬼押し出し
鬼押し出し 自動車でしばらく西に向かって走ると、行く手に浅間の巨大な山容が見えてきました。
残念ながら山頂には厚い雲がかかっていましたが、2560メートルの高山なので、雲がかかることが多いそうです。

浅間山は天明3年(1783年)に大噴火を起こし、流れ出た大量の溶岩が岩のかたまりとなって斜面を埋めました。

 浅間山の北の山麓を走る浅間ハイウェイ沿いにある鬼押出し園は、その溶岩原野に造成した観光公園です、

売店で買った冷たいお茶を飲みながら、園内の遊歩道を歩き始めました。園内の遊歩道にもさまざまなコースがありますが、私どもは「奥の院参道コース(1200m)」を歩きました。

見渡すかぎりの溶岩原野の中に、ところどころ赤い神社のような建物が見えました。やはり、浅間山の大噴火以来の歴史を感じます。

鬼押し出し

鬼押し出し 遊歩道の両側には、ありとあらゆる形をした奇岩が折り重なるように続いていますが、それらの間からいろいろな植物が健気に顔を出しています。

左は溶岩を割って生えてきた「石割の松」という名の松で、樹齢は約80年にもなっているそうです。このような植物が長い年月をかけ溶岩原野を森林に変えて行くのでしょう。

 天明3年(1783年)の大噴火では、溶岩流と火砕流が発生し、北側に流下しました。それにより、現在の群馬県側に幅3km、長さ12kmの溶岩原野ができました。当時は、これは浅間火口で鬼が暴れたためとされ、溶岩原野を鬼の押出しと呼びました。

鬼押出しの遊歩道はその溶岩原野に造ったもので、もっとも長いコースは2.7kmもあります。私どもが歩いた奥の院参道コースは長さ1200m、所要時間は約30分です。

鬼押し出し

鬼押し出し 溶岩原野には小さいビルくらいの溶岩のかたまりがごろごろとしており、長い年月の間にそれらからおもわず声をあげるような景観が生まれました。

気がつくと、小鳥のさえずりが聞こえません。火山性のガスで小鳥が寄り付かないのでしょうか。小鳥がいないせいか、いたるところにバッタが翔びまわっていました。


国内旅行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/10/17(金) 08:00)

 目黒さんま祭り(2)
 JR目黒駅前に掲げられた「目黒さんま祭り」の看板には、なぜか「目黒区」という文字がなく代りに「品川区支援」と書かれていました。

実は私は知らなかったのですが、JR目黒駅前は行政上は品川区なのだそうです。そこで、目黒駅前商店街の要請を受けて、品川区が目黒さんま祭りを支援しているということです。

しかし、目黒区としてはせっかくの「目黒のさんま」を持ってゆかれる?形になり、面白くありません。そこで、目黒区支援により、JR目黒駅の反対側の商店街で少し時期をずらして「目黒SUN祭り」というさんま祭りを開催しているということです(^_^)。

目黒さんま祭り 目黒さんま祭りには岩手県宮古市から提供された大量のさんまが塩焼きにして来訪者に無料で振舞われます。

本年は東北の海水温が高かったため、さんま漁の出足が悪かったそうですが、宮古の漁師さんたちのご好意でさんまを確保していただけました。
左の写真は岩手県宮古の威勢のよい大漁旗です。

目黒さんま祭りさんま塩焼きとあれば、たっぷりの大根おろしが欠かせません。その大根は、栃木県那須塩原市の皆さんから無料で提供していただいています。

まず、ピーラーで大量の大根の皮を除去します。
その大根を左の写真のような機械でおろしてさんま塩焼き用の大根おろしを量産し、お客に提供していました。

目黒さんま祭り 長時間行列に並んで塩焼きさんまをゲットしたお客は、目黒通りの歩道に設けられた食卓について、おいしいさんまを食べ始めます。

夏休みで海にでも行ったのでしょうか、さんまと同じくらいこんがりと日焼けした子供さんたちも、やっと手に入れた塩焼きさんまを両親といっしょに一心に食べています。

目黒さんま祭り 目黒通りのJR目黒駅の近くに小さな神社がありますが、その境内で目黒さんま祭り恒例の古典落語 『目黒のさんま』 の実演が無料で聴けるようになっていました。

やはりここも長蛇の列でとても入れそうにありませんでした。

目黒さんま祭り 目黒通りで大音響の音楽が聞こえたので行ってみると、車道の端にライブの舞台が設けられており、女性歌手と数人のバンドが演奏をしていました。

徳島の名産すだちの産地から派遣されたライブ演奏グループのようです。

季節・年中行事 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/10/14(火) 07:12)

 ばんえい競馬/ 愛馬の日
世田谷の農地 明治以降、北海道各地では農地の開拓が進みましたが、その際多数の大型馬が広い畑の耕作に使用されました。

ばんえい競馬はその伝統から生まれたもので、馬体重が約1トンもある大型馬が鉄そりを曳いてコースを走ります。

ばんえい競馬の大型馬をそばで見ると、馬体の大きさ、脚の太さに圧倒されます。

ばんえい競馬の鉄そりは500キロから1トンもの重さがあり、それに騎手が乗って全長200mのコースを走ります。北海道では、現在でも大変人気のある競馬レースだそうです。

馬事公苑では、秋の「愛馬の日」をはじめ、メジャーなイベントの際にはよくこのばんえい競馬のショーをしています。馬事公苑でのレースでは通常2頭の馬が100mほどのコースを走ります。
コースの途中には高さ1mほどの山が作ってあり、重い鉄そりを挽いてそれを乗り越えるところが見せ場になっています。

世田谷の農地

レースをスタートしてから騎手は馬に鞭を入れて全力で加速し、コース途中の山を乗り越えようとします。しかし鉄そりが重いため、馬のスピードはなかなか上がりません。下の写真では、奥を走っていた馬は山の頂上を乗り越えられず立ち往生してしまいました。

世田谷の農地

世田谷の農地 今回の愛馬の日では、ばんえい競馬が終わった後、ばんえいの鉄そりに大人、子供合わせて5、6人を乗せて馬に曳かせていました。
馬がぐいとそりを曳くたびに、そりに乗っている子供たちがキャーと声をあげていました。

また、左の写真の子供はばんえいの大きな馬に乗せてもらってはしゃいでいました。


季節・年中行事 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/10/10(金) 06:26)

 ポニー競馬/ 愛馬の日
ポニー競馬 世田谷区・馬事公苑で毎年9月23日に開催される愛馬の日では、ポニーによる競馬が行われます。

ポニーとは、肩までの高さが147cm以下の馬の総称で、さまざまな種類があります。日本在来馬もポニーの一種だそうです。馬事公苑の愛馬の日にくるのは、体の大きさがロバとほぼ同じサイズの種類です。

ポニー競馬 馬事公苑には、大きな観覧席をもった芝生の馬場グラスアリーナもあります。
そのアリーナに楕円形の走路が造られて、ポニーの競馬が行われました。

左の写真のように体長180cmほどの小さなポニーですが、なんとこれが大人の騎手をのせて驚くほどのスピードで走路を駆けめぐりました。

ポニー競馬ポニーにもいろいろの種類があって、これは短時間なら相当なスピードが出るようです。

このポニー競馬は、直線走路で行われる場合は220メートルの距離を子供の騎手を乗せて17秒ほどで走るそうです。

世界記録保持者のウサイン・ボルト(ジャマイカ)選手が作った200メートル走の世界記録は19秒57です。

ポニー競馬これらポニー君たちは、騎手を乗せてもボルト選手よりはるかに速く走るのです。
ポニー君たちは、体は小さくてもすごい走力があるんですね。

ポニー競馬が終わった後、ポニー君たちは子供たちと遊んだり、えさをもらったりしていました。左の写真の子はポニーに乗って皆に撮影してもらい大喜びでした。


季節・年中行事 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/10/05(日) 07:09)

 相馬野馬追い/ 愛馬の日
 世田谷区にある馬事公苑の秋の最大イベント「愛馬の日」は、毎年9月23日に開催されています。

愛馬の日には、苑内のアリーナ、走路でさまざまな馬にちなんだショーや全国各地の伝統馬事芸能などが紹介されます。

愛馬の日 左は福島県相馬市から参加した重要無形民族文化財「相馬野馬追い」のパレードです。

相馬野馬追いは、平安時代に平将門が野生馬を集めて軍事に利用したのに端を発する福島県の大イベントで、4日間にわたって繰り広げられます。
野馬追いは東日本大震災で一時途切れましたが、現地の熱い思いですぐに復活しました。

愛馬の日現地で行われる相馬野馬追いには、騎馬隊約600騎、さらに鉄砲隊、槍隊、弓隊などが参加するそうです。

左の写真の武者は、胴着をつけて旗指物を掲げていますが、騎馬隊の下級武士の役なのでしょうか。

きりりと鉢巻を締め、馬飾りをつけた馬を駆って、秋晴れの馬事公苑に登場しました。

 馬事公苑のアリーナでは鎧兜をつけた多数の騎馬武者たちによる古式甲冑競馬と神旗争奪戦が行われました。現地で7月に行われた野馬追いでは46,000人の観客が会場を埋め尽くしたそうです。

愛馬の日

愛馬の日馬事公苑の会場には高い観戦台が設けられ、そこに総大将の姿をした男性が乗って甲冑競馬と神旗争奪戦の戦況を見つめてそばの副官に指示を出していました。

現地で行われる野馬追いでは現在も相馬家当主が野馬追いの総大将をつとめるということですが、左の写真がその相馬家の殿様なのでしょうか。


季節・年中行事 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/10/04(土) 06:44)

 愛馬の日/ 馬事公苑
 「愛馬の日」は、世田谷区にある馬事公苑の秋の最大イベントです。馬事公苑のオーナーであるJRA(日本中央競馬会)が、馬や競馬を愛するファンへの感謝の意を表して、毎年動物愛護週間中の9月23日に開催しています。

愛馬の日には、苑内のアリーナ、走路でさまざまな馬にちなんだショーが行われ、また全国各地の伝統馬事芸能などが紹介されます。

愛馬の日 母衣(ほろ)とは鯉のぼりの後ろを抜いたように竹籠でふくらませた布の筒のことで、騎馬武者が背負って戦場を駆け巡って伝令をする際に使用したものだそうです。

騎馬武者が疾走するとほろが長く後ろになびくようになっており、後方から敵に矢を射かけられてもこのほろでよけることができたとされます。

愛馬の日二人の騎馬武者が馬事公苑のひろびろとしたグラスアリーナを回り始めました。このときは、母衣は武者の背中の辺りに丸めて置いてあります。

しばらく見ていると、風の勢いで母衣がふくらんで次第に伸びてきました。やがて、母衣が長く騎馬の後ろにたなびいてきたので、観衆はやんやの喝采をおくりました。

 走路で行われるショーのうちで毎年もっとも人気が高いのが、流鏑馬(やぶさめ)です。流鏑馬とは、騎乗した武者が馬を走らせながら的に鏑矢(かぶらや)を放つ伝統武芸です。

流鏑馬は平安時代から行われているそうでが、武家の天下となった鎌倉時代には一段と盛んになりました。今回は、「武田流鎌倉派」と呼ばれるグループが流鏑馬の名技を見せてくれました。

愛馬の日

愛馬の日サイドサドル(横鞍)という女性の騎馬姿が披露されました。馬に跨らずに両足を左側に置き、横向きに騎乗します。

今回は、大きなスカートを着けた若い女性が日傘をさして葦毛の馬に騎乗し、広いグラスアリーナをゆっくりと巡りました。

サイドサドルは、現在もイギリスなどヨーロッパ諸国で多数の愛好者がいるそうです。


季節・年中行事 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/10/02(木) 07:07)

copyright © 2005 憩いのとき all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア