梅の花憩いのとききく日記・ブログ
人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuttari7

Author:yuttari7
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 東京・大阪の猛暑日
東京・大阪の猛暑日

 昨日のニュースで、今年のは大阪では最高気温が35度以上の「猛暑日」が1日もなかったのを知りました。大阪市で8月の猛暑日がゼロ日になったのは21年ぶりだそうです。

本年は、気圧配置の関係で、広島をはじめ関西地方には前線が停滞し、雨が降り続きました。そのため、うだるような暑さが続いた昨年とは一転し、大阪、神戸、和歌山の3市で8月の猛暑日が記録されなかったということです。

その反対に、東京など関東地方では8月は連日晴天が続き、たびたび最高気温が35度以上の猛暑日が発生しました。東京ではこの8月は猛暑日が5日もありました。

例年、甲子園で高校野球が行われるこの時期は、東京より大阪など関西の都市の方が気温が高いことが多いものです。毎年、その暑い甲子園で高校野球の各チームの諸君が必死のプレーをするのをテレビで観て、私どもは感嘆していました。
ところが、本年は東京と大阪の気温が逆転し、東京は熊谷などと並んで日本中でもっとも気温が高い地域になってしまいました。

関東地方以外の各地は天候不順のために日照不足に陥ったとのことで、東京では現在野菜の価格が高騰しています。その中、今度は中国から輸入した玉ねぎに高レベルの残留農薬が検出されたというニュースも伝わり、私どもは不安にかられてしまいます。

東京では数日前からようやく雲が多くなり、雨もかなり降って猛暑は下火になりました。今後、野菜の価格が落ち着くのを願うばかりです。


ニュース | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/08/31(日) 11:01)

 箱根湯本散策
箱根湯本 私どもは、子供たちが小さいころは、よく箱根に出かけました。温泉だけではなくホテル、プール、遊園地、美術館などなんでもあるので、子供ずれには好適だったのです。

今年は、たまには箱根はどうかという妻の意見で、久しぶりに箱根の奥 強羅のホテルに行くことにしました。

箱根湯本小田原を過ぎると、次第に箱根の山あいに入ります。大きな小田急の車両が、渓谷ぞいの狭い線路に入りこみ、線路脇の木々の枝をかすめるようにして登っていきます。

箱根湯本駅に着き、強羅の方向を見上げると、湯本は快晴なのに箱根の連山は厚い雲のベールに隠れていました。

箱根湯本湯本駅前から道路を渡ると、すぐ早川にかかる橋の上に出ます。岩石の層理のために階段のようになった川床を、早川の急流が白くしぶきをあげながら駆け下ります。

鮎釣りでしょうか、釣り人たちが、その急流の中に腰あたりまでつかって長い釣竿を振っていました。

箱根湯本また箱根湯本駅に向かって歩き、湯本温泉街に入りました。湯本温泉は、奈良時代以来の歴史がある箱根最古の温泉地とのことです。

駅の近くの街角で、盛んに湯気が上がっている店がありました。まわりにたくさんのギャルが集まっています。名物の温泉饅頭を売っている店でした。


国内旅行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/08/29(金) 17:39)

 世田谷区民まつり (2)
  毎年8月の初めに、世田谷区馬事公苑で世田谷区民まつりというイベントが行われます(正式には世田谷ふるさと区民まつりといいます)。
本年は37回目にあたり、8月2日(土)、8月3日(日)の2日間で夏休み入りした子供たちなど32万人の方々が馬事公苑の会場を訪れました。

世田谷区民まつり馬事公苑の門から入るとすぐ、昔懐かしい祭囃子の音が聞こえてきました。よしず張りの小屋に紅白の幔幕が張られていて、その中で笛太鼓の一団が熱演中でした。

馬事公苑近くの各地区の祭囃子グループが次々にこの舞台に出演して、自慢の囃子を披露しているようです。

世田谷区民まつりこちらはおなじみのサザエさん一家をデザインした山車です。

馬事公苑の最寄り駅田園都市線桜新町駅の近くに「サザエさん通り」という商店街があります。「サザエさん」の作者長谷川町子さんがそこに住んでいたので、この名がつきました。そのサザエさん通り商店街からの参加でしょう。

世田谷区民まつり公苑内、少し離れたところの緑陰で木工教室が開かれていて、ボランティアの熟年男性の皆さんが熱心に子供たちを指導していました。

写真の男の子は小6ぐらいでしょうか。お母さんに材料の木を押さえてもらって、おぼつかない手つきでトンカチを振るっていました。

世田谷区民まつり総務省消防庁では、現在、一般市民に消防署の活動に親しんでいただく運動を全国的に展開しています。

この会場にも本物の消防車が出張して消防ふれあいコーナーが設けられていました。
左の写真のボクちゃんも、貸してもらった消防服を着ていっぱしの消防士になりました。

 
季節・年中行事 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/08/27(水) 17:47)

 関東は好天続き
 8月の後半、九州、四国、中国地方では長期間にわたって豪雨が続きました。特に広島の中国山地では記録的な大雨により大規模な土砂崩れ災害がおこり、多数の人命が失われました。
なくなられた方々に深くお悔やみを申し上げるとともに、被害の一日も早い復旧を祈ります。

いっぽう、私どもが住む東京地方では、7月の終わりからほぼ1ヶ月にわたって雨らしい雨がほとんど降っていません。8月中ごろに台風が襲ってきたときも、東京地方では一時的にかなり強い雨がざっと降りましたが、ごく短時間で終わりました。

天気図左図は数日前の日本付近の天気図ですが、気象庁によると太平洋高気圧のある場所が図に見られるように例年より東側にづれており、日本全域をおおうには至っていないとのことです。

このような気圧配置になると、関西地方には前線がかかり、その上を厚い雨雲がつぎつぎに移動して雨を降らせるそうです。

いっぽう、関東地方では東側にある太平洋高気圧の影響が強く、晴天がつづくことになります。この間、東京では最高気温が35度を超える猛暑日が何日も発生し、私どもは夏空に輝く太陽を見上げてはため息をつくばかりでした。

盛夏の花々

8月の後半にこのような猛暑がつづくと、それまで咲いていた普通の夏の花はもはやみな枯れ果ててしまいます。
この晩夏の時期に元気に咲き誇る花の筆頭は、ひまわり(上の写真左)でしょう。この猛烈な日差しに負けず、太陽に顔を向けて咲くのですから、たいしたものです。

次いで、晩夏の優しい花むくげ(上の写真中)も暑さに負けず、元気に咲いています。むくげは韓国の国花だそうですが、カラフルで瑞々しい姿にもかかわらず、猛暑にも負けず咲き誇る強さがあります。

8月も後半になると、百日紅(さるすべり)が最盛期を迎えます(上の写真右)。百日紅は細かい花が寄り集まって咲きますが、そのおしべの部分が細い金線のような形状になっており、それらが強い陽の光を反射してきらきらと輝きます。

今後雨が多くなって気温が下がれば、秋の花々がいっせいに咲きはじめますが、それまではまだかなり日数がかかりそうですね。

   
ニュース | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/08/26(火) 07:32)

 箱根登山鉄道
 私どもは、毎年、お盆のあとに高原など涼しい場所に避暑に出かけます。今年は、たまには箱根はどうかという妻の意見で、28年ぶりに箱根・強羅に行くことにしました。
私どもの住む東京・世田谷からは、小田急線を利用して、小田原経由で箱根の入口箱根湯本まで乗り換えなしで行けます。

箱根登山鉄道箱根湯本から箱根登山鉄道で山を登って強羅に行きます。

箱根登山鉄道は、現在は2000系という新型車両になりました(左の写真)。

箱根登山鉄道は軌道間が1435mmもある本格的な山岳電車を運行しています。これにより、急カーブや急勾配も安全に走行できるのです。

箱根登山鉄道小田急電鉄は狭軌で軌道間は1067mmです。従って箱根登山鉄道は小田急電鉄より立派な足回りを持っています。

車両の横幅は2.5メートルで、東急世田谷線の車両と同じくらいです。

車両の定員は、東急世田谷線の車両よりはやや少なく85人ということです。

箱根登山鉄道小田原~強羅間に13ヶ所のトンネル、26ヶ所の鉄橋があります。この間の平均勾配は1000分の80もあります。

出山信号場などではスイッチバックにより電車の進行方向を逆向きに切り替えながら登ります。それまでの運転士が車掌となり、それまでの車掌だった人が運転手になります。

箱根登山鉄道箱根登山鉄道では、小さな駅が山の斜面に張り付くように設置されています。
左の写真は強羅の2つ手前の小涌谷駅で、ホテル小涌園があるので有名です。

車窓から箱根の山の景観に見とれているうちに、終点強羅駅に着きました。湯本からの所要時間は約35分でした。

   
国内旅行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/08/24(日) 22:51)

 カミツキガメのから揚げ
 最近は、カミツキガメというアメリカ原産の恐ろしい亀が方々の池で見つかっています。甲羅の長さが80センチほどもある大型の亀で、鋭い歯で人間の指をかみ切ることもあるということです。
東京・上野の不忍池にもこのカミツキガメが住み着いており、池の中で卵を多数うむのが目撃されたとか。

カミツキガメそのようにしてどんどん繁殖されては、これから夏場、子供たちが水辺で遊ぶときなど心配でなりません。

千葉県が印旛沼でカミツキガメを駆除したところ、一回で数十匹が捕獲されたそうです。

たぶん日本の他地域の沼や川にも左の写真のような恐ろしいカミツキガメが多数住んでいて日々繁殖しているのでしょう。

つい先日のインターネットニュースで、このカミツキガメを捕獲して試食したという勇気ある人がいるのを知りました。
それによると、まずから揚げにしたところ、豚肉と鶏もも肉の中間の味でとても美味しかったということです。次いですっぽん鍋からヒントを得て鍋物にしたら、これもだしが出て非常にグッドだったそうです。

カミツキガメの原産地アメリカ南部では、カミツキガメを盛んに料理して食べているそうです。昔見たスティーヴ・マックイーンの映画で川の中にいるカミツキガメをライフルで射殺し、焼いて食べようと話していたのを思い出しました。

ブラックバス左の写真のブラックバスも特定外来生物ということで、駆除の対象になっています。

ブラックバスは琵琶湖沿岸地域などでは食材になっており、レストランで調理してお客に供しているそうです。

身はきれいな白身でフライにするとおいしくいただけるそうで、バンズにはさんでバーガーにしたものが大人気だそうです。

うなぎは大衆食品化し、近年消費量が増大したことで、とうとう絶滅危惧種とされる状態になりました。

カミツキガメも上記のように美味しいなら、大量に捕獲して「カメバーガー」や「カメから揚げ」にして食べれば、日本ではやがて絶滅危惧種に追いやることができるかも知れませんね。
 
ニュース | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/08/23(土) 10:48)

 東京は熱帯の都市?
 昔から東京の夏は厳しく、東京を訪れた外国人は東京は温帯ではなく亜熱帯の都市であると驚いたそうです。しかし、最近数年は東京の夏の気温はさらに上昇して「熱帯夜」、「猛暑日」が増加し、長年東京に住んでいる私どもでも耐えがたいくらいになってきました。

クアラルンプル世界の熱帯、亜熱帯に位置する都市と東京の8月の気温を比較して見ましょう。

左の写真は、赤道直下にあるマレーシアの首都クアラルンプルです。最近はマレーシア航空機の相次ぐ事故により世界に名が知れ渡った都市です。

クアラルンプルは、そのすぐ近くにあるシンガポールとともに夏が暑いので有名です。

ホノルルもう一つ、おなじみの観光都市について調べましょう。左の写真はハワイのホノルルです。

北緯21度に位置し、日本人には「常夏の国」として圧倒的な人気を持っている観光地です。

ホノルルはヴェトナムの首都ハノイと同じ緯度にありますが、サバナ気候ということで夏は比較的すごしやすく、エアコンのない家が多いそうです。

上記の2都市と東京の8月の気温を比較しましょう。下表で東京の気温は気象庁のデータで8月の平均最高気温と平均最低気温を最近4年間にわたり平均したものです。

都市名平均最高気温平均最低気温
  クアラルンプル (マレーシア)32.123.1
  ホノルル (ハワイ)31.623.7
  東京32.625.6

上表でまず「平均最高気温」の列を見ると、東京は32.6度でヴェトナム・ハノイと同じ緯度にあるホノルルの平均最高気温を大きく上回っています。また赤道直下にあるクアラルンプルの平均最高気温をも越えています。東京の夏は、立派な赤道直下の夏になっていたのです。

次に「平均最低気温」の欄を見ると、さらに驚かされます。東京の平均最低気温は25.6度で、赤道直下にあるクアラルンプルの平均最低気温を2.5度も上回っています。これでは東京の夏の夜は寝苦しいのは当然でしょう。「熱帯夜」という言葉は、赤道直下のクアラルンプルより東京のほうがはるかに実感があるのです。

最近は、東京をはじめ、日本各地で熱中症が盛んに報告されています。私どもは、日本の夏の気候がこのような状況にあるのを心に刻んで生活をしなければいけなくなったようです。
 
I T・エネルギー | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/08/22(金) 10:14)

 東京の猛暑日
東京の猛暑日

 気象庁のウェブサイトを調べていて、上図の恐ろしいチャートを見つけました。東京地方で最近50年あまりの期間で毎年の猛暑日(最高気温が35度以上になった日)の日数がどう推移したかを示すものです。

上図のチャートから今から40年前の1970年ごろでは、猛暑日はたとえば5年移動平均値では年間1~2日くらいにとどまっていました。
1970年代末から1980年代初めにかけては、3年ほどにわたって猛暑日がない年が続きました。その時期には、猛暑日が発生するとそれはその日のビッグニュースになったのです。

ところがここ数年間は毎年高温の夏が続き、上図チャートからわかるようにここ4年間の平均値では年間猛暑日は7日ほどにもなりました。
2010年と昨2013年は夏が特別暑く、猛暑日はいずれも年間なんと12日以上にもなりました。

そして本2014年の夏も非常に暑く、8月20日現在までの猛暑日は5日に達しています。本年の夏が終わるまでには、猛暑日は7~8日ぐらいにはなるのではないかと思われます。

また、最低気温が25度以上の「熱帯夜」も、上記猛暑日と同じくここ数年は空前の高水準が続いています。東京地方の本年の熱帯夜日数は8月20日現在までに39日に達し、猛暑だった昨2013年の日数に並びました。猛暑日、熱帯夜の日数はいずれも20年前の倍以上になっており、東京が近年いかに酷暑のもとにあるかが改めて認識させられます。

この傾向は、今後簡単には収まりそうにありません。東京に住んで日常生活を営んでいる私どもは、その環境の中で夏の健康を維持する方策を工夫するしかないようです。

  
ニュース | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/08/21(木) 16:54)

 北軽井沢散策
北軽井沢

 群馬県草津と軽井沢の間にある北軽井沢は、北に草津白根山、南西に浅間山を望む風光明媚な高原地帯です。

軽井沢町は、外国人や実業家の別荘地から次第に発展し、現在では大規模な商業施設を持つにぎやかなリゾートとなりました。それに対し、北軽井沢は学者、大学関係者などの村から出発したとのことで、現在でもひなびた別荘村の雰囲気があります。

北軽井沢バス停の前にあった貸し自転車屋で自転車を借りて、北軽井沢の高原散策に向かいました。

いのししインターネットで調べているうちに、北軽井沢に「いのしし牧場」があるのを知りました。

牧場に入っていくと、鉄柵で囲まれた大きなスペースの中にたくさんのいのししが歩き回ったり、寝転んだりしています。

左の写真は、いのししの子供の群れです。いのししの子供は、瓜を連想させる横縞があるので瓜坊とよばれます。

おみなえし道筋の林の陰で、草津のバス発着センターで買ってきた弁当を広げ、冷たいお茶でのどを潤しました。北軽井沢には店が少ないと思い、草津で弁当などを仕入れてきて正解でした。

ふと見ると、道端に秋の七草のひとつオミナエシが黄色いつぶつぶの花を元気に咲かせていました。その近くには、紅い萩の花も咲いていました。

北軽井沢

北軽井沢では、ところどころで上の写真のような沼や用水池を見かけました。浅間山の火山灰が降り積もったところで概して水が少ないので、このような池が必要なのでしょう。

池の周りを歩くと、蛍のすみかの泡が草葉のうらにたくさん付いていました。夜は蛍が乱舞してすばらしい景観になるでしょう。

標高1100メートルを超える高原なので、あたりにはすでに秋の気配がただよっており、池の水面には赤とんぼが盛んに飛びかっていました。

  
国内旅行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/08/20(水) 18:13)

 犬吠埼灯台
 銚子電鉄の犬吠駅で下車し、灯台のある犬吠崎に向かいます。8月はじめのことでしたが、さすが海洋性気候の銚子で、日陰に入ると風の涼しさを感じました。駅員に教えてもらった方向にしばらく歩くと、向かって右側に岩浜の海が見えてきました。

銚子電鉄さらに少し歩くと、行く手に白い灯台が見えてきました。
明治7年に外国人灯台技師ブラントンの手を借りて建築され、以来日本最東端の灯台として航路の安全を守ってきた犬吠崎灯台です。

地上から灯火まで27m、平均水面上から灯火までは52mもあり、約36km先の海上から灯火を確認できるそうです。

銚子電鉄灯台に登って東側を見ると、太平洋の大海原がどこまでも広がります。この先は、ハワイ、そして北アメリカです。日本で一番早く初日の出が見られるところはここだそうです。
展望台を回って、北側(茨城県側)を見ると、美しい弧を描く「君ヶ浜」が伸びています。
このあたりは古来文人墨客に愛され、句碑なども多数設置されているので有名です。

銚子風力灯台の近くには3階建ての「地球の丸く見える丘展望館」があり、その屋上(標高90m)に登るとさらに雄大な銚子周辺の景観が楽しめます。
最近犬吠崎沖に東京電力が建設した洋上風力発電観測タワーと大風車が海中に立っているのも臨むことができました。海面から大風車のブレードの先端までは126mにもなるそうです。
   
国内旅行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/08/18(月) 11:02)

次のページ
copyright © 2005 憩いのとき all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア