梅の花憩いのとききく日記・ブログ
人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuttari7

Author:yuttari7
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 奉納相撲/ 世田谷八幡宮
 八幡様は武道の神様なので、剣道、相撲などの道場が併設されていることがあります。ここ世田谷八幡宮の境内には立派な相撲土俵があり、秋の例大祭には奉納相撲が行われます。

当八幡宮の奉納相撲は、江戸時代には 「江戸三大相撲」 の一つといわれたそうです。その伝統でしょうか、この地域には相撲が盛んな学校、大学が多く、高校や大学の相撲選手権でも活躍しています。

世田谷八幡宮では、毎年9月初旬、例大祭の前日の土曜日は宵宮祭ということで奉納相撲や演芸が行われます。
奉納相撲の前に世田谷八幡の氏子代表の方があいさつをしましたが、その中で、奉納相撲は祭りの余興ではなく神事の一環であると強調していたのが印象的でした。

奉納相撲/ 世田谷八幡宮


奉納相撲では、最初に当八幡宮の宮司が祝詞をあげ、ついで土俵の四周を塩で清めて出場者の無事を祈ります(上の写真)。

昔は、奉納相撲は世田谷八幡近隣地区の対抗戦の形式で行われたそうです。奉納相撲の勝敗で来年の豊作、凶作を占ったとのことです。

宮司が祝詞をあげた後、この神社の近くにある東京農大相撲部の皆さんが、団体戦、個人戦を見せてくれました。

奉納相撲/ 世田谷八幡宮

奉納相撲は、大相撲とは違って行司の掛け声で一発立ち合いです。さばく行司も、やはり東京農大相撲部の役員のようでした(上の写真)。

熱戦ののち、行司が勝ち力士の名前を高らかに告げます。秋晴れのもと、満員の観客からは盛んな拍手喝采がおくられました。

奉納相撲/ 世田谷八幡宮


季節・年中行事 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/09/24(日) 07:20)

 お祭りで金魚すくい
世田谷八幡宮 秋祭りのシーズンたけなわです。世田谷八幡宮は、ふだんは静かですが、例大祭などのお祭りのときと暮れ・お正月には大賑わいとなります。

写真の男の子は、江戸時代以来の祭りの姿で、お父さんの肩の上に乗り大きな声をあげてはしゃいでいました。
やはり、お祭りには子供たちの姿がよく似合いますね。

世田谷八幡宮お祭りの人出を商売のチャンスとみて、大鳥居の前から本殿の近くまでさまざまな露店がひしめくように並びます。

写真の女の子は祭りの露店でアンパンマンの笠を買ってもらったのでしょうか。
世田谷八幡の境内を歩き回ってくたびれたようで、ベンチに座ってお菓子をぱくぱくと食べて休んでいました。

世田谷八幡宮境内の露店の中に昔懐かしい金魚すくいをみつけました。
赤い帽子をかぶったボクちゃんが真剣な表情で小さい網(ポイというそうです)で金魚を追っていました。ボクちゃんはなかなかの腕前のようでした。

私も子供のころよく金魚すくいにチャレンジしましたが、網がすぐ破れてすくえなくなった記憶があります(涙)。

日本一の金魚産地である奈良県大和郡山市が、「全国金魚すくい選手権大会」 を毎年8月の第3日曜日に開催しているそうです。
今年で大会も24回を重ね、 これまでに延べ約2万2千人の選手たちが熱戦を繰り広げてきたとか。

本年度のチャンピオンは、3分間でなんと45匹もすくい上げたそうです。でも私どもがやってみると、とてもそのチャンピオンのようにはいかず、すぐに網が破れてあえなくギブアップです。

それでも何匹かすくえたら、その金魚はポリ袋に入れてあまり揺らさないで家に持ち帰りましょう。金魚は案外丈夫なもので、大きめの金魚鉢で大事に飼えば10年ぐらい生きるそうです。


季節・年中行事 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/09/18(月) 07:18)

 世田谷八幡宮・例大祭
 世田谷八幡宮は、戦国時代の16世紀に当時の世田谷領主吉良頼康が創建したといわれます。吉良氏は武道の神様である八幡大神をうやまい、八播神社を世田谷にいくつも建立しています。

城山通りに面して建てられている赤い大鳥居を通って境内に入ると、参道の先にもうひとつ石造りの鳥居があります。

世田谷八幡宮

世田谷八幡宮 石鳥居に向かって右側には小さな池があり、そこから小川が流れるように造ってあります。小川のほとりに赤い鳥居があり、その奥に小川を渡る赤い小橋があります。

その橋を渡ったところに「厳島神社」という小さな祠が置かれてあります。安芸宮島の厳島神社の神霊を勧請したものだそうです。

 石鳥居をくぐると、高い樹木に囲まれて薄暗い中に高い石階段が伸びています。それを登ったところに広場があり、その正面に世田谷八幡宮の本殿がそびえています。

八幡宮は八幡神を祭神とする神社で、全国に約44,000社あります。大分県宇佐市の宇佐神宮が全国の八幡宮の総本社とされ、この世田谷八幡宮もまた宇佐神宮の分社だそうです。

現在の本殿は昭和39年に鉄筋コンクリート建で造営されたものですが、それ以前の文化10年(1813)の建築といわれる本殿はそのまま現在の本殿の中に納められているそうです。

世田谷八幡宮

現在の世田谷八幡宮本殿は、上の写真のようにかなりの大きさがあり、なかなか堂々とした造りです。秋の例大祭の際には、ご覧のように本殿前の広場には赤ちょうちんが空中に張り巡らされ、本殿の両側にはさまざまな社幟がかかげられます。

世田谷八幡宮は、古来、世田谷の鎮守として多くの人達に厚く信仰されてきました。例大祭の際には、世田谷在住の方はもちろんのこと、遠方からの信者の皆さんも絶えることなく参拝に訪れます。

世田谷八幡宮


季節・年中行事 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/09/10(日) 07:36)

 せたがや区民まつり
 これまで、毎年8月の初めに世田谷区馬事公苑で世田谷区民まつりというイベントが行われてきました。正式には 「世田谷ふるさと区民まつり」 という名前で、

    "みつけよう 心のふるさと   ひろげよう 心のふれあい"

という呼びかけで 「ふるさと世田谷」 で共に暮らす人々の連帯感や郷土に対する愛着心を高めるのが主旨です。

本年は、これまでの会場馬事公苑が2020年東京オリンピックへの準備のため使用できないということで、世田谷区民まつりは世田谷区役所の近くの若林公園と区役所の中庭などを利用して開催されました。

昨年までに比較して会場の面積が大幅に縮小し、区民まつりのスケールが小さくなったのは大変残念です。昨年2016年の区民まつりは28万人の入場者がありましたが、本年2017年は来場者数はわずか4万人だったそうです。

そこで、今回は昨年2016年に撮影した写真を利用して昨年の区民まつりの様子をご紹介しましょう。昨年の区民まつりは、馬事公苑と馬事公苑の正門の前にあるけやき広場を会場として開催されました。

馬事公苑では正門を入ると広い通りが苑内を貫いていますが、その通りの両側には下の写真のように各種の出店が隙間なく並び、祭りに来場した人々がゆっくりと歩きながら出店の商品を物色したり、食べ物を買ったりしてました。

せたがやふるさと区民まつり

 例年、このお祭りには馬事公苑の近くの神社や町内からお神輿や山車(だし)が多数参加しています。

私どもが住む町には昔の世田谷村の鎮守様を思わせる小さな神社がありますが、その神社のお神輿も区民まつりに参加していました。下の写真は世田谷区八幡地区からの山車で、ご覧のようになかなか立派なものです。

せたがやふるさと区民まつり

 馬事公苑内の林を通る遊歩道に、昔懐かしいお化け屋敷が造られていました。「きもだめし」 と書かれている小屋の入口からのぞくと、中は気味悪く真っ暗になっていて、おどろおどろしい笛の音が聞こえます。

テレビのお化けアニメの影響で最近の子供たちはお化けを怖がらないといわれていますが、このクラシックなお化け屋敷は子供たちにうけたでしょうか。

せたがやふるさと区民まつり

   
季節・年中行事 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/08/15(火) 07:10)

 ツバメの子育て
 家の近くを散歩している途中、道に面したあるお宅のあたりでジュー、ジューというような小鳥の鳴き声が聞こえてきました。

その鳴き声がする方に歩いてゆくと、家の庭先からツバメが飛び出して、すいと身を翻して道路の上を飛び去りました。

ツバメの飛来

 そのお宅の軒先に、ツバメが巣を作っているようです。近寄って見ると、家の庇の下に巣があり、その中に4羽のヒナがいて大きな鳴き声をあげて親を呼んでいました。

ツバメは肉食で、親鳥は野原や道路の上を飛び回って空中にいる昆虫などを捕り、巣に持ち帰ります。巣ではいつもお腹をすかせたヒナたちが親鳥の帰りを待ちかねており、親の姿を見るといっせいに大きな口をあけて親がとってきた虫をねだります。

ツバメの子育て

 ツバメは東南アジアなど暖地で冬を過ごし、春になるとはるばると日本に渡ってきます。日本の各地では、通常その土地にサクラ前線が到来する前後に渡ってきたツバメの姿が見られるそうです。

渡ってきたツバメは、民家の軒先などに草の葉をこねた泥でつなぎ合わせて巣を作り、数個のタマゴを生みます。その後2週間ほどでタマゴは孵化し、ツバメのヒナが誕生します。

ツバメの飛来 日本に渡ってくるツバメは、秋になると左図のように島伝いに東南アジア各国に飛んでゆき、冬を越します。中には遠く赤道を越えてオーストラリア北部にまで7000㎞近くも行くものもあるそうです。
あのわずか20㎝足らずの小さい鳥が、一年間にそれほどの長距離を往復するとは、とても信じられないような話です。

 私は昔から小鳥を見るのが大好きで、よく双眼鏡を持って森の中を歩いてバードウォッチングをしました。しかし、私どものレベルでは、小鳥の姿はそう簡単には見られないものです。運よく小鳥の姿はとらえられても、たいていは非常に遠くで細部はよくわかりません。

ところがツバメの場合は、普通の野鳥とはまったく違い、民家の軒先などに営巣して子育てをします。それは、天敵であるカラスやへびなどが近寄るのを防ぐためとされます。
いわば、民家の居候のようなものなので、ツバメが子育てをする様子をまじかに見ることができます。


季節・年中行事 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/11(木) 07:26)

次のページ
copyright © 2005 憩いのとき all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア