梅の花憩いのとききく日記・ブログ
人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuttari7

Author:yuttari7
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 世田谷区動物フェスティバル
 世田谷区の砧(きぬた)公園で、毎年11月初めに「動物フェスティバル」が開かれます。秋の一日、「動物ふれあい教室」、「ポニーの演技」、「ミニ動物園」などさまざまな催しが行われ、たくさんの来場者で賑わいます。

芝広場に設けられた会場の外から鼓笛の合奏が聞こえてきて、やがて少年鼓笛隊の皆さんが華やかに入場してきました。第33回世田谷区動物フェスティバルのオープニングパレードです。

動物フェスティバル

 少年鼓笛隊は、皆、グリーンのユニフォームに紅い帽子をかぶり、おもちゃの兵隊さんのようです。

手に手にピアニカや小太鼓などを持ち、元気に演奏しながら行進します。このような屋外での演奏ではやはり打楽器の音の力はすばらしく、会場の秋空高く響き渡りました。

会場に造られた舞台の前に少年鼓笛隊の皆さんがずらりと整列し、壇に乗った女性の指揮者の指示に従って華やかに演奏を始めました。

動物フェスティバル

動物フェスティバル それが終わると、舞台の上から2017年、第33回世田谷区動物フェスティバルの開会が告げられました。

舞台を取り囲んで集まっていた多数の観客から盛んな拍手があがりました。

舞台の上では、さっそく女性のピエロさんが出てきて、子供たちとにぎやかにやり取りが始まりました。

 少年鼓笛隊の後に、警視庁騎馬隊の皆さんが続きました。中央に白い馬に乗った赤い制服の女性隊員、その両側に褐色の馬に乗った青い制服の男性隊員が並んで行進します。秋の明るい日差しのもと、色の対比が実に華やかです。

外国に行ったとき、騎馬隊や騎馬警官をよく見ましたが、日本でもこういう騎馬隊があるのを初めて知りました。

動物フェスティバル


季節・年中行事 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/11/23(木) 06:44)

 三茶 de 大道芸
 世田谷区三軒茶屋は渋谷に近い繁華街で、東急田園都市線と東急世田谷線の駅があるため若者の街として賑わっています。

10月の末には、この街で恒例の 「三茶 de 大道芸」 という祭りが行われます。このイベントは1997年から始まったとのことで、2017年秋でもう21回目になります。昨年は13万人以上もの観客が来場したそうです。

大道芸 私どもは世田谷線で三軒茶屋に行きましたが、さっそくその世田谷線の駅前にある広場で奇抜なパフォーマンスをしているのが見えました。

体が大きい男の肩に小柄な男性が乗って盛んに三味線を弾きながら歌っています。歌の腕前のほうはまあまあというところでした。

大道芸 同じ世田谷線駅前広場でなにやらジプシー風の一団が大道芸をしていました。はるばるヨーロッパからここにきたのでしょうか。

以前、パリやローマでこのようなジプシーの大道芸を見たことがありました。ヨーロッパではこのような集団が国境を越えて渡り歩いているそうです。

大道芸 左の写真のおじさんもなかなか多彩な芸を見せましたが、写真のときは高い一輪車の上で短剣を二本お手玉のように投げたり捕ったりしながらなにか他の芸もやっていました。
短剣を投げたり捕ったりしながらポケットからりんごを取り出し、ぱくっとかじってもぐもぐと食べていました(^_^)

大道芸 日本人の芸人も負けずに人を集めていました。こちらは派手なアクションではなく、奇術タッチの芸をじっくりと観客に見てもらう作戦のようです。
デリケートな内容の芸をお客にアッピールするのは言葉が通じない外国人はやはり苦手と見えて、このような芸をしているのは日本人だけでした。


季節・年中行事 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/11/21(火) 06:34)

 浅もみじ
 私どもが住む東京は冬が暖かく、本格的な紅葉になるのは例年12月はじめのことです。10月末から11月半ばにかけて、東京の落葉樹は次第に落葉して葉の数が真夏の半分くらいになり、残った葉も徐々に黄ばんで勢いがなくなります。

はなみづき 東京でよく見る落葉樹で秋が深まったのを最初に知らせてくれるのは、アメリカハナミズキでしょう。

名前のとおりアメリカ原産でアメリカの国花とされる木です。春先から白またはピンクの大きな花を木いっぱいにつけますが、秋の半ばから紅葉が始まり、サンゴの珠のような紅い小さな実をたくさんつけます。

さくら 桜は春先から葉を出す前にこずえの先まで豪勢な花をつけて咲きます。その代わりには夏にほとんど実をつけず、葉をたくさん繁らせて次の年に備えます。

日本原産の落葉樹ではもっとも早く秋の気配が感じられる樹種です。10月末には落葉が多くなり、葉の色も黄ばんできます。

神社の秋祭り けやきは私どもが住んでいる東京世田谷の区樹に指定されており、どこに行ってもよく見かけます。

けやきも昔からの武蔵野の落葉樹の中ではもっとも早く黄葉が始まります。見上げるほどのけやきの大樹がこずえから次第に黄葉してくるのは実に見事ですが、その後葉が茶色く変色するのが残念です。

かえで 世田谷区は公園や神社仏閣が多く、かえでがほうぼうに植えられています。

世田谷区ではかえでが見事に紅葉するのは通常12月に入ってからです。
今の時期は、日当たりのよいところにあるこずえがかなり色がついていますが、全体としてはまだ浅黄色になっている段階です。


季節・年中行事 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/11/15(水) 06:36)

 神社の秋祭り
 私どもの近所に昔の世田谷村の鎮守さまを思わせる素朴な神社があります。神社のまわりがすべて住宅になってしまった中、ここには小さいながら武蔵野以来の大木が繁った森が残っています。実は私もこの神社の氏子になっており、毎年ささやかな奉納金で協力しています。

神社の秋祭り この神社は明治末の小社合祀法により稲荷社、八幡社、天神社が合祀してこの地にできたということです。

神社の規模は小さいのですが、入口の鳥居が左の写真のように三重になっており、長い歴史があるのが感じられます。
大樹に囲まれた神社の境内は薄暗く、日ごろは子供たちが遊んでいるだけです。

神社の秋祭り この神社は例年10月半ば、体育の日の前後に秋の例大祭を行っています。

土曜日のお昼ごろ、家にいるとどこかから賑やかな祭囃子が聞こえてきました。
街角に出て祭囃子が聞こえる方向に少し歩いて行くと、小型トラックのまわりに紅白の幔幕をはった車が祭囃子を流しながら近寄ってきました。

神社の秋祭り トラックの上には神社のお神輿がすえてあり、荷台の中には祭囃子のグループが乗って笛太鼓の演奏をしていました。

その車に続いて、子供神輿の一行が近寄ってきました。子供たちはみなそろいのはっぴを着て鉢巻をしています。
周りを大人たちが取り囲み、その横ではお巡りさんが交通整理をしていました。

神社の秋祭り 最後に神社の大太鼓を乗せた車がゆっくりと動いてきました。車の前は神社のはっぴを着た熟年男性たちが先導しています。車を押す人々の中には若い女性も入っていました。

ときどき車を止めては、威勢よく大太鼓を打ち鳴らしていました。まわりには町の人々が集まってきて、盛んに拍手をしていました。


季節・年中行事 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/11/07(火) 06:45)

 世田谷八幡・例大祭 (2)
 世田谷八幡宮は、戦国時代の16世紀に当時の世田谷領主吉良頼康が創建したといわれる由緒ある神社です。

同八幡宮は、毎年9月初めに例大祭を開催しています。八幡宮境内は、ふだんはあまり人気がなく静かですが、例大祭などのお祭りのときと暮れ・お正月には大賑わいとなります。

本年の例大祭はさいわい好天に恵まれ、本殿の前は参拝客が長い列をつくっていました(下の写真)。

世田谷八幡宮

世田谷八幡宮 その例大祭の人出をチャンスとみて、城山通りに面した大鳥居の前から本殿の近くまでさまざまな露店がひしめくように立ち並びます。

露店は、神社に出店料を払って境内の許可された場所に店を開きます。今回の祭りにもかなりの数の露店が出ており、近所の子供たちが集まって露店めぐりをしていました。

世田谷八幡宮 金魚すくいは子供たちの遊びとして歴史が長く、江戸時代後期ごろから行われていたそうです。

現在、金魚すくいは各地のお祭りや縁日でも盛んに行われています。8月第3日曜日は 「金魚すくいの日」 に定められているとか。
この女の子は、お祭りの赤い印半纏を着て金魚すくいにチャレンジしていました。

 女の子は左利きなのか、左手で網を持って水槽の金魚を追っていました。でも金魚のほうが上手のようで、なかなか捕えられません。

ふと見ると、境内の一角で大きな平たい容器の中でカメの幼生を多数入れて売っていました。たしか、この露店の業者は、昨年もこの同じ場所でカメの子を売る店を開いていました。

世田谷八幡宮 容器の中のカメは、よく露店などで見かける緑色の小型の種類です。

まるでペンキを塗ったように鮮やかな緑色の子ガメが、隣の子ガメの上に重なるように容器の中を元気に動き回っていました。

近寄ってよく見ると、子ガメは目の横、耳と思しき部分に斜めに赤い色がついていました。

 これらはアメリカ合衆国南部原産の 「アカミミガメ」 という種類で、幼生は体色が緑であることから 「ミドリガメ」 とも呼ばれるそうです。

アカミミガメの幼生は、縁日やお祭りでおなじみのカメすくい、カメ釣りなどに利用されて子供たちに人気があるため、アメリカ合衆国南部など海外から大量に日本に輸入されています。

しかし、アカミミガメは、幼生は可愛らしくてもやがて成長して甲長が30㎝ほどにもなり、恐ろしいような姿になるので、飼い主がひそかに池や川などに遺棄する例が多いそうです。


季節・年中行事 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/10/08(日) 06:46)

次のページ
copyright © 2005 憩いのとき all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア