梅の花憩いのとききく日記・ブログ
人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuttari7

Author:yuttari7
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 電動自転車の普及
 私の家の近くに世田谷区立の保育園があり、保護者の皆さんが自転車で幼児の送り迎えをしています。通りがかりにそれらの自転車を見ると、半数以上が電動タイプの自転車のようです。

電動自転車は正式には電動アシスト自転車といい、自転車の車体に車輪を駆動するモーターと充電池を取り付けたものです。
ペダルを踏む力や回転数などをセンサーで検出し、搭載しているモーターによりペダルを踏む力を低減させる仕組みです。

電動自転車 このタイプの電動自転車は、1993年に日本のメーカーが世界ではじめて開発しました。

発売以来、電動自転車は坂道が多い住宅地域を中心に主婦層の人気を集め、次第に売り上げを伸ばしてきました。

電動自転車 それにつれ電動自転車の価格は低下し、最近では低価格品は5万円台のものもでてきました。それを見て、毎日保育園に幼児の送り迎えをする保護者の皆さんの間で一挙に普及が進んだのです。


電動自転車 電動自転車の動力源である充電池は、左の写真のように単一サイズの充電池を20個ほど直列に接続したものです。

しばらく使用して電池の電力が消耗したら、充電池を自転車から外して家庭の100Vのコンセントにプラグを差込んだ充電器で充電します。

電動自転車 電動自転車の車輪を駆動するモーターは、ペダルとともにチェーンを駆動するタイプのほかに、前輪や後輪のハブに組み込むタイプがあります。

最近は、高級機はハブモーター方式が多くなりました。

 最近の高級機では、電気自動車と同じようにブレーキをかけたときにはモーターを発電機として利用してバッテリーの充電を行う回生ブレーキを備えたものが出てきました。

日本の2013年の国内向け総販売台数は889万あまりでしたが、そのうち約5パーセントが電動アシスト自転車だったそうです。

その後も電動アシストは順調に販売を伸ばしており、2015年の年間出荷台数は約50万台で二輪車需要を超えました。
今後も、東京オリンピックに向けて、電動アシスト自転車は安定したペースで普及して行くと思われます。

I T・エネルギー | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/11/13(月) 06:51)

 Windows Vista その後
Windows XP Windows Vista は、マイクロソフト社が2006年11月から販売開始したパソコン用のOSです。

Windows XP の後継OSとして、CPUなどハードウェアの進歩を盛り込んで開発されました。

特に、当時重大な脅威となったコンピュータウイルスに対して全面的な対策がなされました。

Windows XP マイクロソフト社は、上記のCPUなどハードウェアの急激なレベルアップ を見て、念願であったパソコン用 OS の大型化、高機能化に乗り出しました。

Windows Vista ではOSが大きくなり、それらを動作させるには大きなハードディスク領域と大容量のメモリが必要になりました。

 当時市場で販売されたパソコンのうち低価格機では、CPU、ビデオコントローラなどの性能が十分でないものが多く、またメモリのサイズもそれほど大きくないのが普通でした。

結果としてパソコン利用者の間で 「Windows Vista は遅い」 という不満が多くなり、利用者が増加しませんでした。

マイクロソフトは2012年4月に Windows Vista のメインストリーム サポートを終了し、その後2017年4月には Windows Vista の延長サポートの提供も終了しました。

現在では Windows Vista のためのセキュリティプログラムなどが更新されなくなっているため、私ども利用者は新種のウィルスなどにより今後どのような被害をこうむるかまったく予想もできなくなりました。

マイクロソフト社は、2015年7月にWindows 8の.次世代のOS Windows 10 を一般向けに提供を開始しました。Windows 7 SP1とWindows 8.1は、Windows 10の発売から1年間はWindows 10 に無料でアップグレードできました。

しかし、 Windows Vista はその無料アップグレードの対象外だったので、 Windows Vista の利用者は、アップグレードに取り残されてそのままの状態でパソコンを使用し続けている方がかなりいるようです。私の知人でも、そのように現在でも Windows Vista パソコンを使用している人が2人います。

このようなパソコンは、インターネットに接続して使用していれば簡単にウィルスに感染します。その結果たとえばパソコンでネットバンキングを利用すると、自分の口座から預金が勝手に引き落とされるなどの被害が出る恐れがあります。

ウィルスにより自分のパソコンを遠隔操作されて犯罪の踏み台にされる恐れもあります。その結果誤認逮捕されたり、思わぬ巨額の損害賠償を要求されたりということにもなりかねません。

一般家庭でも古いパソコンをそのまま使い続けている例が非常に多いようですが、Windows Vista を利用している場合には重大な被害にあう恐れがあるので、ぜひご注意ください。


I T・エネルギー | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/11/05(日) 06:49)

 PC・デジタルカメラが売れない
 マイクロソフト社が昨2016年夏にWindows 7、Windows 8の利用者に対してWindows 10への無料移行サービスを行ったことから、Windows 10パソコンの利用者が急速に増加しました。

パソコン しかし、マイクロソフト社の無料移行サービスが終了したのちは、Windowsパソコンを新規に購入する人は少なくなり、パソコンの出荷台数はほぼ横ばいで推移しています。

ここまでWindows XPパソコンを使ってきた人が多いことからわかるように、通常の用途では古いパソコンでも十分こなせる力をもっています。

タブレット端末最近ではスマートフォンやタブレット端末が普及し、出荷台数は2014年内にスマートフォンが10億台を超え、2017年にはタブレットが5億台にのぼるという予測もあります。

インターネットのメールをチェックするとかウェブサイトを閲覧するのが主体の利用者は、次第にパソコンを使わなくなってきているそうです。

スマートフォン また海外の景気低迷やスマートフォンの普及の影響で世界のデジタルカメラ市場が大幅に縮小しています。

デジタルカメラ世界第2位のニコンが発表した本年4月から6月までのデジカメ部門の売り上げは1347億円にとどまり、前の年の同じ時期を28パーセント下回りました。

コンパクトデジタルカメラ 特に、コンパクトデジタルカメラと呼ばれる小型低価格のカメラは、スマートフォンともろに競合することになり、売上が大幅に落ち込んでいます。

スマートフォンでは撮った写真をその場でメールに添付して送信したり、twitter や FaceBook などのSNSに掲載ができるなどの利便性があり、利用者にうけています。

 パソコンについては、これまではマイクロソフト社が新しいOSを発表するたびにパソコンを買い換えてきた熱心な利用者が多かったのですが、今後は普通の家電製品と同じように 「壊れたら買う」 という需要が中心になりそうです。

パソコンと並んで IT 産業を牽引してきたトデジタルカメラについては、今後はコンパクトデジタルカメラというジャンルは大幅に減少し、メーカーはデジタル一眼レフなど高級機種を推進して行くことになるでしょう。


I T・エネルギー | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/10/26(木) 06:59)

 関東大震災94年
 1923年(大正12年)9月1日12時少し前に、神奈川県西部を震源とする巨大地震 「大正関東地震」 が起こりました。

今から6年半前、東北地方沖で発生した巨大地震で首都東京も震度5強の激しい揺れを経験し、私どもも大変恐ろしい思いをしました。
今後関東地方で発生が懸念される大きな地震に備えるために、94年前の大正関東地震について改めて調べました。

関東地震は、相模トラフを震源とするプレート境界型地震(海溝型地震)で、200年以上の周期で繰り返し発生すると考えられています。

関東大震災 大正関東地震は左図のように神奈川県西部を中心として発生したとされ、関東地方全域で本震と余震2回併せて計5分以上にわたって激しい揺れが続きました。

大正関東地震の規模はマグニチュード7.9で、阪神大震災の7.3を大きく上回るが、東日本大地震の9.0よりははるかに小さいということです。

 しかし、大正関東地震は東京・神奈川の大都市圏に近いところで発生したため、大きな災害を引き起こしました。

当時は東京市部でも炊事に薪炭を使っていましたが、大正関東地震は正午の少し前に発生したために市内の方々で昼食を作るための七輪などの火から火災が発生しました。

関東大震災 さらに悪いことに、その日は東京地方は台風による強風が吹いていたため、市内各所で火災はまたたく間に広がり、特に江東区など下町では地域全体が猛火に包まれました。

地震からおこった東京市の大火災は2日間にわたって猛威をふるい、地震の揺れで倒壊した建物とあわせて約30万戸の建物が失われました。

 この大災害によって、東京市だけで6万8000人の方々が命を奪われました。東京のような大都市が巨大地震に襲われた場合、その後に発生する大火災がいかに恐ろしい災害を引き起こすかがわかります。

その大災害を見て建築基準法が改正され、その後に建築された住宅は阪神淡路地震当時より格段に堅固になりました。一昨年の東日本大地震で仙台市の全壊棟数が阪神淡路地震当時の神戸市より比較的に少なかったのは、それが効果をあげたのでしょう。

関東大震災 94年前の関東大震災の際は、家財道具を積んで都心から避難する大八車で狭い道路が埋め尽くされ、周囲から飛んできた火の粉がそれに着火して大惨事になりました。
現在では、大八車に代わって、道路上で渋滞する多数の自動車に火が着いて積載しているガソリンが爆発し、道路がいたるところで火の海になるのではないかといわれます。

 現在の自動車数は、17年前の阪神淡路地震当時よりさらに大幅に増加しています。大地震の後、大都市中心部から自動車で避難するのはまず無理と考えるべきでしょう。


I T・エネルギー | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/09/12(火) 07:39)

 インクジェットプリンターのインク (2)
 私は、これまで長年モノクロのレーザープリンターを使ってきました。最近それが使用できなくなったので、以前、友達が廃棄するというHP(ヒューレットパッカード)社のインクジェットプリンターをもらったのを使用しはじめました。

その後まもなくインクジェットプリンターの黒色インクが切れて印刷できなくなったので、HP社の純正黒色インクを購入し、使用していました。

ところが、その後わずか30枚くらいを印刷したころ、また黒色インクで印刷することができなくなくなりました。

プリンタのインク プリンターのコントロールパネルで調べると、左の写真のように黒色インクの残量が少なくなっているのがわかりました。

これまで自分のパソコンでインクジェットプリンターを使ったことがなかったので、インクの減りがあまりに大きいのに驚きました。

 インクジェットプリンターでは通常起動時に各色の 「インクジェットヘッド」 のクリーニングを行う方式になっており、印刷の仕事に使わなくても各色のインクを少しずつ消費します。

インターネットで調べると、インクジェットプリンターではこのようにインクの減りが大きいのに不平をいう利用者が多いようです。プリンターのメーカーは、プリンター本体の価格を安くしてインク代金で稼ぐようにしているのかも知れません。

私は、仕方なくまた黒色インクを購入しようと思いましたが、その価格が非常に高いのです。それがまた数十枚くらいを印刷するだけでインクが切れてしまうのでは、非常にコスト高につきます。

ふと、このインクジェットプリンターにもとからついていたインクを調べると、それはプリンターのメーカーが販売している 「純正インク」 ではないのに気がつきました。このインクジェットプリンターのもとの持ち主であった私の友達は、いわゆる 「互換インク」 を使用していたのです。

プリンタのインク インターネットでその互換インクの価格を調べると、 「純正インク」 の半分以下の価格で販売されているのがわかりました。

さっそくインターネットの販売店を検索してその互換黒色インクを注文したところ、数日で 「メール便」 という普通郵便と同じ方式で私の家に送られてきました(左の写真)。

 このような低価格の商品をインターネットで購入する場合は宅急便の送料が商品価格と同じくらいかかるのが多いものですが、なぜかその販売店では 「送料無料」 となっていました。

さっそくインクジェットプリンターのふたを開けて、その互換インクのカートリッジを内部に装着しました。

プリンタのインク プリンターの電源をONにすると、「純正ではないインクカートリッジが装着されています」 というメッセージが表示されました。
ここは、プリンターメーカーの脅し?にかまわずOKボタンを押しました。

 その後、プリンターのコントロールパネルメニューからインクの項目を調べると、下の写真のように各色用のインクの残量が表示されました。

プリンタのインク 左図のように、互換黒色インクカートリッジを挿入したことで、黒色を印刷するのに使うインクが満タンになったのがわかりました。どうやら黒色インクが印刷するに十分なくらいの量になったようです。

 さっそく、何枚か黒色インクで印刷してみましたが、以前の純正インクで印刷した場合と特に違う様子はありませんでした。

とりあえずはこれでOKとし、今後しばらく使ってみましょう。


I T・エネルギー | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/08/21(月) 07:12)

次のページ
copyright © 2005 憩いのとき all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア