梅の花憩いのとききく日記・ブログ
人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuttari7

Author:yuttari7
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 Windows7とランサムウェア
ランサム・ウィルス 数年前から 「ランサムウェア」 というマルウェア(外部からの不正プログラム)がインターネットを経由して広まってきました。利用者のパソコンを人質にとってお金を強請り取ろうという極めて悪質なサイバー犯罪です。

 初期のランサムウェアは、発売後長い年月が経ってマイクロソフト社のサポートが提供されなくなった古い Windows OS を利用しているパソコンをターゲットとしていました。

現在でもかなり使われている WindowsXP、 WindowsVista などのパソコンにウェブサイトやインターネットメールを経由して入り込み、そのパソコンのファイルを暗号化して乗っ取るというものです。

ランサム・ウィルス ところが、最近は、上記のような WindowsXP、 WindowsVista など古い Windows OS ばかりではなく、現在半数近くの Windows パソコンで使われている Windows7 のガードの甘さに乗ずるタイプのものが蔓延してきました。

 最近、ロシアのセキュリティ関連企業がランサムウェア "WannaCry" に感染した世界中のパソコンについて調査しました。下図チャートはそれらの感染率を Windows OS 別に調査した結果です。

それによると、現在では大分以前に使われた WindowsXP パソコンの感染はほとんど報告されてなく、現在多数使われている Windows7 パソコンの感染が大多数を占めていたそうです。

特に下図チャートから Windows7 64ビット版の感染率が60パーセント以上と非常に高いのが目につきます。

ランサム・ウィルス

 マイクロソフト社は Windows7 の脆弱性については早くから認識しており、ランサムウェア "WannaCry" を回避するためのセキュリティアップデートは同ランサムウェアが蔓延する2ヶ月前には公開していました。

Windows7 パソコンでは、それらマイクロソフト社から発表されたパッチをダウンロード・インストールする Windows Update の機能がありますが、それを適正に利用していれば今回のランサムウェア "WannaCry" による被害は回避できたはずです。

ランサム・ウィルス

 しかし、 Windows7 では、コントロールパネルの設定で Windows Update を実行しないようにすることも可能です。 Windows Update はかなり時間がかかるので、利用しなかった人も多かったのでしょう。

そのようにマルウェアを軽視してパソコンのメンテナンスをおろそかにした利用者が、悪質なランサムウェアに取りつかれたのでしょう。

ランサムウェア対策についてはマイクロソフト社のウェブサイトに詳細に解説してあるので、ぜひご覧ください。


I T・エネルギー | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/27(土) 06:45)

 ガス販売・大阪夏の陣
 電力販売自由化に続いて、2017年4月からは今度は都市ガスの販売が自由化されました。都市ガス販売自由化の方式は、2016年4月からの電力自由化と同じようなものです。

大手電力事業各社は、現在、自社の火力発電のために大量のLNG(液化天然ガス)を世界中から輸入しています。

電力会社のトップ東京電力が輸入するLNG(液化天然ガス)は、なんと国内最大のガス会社東京ガスの2倍を超えるとのことです。

関西電力のLNG輸入量は日本全体のLNG輸入量の10パーセントを占め、大阪ガスのLNG取扱量よりずっと多いそうです。

関西電力は自社のLNGタンカーを保有しており、それを利用して海岸地区に建設した火力発電所にLNGを供給しています。
それら火力発電所には大量のLNGを保管・解凍できるガスタンクなどの施設があり、すでにそこから下図のように近隣の他社事業所などに天然ガスを販売しています。

NTT東日本研修センタ

 上記のように、2017年4月からは、家庭などエンドユーザーに向けた都市ガス小売りが全面自由化され、需要者は都市ガスの契約先を自由に選べるようになりました。

全国の導管の約5割を保有している東京ガス・大阪ガス・東邦ガスの大手3社を対象に電気事業の場合の発送電分離と同様の 「ガス導管分離」 を実施し、新ガス小売事業者はそのガス導管を借りることで都市ガスをエンドユーザーに販売します。


NTT東日本研修センタ

 この都市ガス販売自由化はもちろん東京地方でも商戦が始まっていますが、特に激戦となっているのは大阪を中心とする関西地方です。

それは、この5月から関西電力高浜原子力発電所3号機、4号機の再稼働が大阪高裁によって許可され、関西電力の経営状態が大幅に好転すると見込まれているためです。

それにより、関西電力は自社のLNGを都市ガスとして低価格でエンドユーザーに販売できると思われます。

下田須崎

 また、高浜原子力発電所3号機、4号機の再稼働により、関西電力は海外から輸入するLNGの量に余裕ができ、エンドユーザーへの販売に振り向けることができるようになるでしょう。

昨年4月からの電力販売自由化では、新規参入した大阪ガスが電力利用量が多い家庭・小事業所などに対して高い割引率を提示し、関西電力のユーザーがかなり侵食されることになりました。

本年4月からの都市ガス販売の自由化では、今度は関西電力が豊富なLNG取扱量の一部を利用して一般ユーザー向けの都市ガス販売でリベンジに乗り出すのでしょう。


I T・エネルギー | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/23(火) 06:34)

 コンビニの太陽光発電
 私の家から少し離れたところにあるコンビニの前を通りかかったところ、その横に長い平らな屋根にずらりと青い太陽光パネルが載せられているのに気がつきました。

コンビニは、照明、冷暖房、冷蔵・冷凍ストッカーなどにかなりの電力を必要とします。また、その営業時間が朝から夜遅くまでと長いので、年間では建物の大きさの割には大変大きな電力を消費します。

そこで最近では、電力料金を節減するために、コンビニにこのような太陽光発電設備を導入する動きが盛んになっています。

コンビニの太陽光発電

 コンビニでの太陽光発電利用は、下図のように屋根に載せる太陽光発電パネルと蓄電に利用するリチウムイオン電池と電力会社から購入する系統電力を組み合わせる形式が普通です。

お昼前後の時間帯は、晴天の場合には太陽光パネルから相当な電力が発生するので、それをコンビニ内の冷房などに利用し、余裕ができればリチウムイオン電池に蓄電します。

天気がよくて太陽光パネルからの発電量が大きければ、この時間帯は電力会社から購入する系統電力の消費を大幅に低減できます。

コンビニの太陽光発電

 コンビニでは、夜間は照明用の電力消費がかなり大きいということです。冬場の夜間には、エアコンによる暖房の電力も必要です。

この時間帯では、電力会社からの系統電力をメインに利用し、昼間にリチウムイオン電池に蓄電した太陽光の電力を補助として使います。

下図のグラフはそのようなコンビニでの電力利用の内容を示したもので、お昼前後のピーク時電力必要量が太陽光パネルからの電力でかなりカバーされ、下図で暗い緑色の棒で示した系統からの購入電力が一日を通してほぼ一定のレベルに収まっているのがわかります。

コンビニの太陽光発電

 コンビニでは、系統電力は低圧電力で30kWぐらいで契約しているところが多いということです。都内のコンビニの年間電気料金は、2012年度では平均して334万円だったそうです。

上記のようにコンビニに太陽光発電を導入する場合は、発電能力10kwの太陽光パネル(50枚くらい)を屋根に載せ、蓄電能力10kwのリチウムイオン電池を併用する例が多いとのことです。

この場合の太陽光発電による電力料金低減は月間2万円ほどといわれ、それほど大きくありません。しかし、上記のように系統からの購入電力が一日を通してほぼ一定となるので電力会社の電力契約を下げることができ、年間電力料金の低減につながるそうです。


I T・エネルギー | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/19(金) 07:36)

 ランサムウェアにご注意
 数年前から 「ランサムウェア」 というマルウェア(外部からの不正プログラム)がインターネットに広まりつつあると聞いていました。

つい最近に至って、そのランサムウェアが欧米を中心に爆発的に蔓延し始めました。日本でもそれを利用して不法にお金を得ようとした17歳の少年が逮捕され、その脅威が現実のものとなりました。

ツバメの飛来 ランサムウェアに汚染されたパソコンを起動すると、たとえば左図のような警告文が表示されます。

利用者のパソコンに搭載されているハードディスクのファイルを勝手に暗号化したので、パソコンは正常に動作できなくなった、それをもとに戻すには 「ビットコイン」 を支払ってくれ、という内容です。

 ランサムとは人質を解放するために相手側から要求される身代金のことです。上記のように利用者のパソコンを人質にとってお金を強請り取ろうという極めて悪質なサイバー犯罪です。

現在被害の出ているランサムウェアは、犯罪者が下図のようにガードの甘いウェブサイトのサーバーに侵入し、不正プログラムをそのウェブサーバーに埋め込むものです。

ツバメの飛来 マイクロソフト社のサポートが切れたOSをまだ使っている古いパソコンなど、OSに脆弱性のあるパソコンのウェブブラウザでその汚染されたウェブサイトを閲覧すると、ウェブサーバーに仕込まれているランサムウェアが、利用者のパソコンにコピーされます。

 やがて、利用者が自分のパソコンを起動したとき、そのランサムウェアが動作し、前記のような警告画面を表示するわけです。

ランサムウェアは、電子メールを媒体として感染する場合もあります。送りつけられた電子メール中のリンクをクリックすると、そこから不正プログラムが利用者のパソコンに送り込まれるという方法です。

これらランサムウェアは、どこかインターネット上に配布元があり、ブラックマーケットでそれを購入して利用できるようになっているそうです。上記17歳の少年もそのランサムウェアを購入し、ウェブサイトかメールの中で利用したのでしょう。

下田須崎

 ランサムウェアは、Windows などOSの脆弱性に乗じて動作するようになっています。そこで、まずはマイクロソフト社がすでにサポートを停止した旧型 Windows OSが、ランサムウェアのターゲットになります。

WindowsXPは、CPUパワーが小さくメモリも少ない旧型パソコンでも動作する点がうけて、それまで長年にわたって広く使用されました。下図に見られるように、マイクロソフト社は2014年4月9日にWindowsXPのサポートを終了しています。

下田須崎

 上図のようにマイクロソフト社がサポートを終了したのちも、WindowsXPを現在にいたるまでそのまま使用し続けている利用者が相当います。一般家庭では、古いパソコンをそのまま使い続けている例が非常に多いようです。

現在ではWindowsXPに関してはセキュリティー更新プログラムが提供されなくなったので、Windows XP の利用者は新種のウィルスなどにより今後大きな被害をこうむる恐れがあります。

ランサムウェアによる被害を防ぐには、まずはマイクロソフト社がサポートを停止した古いWindowsOSの利用をやめて、現行のOSで動作するパソコンを使うようにしましょう。

その上で、その新OSのもとで動作するアンティウィルスソフトをパソコンにインストールして、不正プログラムに対してガードを強くしましょう。


I T・エネルギー | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/15(月) 06:47)

 世界の田植えさまざま
 5月の初めに、千葉県九十九里地方にある私の実家に帰りました。電車の車窓から沿線の水田の様子が見えましたが、最近は田植えが昔よりかなり早くなっているようで、半分ほどの水田ではすでに田植えが終わって水を張った田の水面で早苗が風にそよいでいました。

世界各地の米作地帯では、それぞれの地域の気温、降水など気象条件に応じた田植えをしています。

日本では苗代で苗を育てて田にうつし植える移植栽培が主流です。日本の春は寒い日も多く、発芽した苗がダメージを受けることもあるので、まず苗代に種もみを撒き、苗代のまわりを寒さから保護して苗をある程度の大きさまで育てます。

NTT研修センター

 かつては水田の一部に苗代を設け、そこに種もみを植え、水をはって苗を育てました(水苗代)。芽が出て苗が20cmほどになると、抜き取り、根を洗って田んぼに植えかえました。この時代の田植えは、親類やご近所、総出で行われていました。

最近では、田植え機が普及したことにより、ビニールハウスで 「箱苗代」 を育ててそれを田植え機にセットして田植えを行う方式が主流になりました。現在販売されている田植え機には、苗の植え付けと同時に肥料を田んぼに撒くという機能がついているそうです。

NTT研修センター

 10年ほど前、アメリカ・カリフォルニア州北東部で小型プロペラ旅客機に乗ってサクラメントの上空を飛行したことがありました。

この地区はアメリカではアーカンソー州に次ぐ第2位の米作地帯とのことで、飛行機の眼下は見渡す限り緑の水田が広がっていました。日本の稲作の100倍、1000倍もの規模の大きさで、私はただ圧倒される思いで眼下を見ていました。

新聞購読 このような広大な水田地帯では日本式の田植えはできるわけがなく、まず、春先にトラクターで水田を耕作したのち幅15センチ・深さ10センチの溝(筋)を、水田一面に描きます。

雪解け水を15センチの深さに入れ、飛行機で種もみを播きます。空中から撒いたモミはかなり地中にめり込むそうです。

 カリフォルニアの水田では1ヘクタール当たり約150キロと日本の5倍の種を播きますが、1時間に20ヘクタールの面積に播くことができます。

水を張った田んぼに空から播かれた種は、やがて土につけられた溝の中に落ち込み、その後は稲が筋になって育ってゆくそうです。

カリフォルニア州サクラメントの緯度は38度で日本の仙台と同じくらいなので、春先の田植え時はかなりの寒さです。また田植え際の水は雪解け水なので、水温が低いと思われます。

しかし、この地区では、長年にわたって続けられた稲の品種改良と田植え時の適切な冠水管理で稲苗の低温被害を防いでいるそうです。

話は変わりますが、つい最近ヴィエトナムでの田植えをテレビ番組で目にしました。下の写真のような種もみを入れたローラーを人間が水田の中で牽いて、泥状の田んぼの上に種もみを直播していました。

NTT研修センター

 この国は一年中気温が高いので、このように乾田に種もみを直播してから田に水を入れればすぐに苗が育ち始めます。種もみを播いてから収穫するまでの一サイクルが3ヶ月あまりで完了するので、一年に稲の三毛作ができるということです。

日本では、昔から苗代を使った移植稲作が行われてきましたが、近年は農業者の減少、高齢化の進行により、省労力のために直播方式の研究が盛んに行われているということです。


I T・エネルギー | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/07(日) 07:00)

次のページ
copyright © 2005 憩いのとき all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア