梅の花憩いのとききく日記・ブログ
人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuttari7

Author:yuttari7
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 駿府城跡
駿府城跡 7月中旬、所用で初めて静岡市を訪れました。泊まったホテルの近くに駿府城址があるのを知り、仕事の後、行ってみました。
徳川家康は、天下平定後の1605年、将軍職を息子の秀忠に譲り、大改築した駿府城に住み着きました。引退したといっても家康は大御所として天下ににらみをきませました。

駿府城跡 泊まったホテルで教わった城址の方向にしばらく歩くと、二宮尊徳の石像を見つけました。
二宮尊徳は江戸時代18世紀末の思想家で、現在の小田原の近くに生まれました。
少年時代は薪を背負いながら本を読んで歩いたとされ、昔はその姿の石像が小学校に立っていました。

 大御所徳川家康の隠居城だった駿府城は、家康没後の1635年に落雷により火災が発生し、天守閣、本丸御殿など大部分が焼失しました。

平成になってから、城郭の一部「巽櫓(たつみやぐら)」と「東御門」が寛永年間の様式で復元されたということです。
近寄ると、城楼はしっかりとした石垣の上に建てられており、その下には幅広い立派なお堀がめぐらされていました。

駿府城跡

駿府城跡 駿府城跡の石垣の外側は、青い水を湛えた中堀がめぐらされています。
平成14年に、この中堀に沿い城跡を周遊する歩道が開設され、「家康公の散歩道」と名づけられました。
「家康公の散歩道」には駿府城の石を活用した縁石、常夜灯、ガス燈などが設けられており、夜も散歩できるそうです。

 その遊歩道の中に「東海道中膝栗毛」の弥次さん喜多さんの銅像が立っていました。江戸時代の滑稽本「東海道中膝栗毛」の作者十返舎一九は、府中(現在の静岡市)で下級武士の子として生まれたそうです。

「東海道中膝栗毛」の作中では、江戸神田の町人弥次郎兵衛は、食客であった喜多八をつれて当時盛んだった伊勢神宮参りのために上方に旅立ちました。
その途中で、この府中(現在の静岡市)に宿泊したという設定になっているということです。この滑稽本は思いもかけずに空前の大ヒットとなり、パート2がつくられたそうです。

駿府城跡


国内旅行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/07/13(金) 07:39)

 箱根の交通
箱根の交通 私どもの住む東京・世田谷からは、小田急線を利用して、箱根の入口箱根湯本まで乗り換えなしで行けます。
特急ロマンスカーは展望車もあり、小田急のドル箱列車になっています。

箱根の交通 箱根湯本から標高541mの強羅までは、写真の箱根登山鉄道が通っています。
登山鉄道の本場スイスから輸入した車両(左の写真)をつかっています。
箱根登山鉄道は湯本から登るにつれて車窓からみごとな景観が楽しめます。

箱根の交通 強羅駅から標高757mの早雲山駅までは、箱根登山ケーブルカーで急勾配を一気に登ります。
ケーブルカーは、高低差214mの斜面を鋼索で牽引されて登ります。現在の車両は、平成7年にスイスから導入されたものだそうです。

箱根の交通 早雲山駅から箱根ロープウェイで深い谷を渡り、標高1,044mの大涌谷駅に登ります。
箱根ロープウェイは、早雲山から箱根火山中央火口丘の神山の北大涌谷を経由して芦ノ湖畔の桃源台に至る4kmを運行しています。

箱根の交通 箱根ロープウェイは、平常は、18名乗りのゴンドラが各駅を約1分間隔で次々と出発しています。
箱根ロープウェイの車両は、球形に近いスマートな構造のゴンドラが2本のロープで吊り下げられて循環する複式単線自動循環式です。

 箱根山は、3年前の春から火山活動が活発化し、2015年5月6日には噴火警戒レベルが2に引き上げられました。それ以降は大涌谷は立入禁止となり、箱根ロープウェイは早雲山から大涌谷を渡るコースはもちろんのこと、他のコースもすべて運休しました。

2015年6月30日には箱根山の火山活動はさらに激しくなり、噴火警戒レベルがレベル3(入山規制)に引き上げられました。
箱根登山鉄道では、安全のために箱根の強羅と早雲山を結ぶ箱根登山ケーブルカーの運行を取りやめました。

現在では箱根山の火山活動は沈静化し、関東を代表する観光地の一つであるこの箱根は、火山活動が活発化する前よりもっとにぎわうようになりました。


国内旅行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/07/01(日) 07:30)

 春本番の草津 (4)
 ベルツの森の中をぐるりと一周し、またホテルの近くまで戻ってきました。谷あいのようにやや低くなっている場所がありましたが、そこの南向き斜面に桜の花がみごとに咲いていました。

桜はやはり高地のことでソメイヨシノではなく、ややピンクが濃く花が小さめの種類でしたが、これだけまとまって咲いていると見事なものです。まだ緑の少ない早春の森の中で、華やかさが一きわ目立ちました。

春本番の草津

 ベルツの森の中、ヴィレッジから歩いて5分ほどのところに睡蓮池という大きな池があります。池の周りに遊歩道が作られており、睡蓮など湿生植物や野鳥などを観察できます(下の写真)。

池はもとは川筋だったのでしょうか、細長い形状で、長さは150mほどもあります。早朝のことで、ここにはまだ日が当らず、池の岸辺はまだ冬景色のままで静まり返っていました。

春本番の草津

 フランス印象派を代表する画家クロード・モネは、晩年セーヌ川の下流ジベルニーに広い土地を購入し、セーヌ川の水を引き入れて大きな睡蓮池を作りました。日本の風物に憧れていたモネは、その池に青緑色に塗った太鼓橋を架けたそうです。

この睡蓮池はモネの庭を模して作られたということで、モネの庭にあるのと同じような太鼓橋が置かれています。

春本番の草津

春本番の草津池の岸から空を見上げると、なお雪をいただく草津白根がそびえていました。
冬はその草津白根から風が吹き降ろすので、草津の町が寒くなるのは当然です。
この池も冬は厚い氷が張り、上を歩いて渡れるそうです。

春本番の草津池の岸辺には高い基礎を造った上にログハウスが建てられていました。池の管理を行う小屋ですが、池に集まる野鳥などの観察を行うこともできるようになっています。7月ごろになると、池の水面は睡蓮の大きな葉で覆われ、色とりどりの花が咲き乱れます。


国内旅行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/06/27(水) 07:14)

 箱根の火山活動
 神奈川県の箱根山は、3年前の春から火山活動が活発化し、2015年5月6日には噴火警戒レベルが2に引き上げられました。
それ以来3年あまり、最近では火山活動は安定状態になり、テレビで見る大涌谷での噴気も沈静化しています。

気象庁が発表する噴火予報では、現在の大涌谷では「噴火警戒レベル1、活火山であることに留意、大涌谷周辺の想定火口域では、噴気活動が活発なところがありますので、火口や噴気孔周辺では噴気や火山ガスに注意してください」としています。

箱根の火山活動

箱根の火山活動箱根観光の人気コース大涌谷を通る箱根ロープウェイは2016年7月26日から再開され、箱根ロープウェイは早雲山駅~大涌谷駅~姥子駅~桃源台駅の全線(全長4.0キロ)が開通しました。

これにより、箱根町強羅から早雲山を経由して箱根観光の目玉である大涌谷に行けるようになりました。

 約4万年前から古期神山の活動が始まり、発生した火砕流が早川を堰き止めて仙石原湖という湖が生まれました。
仙石原湖はその後周辺の火山からの噴出物で埋められ、現在の仙石原ができました。仙石原は現在小規模な活動をしている大涌谷から2.7kmほどの距離にあります。

数年前、私どもはその仙石原のホテルに宿泊しましたが、そのホテルからときどきメールが送られてきます。箱根は絶好のシーズンになったので、ぜひ来てくださいとのことです。

報道によると、仙石原の宿泊客は大涌谷の活動が始まってから一時25パーセントほども減少しましたが、現在では噴火活動が始まる前よりずっと宿泊客数が多くなってているそうです。これから本格的な観光シーズンを迎えるこの時期、ホテルも大忙しになっているでしょう。

箱根の火山活動

 私どもの住む東京・世田谷からは、小田急線を利用して、小田原経由で箱根の入口箱根湯本まで乗り換えなしで行けます。

箱根湯本駅は早川の渓谷の脇にあり、駅前から道路を渡ると、すぐ早川にかかる橋の上に出ます。岩石の層理のために階段のようになった川床を、早川の急流が白くしぶきをあげながら駆け下ります。

関東を代表する観光地の一つであるこの箱根湯本は、現在小規模な活動をしている大涌谷から9kmほどの距離にあります。
その箱根湯本では大涌谷の火山活動の影響はまったくなくなり、現在では外国からの観光客が町の中を列をつくるように歩き回っているそうです。

箱根の火山活動


国内旅行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/06/17(日) 07:04)

 春本番の草津 (3)
 草津の森を案内する早朝森林浴散歩会に参加し、ガイドさんの案内で「ベルツの森」と呼ばれる周囲の森林の中を歩きました。

森をぬけると、目の前に草津白根山の巨大な山容が現れました。私どもが行ったのは4月末のことでしたが、白根山の山頂はまだほとんど雪で覆われていました。

早朝のことで、白根山の麓はまだ日が当たっておらず、山頂だけが朝日を浴びて白く輝いていました。

春本番の草津

春本番の草津 ここ高地草津では、平地で多いソメイヨシノは見かけられず、オオヤマザクラという桜が遅い春の到来を告げていました。
ソメイヨシノよりやや小さい花を木一杯につける可愛らしい桜です。ヤマザクラは花が咲くのと同時に葉が芽吹くと思っていましたが、この桜はそれほど葉が出ていませんでした。

 草津白根山の反対側を見ると、東側の山並みが連なっていました。こちらは朝日が山並みの向こう側から昇ることになり、山には日の光がまったく当たっていませんでした。
まだ薄暗いから松の林は新緑に包まれており、その中で小鳥たちが盛んにさえずっていました。

春本番の草津

春本番の草津ベルツの森を抜けて高いところをしばらく歩き、そこから横に大回りしてホテルに近いところまで降りてきました。
このあたりはやや開けて眺望がよいので、ガイドさんが歩きながら前方の景色についてあれこれと説明してくれました。寒くなく暑くもないシーズンで、快適な森林浴が楽しめました。

春本番の草津草津温泉に隣接する国有林の作業道を、2001年より吾妻森林管理署が整備し、サイクリングコースなど3つのコースを造りました。
サイクリングコースはクリ、カエデ等の混交林の中に設けられた一周3.8kmのコースでアスファルト舗装してあります。白根山を見ながら、快適なサイクリングが楽しめます。


国内旅行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/06/15(金) 06:55)

次のページ
copyright © 2005 憩いのとき all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア