梅の花憩いのとききく日記・ブログ
人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

Author:yuttari7
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 中古パソコンを購入 (2)
パソコン 私は、HP(ヒューレット・パッカード)社の省スペース型デスクトップパソコン HP Compaq Pro 6300 SF をYAHIOOオークションで探しはじめました。
この機種の中古市場での流通量は多く、ヤフオク!にも多数出品されていますが、それらはまさに玉石混交で、入札には「目利き」が必要です。

中古パソコン メーカーから出荷されたパソコンは、普通キーボード、マウス、液晶ディスプレイなどが付属しています。
しかしオークションに出品されているものは、それまでのさまざまな経緯により、多くの場合付属品がなくなっています。

 そこで、私は現在使用しているキーボード、マウスを入手した中古パソコンに組み合わせて使うことにしました。
Windows樹では、おおむね他の機種のキーボードを流用することができます。同じメーカーのパソコンなら、たいていの場合はこれまで使ってきたキーボードをそのまま組み合わせて使用できます。
そこで、ヤフオク!でパソコン HP Compaq Pro 6300 SF の 「本体のみ」 の出品を探しはじめました。

パソコン ヤフオク!に出品されているパソコンには、OS(パソコンの基本ソフトウェア)が搭載されてないものもあります。それらは価格は若干安いのですが、中古パソコンの動作が確認しにくく不安があります。
私どもは、中古パソコンを購入後Windows10にアップグレードする予定なので、それがしやすいパソコンを探します。

 マイクロソフト社は、2016年7月末まではWindows7、Windows8を搭載しているパソコンはWindows10に無料でアップグレードできるとしているので、私はWindows7搭載の中古パソコンを購入しようと思います。

I T・エネルギー | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/09/29(木) 06:38)

 銚子・犬吠埼灯台
 銚子電鉄犬吠(いぬぼう)駅で下車して駅員に教えられた犬吠埼灯台の方向に歩いて行くと、下の写真の大きな建物が見えてきました。これは犬吠埼マリンパークという水族館で、1954年(昭和29年)に銚子水族館として開館した歴史ある施設です。

平成5年7月に犬吠埼マリンパークとしてリニューアルオープンし、恐竜などこの地から出土した古代の化石なども展示する総合展示施設となりました。この建物の屋上からはるか太平洋を見渡すと、「地球が丸く見える」というので観光客の人気を集めているそうです。

銚子電鉄

 犬吠埼マリンパークの前はすぐ太平洋をのぞむ高い断崖になっており、その下には犬吠埼の岩海岸に太平洋の荒波が白いしぶきをあげて打ちつけています。このあたりは一年中風が強いので有名で、現在では風力発電のサイトになっています。

犬吠埼の埼という字は、草木が生えない荒れ地が突出している地形を表しているとのことです。まさにその字がふさわしい荒涼たる景観です。

銚子電鉄

公園の水栓 この付近一帯は水郷筑波国定公園に含まれる景勝地で、風光明媚な海岸線は古来文人・墨客が多数訪れています。
断崖の上に、俳人高浜虚子の句碑がありました。碑には、「犬吠の 今宵のおぼろ 待つとせん」と書かれてありました。
昭和14年4月、虚子が吟行で銚子に来たときの俳句だそうです。

 水族館のとなりには、下の写真の建物がありました。建物の前には恐竜が卵から孵化している姿の像が置かれていました。ここは、レストランや娯楽施設などがあるようです。
派手なピンクに塗装されていますが、どうもこの犬吠埼の地にはあまりふさわしくないように思われました。

銚子電鉄

公園の水栓 マリンパークから少し歩くと、行く手に白い灯台が見えてきました。明治7年に外国人灯台技師ブラントンの手を借りて建築され、以来日本最東端の灯台として航路の安全を守ってきた犬吠崎灯台です。
地上から灯火まで27m、平均水面上から灯火までは52mもあり、約36kmも離れた海上から灯火を確認できるということです。

国内旅行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/09/27(火) 07:07)

 関東の渇水は解消
 本年は、関東甲信地方は、春先から降雨が少なく、梅雨入りが宣言されたのちも晴天の日が多くなりました。夏になると、太平洋高気圧に覆われて連日30度以上の猛暑になり、関東地方の水がめ奥利根のダム群では貯水量が急激に減少し始めました。

利根川本川最上流部にある関東甲信地方でもっとも大きい矢木沢ダムでは、貯水量が満水時の20パーセントにまで激減し、ダムの岸は山肌が大きくむき出す状態になりました。

そこで、国土交通省と利根川水系渇水対策連絡協議会は、6月16日から関東1都5県で3年ぶりに10パーセントの取水制限を開始しました。

7月も末になってようやく本年の台風第1号が発生しました。その後8月、9月には9月23日までにあわせて13個の台風が発生し、日本列島に接近するものも多くなりました。それらにより日本各地で多くの災害が起こりましたが、被災者の皆さまのご苦労をお見舞い申し上げます。

その一方で、関東地方では台風による大量の降雨で奥利根のダム群の貯水量が急激に増加しました。下図は利根川水系渡良瀬川の本川上流部にある大型ダム草木ダムの9月23日現在の貯水状態です。

矢木沢ダム

 ご覧のように、一時は満水時の30パーセントにまで激減した草木ダムの貯水量が急激に回復し、現在では平年時に近い満水時の80パーセントにまで達しました。草木ダムの水位は下図に見られるように急上昇し、「洪水貯留準備水位」に近いレベルにまでなりました。

それ見て、国土交通省と利根川水系渇水対策連絡協議会は平成28年9月2日に渡良瀬川の取水制限を全面解除すると発表しました。


矢木沢ダム


 今から51年前の1964年10月10日、高度成長期にさしかかった東京で、第18回夏季オリンピック大会が開催されました。
実はその1964年も関東では記録的な少雨となり、東京の降水量は46mmで平年の30パーセントほどしかありませんでした。
この年は、夏場は取水制限ではとても間に合わなくなり、一時は50パーセントの給水制限が行われました。

8月の末になって台風が襲来して大雨を降らせたおかげで、なんとかオリンピックの時期には給水制限が解除になりました。

プール

 1964年の東京オリンピックは台風シーズン後の10月に行われましたが、そのおかげで深刻な渇水の影響を受けることなしに夏季オリンピックが無事に開催できたのです。

しかし、現在では夏季オリンピックは8月に開催することに決められています。その時期に1964年のような渇水になったら、夏季オリンピック運営に大きな影響が起こるかもしれません。
公園の水栓 次回東京オリンピックが開催される2020年には、1964年のような事態にならないように、前年度から万全の策を講じてもらいたいものです。
前年度に奥利根地方での降雪が少なかった場合には、2020年の春先から10パーセントの取水制限が行われるかもしれませんね。


ニュース | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/09/25(日) 07:07)

 乗鞍高原・牛留め池
乗鞍高原 乗鞍岳は、北アルプスの南端にあり、その主峰剣ヶ峰は標高が3,026mもあります。

その山麓に広がる乗鞍高原には、乗鞍に降った雨がいたるところに湧き出しています。

一の瀬園地は、牛が放牧されている一の瀬牧場を中心とする平坦な草原です。その中を歩くと、このようは景色をほうぼうでみることができます。

乗鞍高原 一の瀬園地には、左の写真のような小川がたくさん見られました。小川の中には白樺の樹が根元を洗われて倒れていたり、大きな岩が川筋に転がっているところがありました。
梅雨の時期や春先の雪解けの際には、この小川は激流となるのでしょう。雨が少ないシーズンになれば、これらの小川はほどんど乾いてなくなってしまうのでしょう。

 乗鞍高原は、乗鞍岳の東側にある細長い山麓高原で、夏は避暑、夏から秋には登山、冬はスキーをする観光客が多く訪れます。

観光の中心地 「休暇村」 の近くには牛留め池という池がありますが、ここは池面に乗鞍岳が逆さに映るというので有名です。つい最近、池の近くまでバリアフリーの木道がつくられ、大変歩きやすくなりました。

今回は少々天候が悪く、乗鞍岳が映るのは見られませんでしたが、それでも下の写真のように池の周りの白樺が映るすばらしい景観でした。

乗鞍高原

 この牛留め池のあたりは標高が1500m近くもあり、しばらく池の周囲にあるベンチに腰掛けていると体の芯から冷えてくるように感じました。

池の周囲や遊歩道にはたくさんの水芭蕉がありますが、現在では花は散って芭蕉を思わせる大きな葉が茂っていました。
池の水面に浮いている水草は 「ミツガシワ」 というもので、6月にはかわいらしい白い花が水面を覆って咲くそうです。

乗鞍高原

 まずは、一ノ瀬園地から一ノ瀬キャンプ場に向かう短いトレッキングコースを楽しみましょう。白樺林の中の渓流に沿った小道を、あたりの景観を楽しみながらゆっくりと登っていきました。

この乗鞍高原は標高が高いので、どこに行っても白樺の林が見られました。低地で見られる幹が白い木は白樺ではなくダケカンバという樹種だそうですが、こちらは本物の白樺です。

乗鞍高原

国内旅行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/09/23(金) 07:05)

 里神楽の囃子(はやし)
 秋まつりのシーズンになりましたが、私の家がある地区では、例年、世田谷八幡宮が9月の初めに秋の例大祭を開催します。

世田谷八幡宮には神楽殿があり、毎年の例大祭の際に江戸里神楽を上演しています。神楽はもと宮中で行われていた行事ですが、やがて民間でも演じられるようになりました。
それを里神楽といい、現在では各地に「社中」というグループがあって神社の行事の際などに上演しています。世田谷八幡宮の例大祭では、毎年東京の若山社中というグループが出演しています。

私も神楽が好きで世田谷八幡宮の神楽を毎年見ていますが、江戸里神楽の演目は20以上あるそうで、毎年演目が変わります。今年は 『三筒男神』 という演目で、イザナギの命が黄泉の国から戻って体を清めると三柱の神々が誕生したという内容だそうです。

私は神楽の細かいストーリーはよくわかりませんが、それでも舞台の前の広場に立って里神楽を終わりまで楽しみました。

アカミミガメ

 里神楽は、舞はもちろんですが、神楽囃子(はやし)も大事です。
今回の囃(はやし)方は、太鼓一人、小太鼓一人、笛一人の構成でしたが、みな昔ながらの神楽囃子の衣装を着て烏帽子をかぶった姿で神楽部隊の袖に座り、里神楽の進行に合わせて囃子を演奏していました。特に、囃方の一人、白髪の老人のたたく小太鼓がすばらしく、さすがに長い年季を感じさせました。

アカミミガメ

 今年もその神楽を見に行ったところ、ちょうど世田谷八幡宮の宮司が本殿で祝詞(のりと)をあげたあとで、宮司とその随行者たちがこれから社務所に帰るために本殿の前に整列していました。

さすがに歴史のある神社だけあって、下の写真のように参道に並んだ神官など随行者たちの人数も多く、装束も華麗です。

紅い服を着た年配の人が紅い日傘の下に立っていましたが、この人が世田谷八幡宮の宮司と思われます(下の写真右側)。

アカミミガメ

里神楽 この少し前から、本殿の横にある神楽殿で里神楽の太鼓、笛など囃し方が舞台にのぼっていましたが、宮司一行が本殿前に整列したのを見て、さっそく神楽囃子を威勢よく演奏しはじめました。
まもなく八幡宮の宮司たち一行は、そのにぎやかな神楽囃子に送られて、しずしずと本殿の前から社務所に向かって去っていきました。

季節・年中行事 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/09/21(水) 07:35)

次のページ
copyright © 2005 憩いのとき all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア