梅の花憩いのとききく日記・ブログ
人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuttari7

Author:yuttari7
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 アムステルダム・ミュージアム広場
 アムステルダム美術館でレンブラント、フェルメールンなどの名画を鑑賞したのち、美術館に隣接する 「ミュージアム広場」 に向かって歩き始めました。

道路の両側には、空をかくすほど高い落葉樹の並木が続いていました。アムステルダムは北緯52.3度にあり、日本の北海道よりはるか北、サハリンの北部くらいの位置です。

その北国アムステルダムにもようやく春が訪れ、高い街路樹の枝には鮮やかな新緑が萌えていました。

ミュージアム広場

 ミュージアム広場の入口のあたりには、アムステルダムでよく見るクラシックな赤レンガの建物が多数建ち並んでいました(下の写真)。

よく見ると、それら建物には同じようなサイズの窓が連なっており、アパートのように思われます。

このような建物では、断熱性も悪く、密閉性もよくなく、アムステルダムの厳しい冬は過ごしにくいでしょう。また、内部の部屋も狭く、生活はあまり快適とは思われません。

それでも、パリ、ロンドンなどヨーロッパの大都市、アメリカの大都市の下町では、このような古いアパートをよく見かけます。日本の大都市ではほとんど考えられないことです。

ミュージアム広場

 アムステルダム美術館付近に広がる住宅地を抜けて、ミュージアム広場という大きな広場の入口に着きました。

この地区には美術館や博物館が多数設置されているので、それらの中央部にあるこの広場に 「ミュージアム広場」 の名がつけられました。

ミュージアム広場は、 アムステルダム美術館(王立博物館)の南、ゴッホ美術館の東側に位置します。広場の周辺にはカフェが多数あり、私どもはカフェの日よけ傘の下でコーヒーを飲んで一休みしました。

ミュージアム広場

 そのあたりで歩いてきた方向を振り返ると、アムステルダム美術館の巨大なファサード(正面)がそびえていました(下の写真)。

アムステルダムは大きな川の河口付近を埋め立てて造成された都市で、街中どこも広い空き地がほとんどありません。ミュージアム広場はそのアムステルダムでは最大の広場で、大規模なイベント、祝典などはここで行われることが多いとのことです。

ここには大きなプールがありますが、冬にはそれがアイススケートリンクとなり、若い市民たちで賑わうそうです。

ミュージアム広場


海外旅行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/07/20(木) 07:35)

 フランスの環境政策
 2017年5月にフランス第5共和政における11回目のフランス大統領選挙が行われ、エマニュエル・マクロンさんが第25代フランス大統領に当選しました。

マクロンさんは、中道左派の立場から・リベラル寄りの姿勢をとる 「新自由主義者」 と目されているそうです。

イギリスのEU離脱などによりEUは現在結成以来の危機にありますが、マクロン大統領はかねてよりEUの結束を強く主張しており、大統領当選後さっそくドイツのメルケル首相と電話会談して早期にドイツを訪問する意向を伝えたそうです。

マクロン大統領

 マクロン大統領は、経済政策面では市場原理を最大限に尊重した経済体制を主張しています。また、歳出を削減し、公務員の大幅な削減や規制緩和、国営企業の民営化を主張しているということです。

そのマクロン大統領の閣僚であるニコラ・ユロ環境相は、7月6日、地球温暖化対策の国際枠組み 「パリ協定」 を遵守する取組みの一環として、2040年までに内燃機関を動力とする自動車の販売・生産を禁止すると発表しました。

フランスの自動車は、世界最大の市場であるアメリカではほとんど販売されていませんが、ヨーロッパでは約25パーセントのシェアがあり、自動車産業はフランスの基幹産業の一つとなっています。

フランス車は下の写真のシトロエン車など独特のフォルムの車種が多く、日本でも熱烈なファンが多数いるそうです。

フランスの自動車

 今回の決定は、ガソリン・エンジン、ディーゼル・エンジンだけを動力とする自動車を2040年までに販売・生産を全廃し、ハイブリッド車、電気自動車に転換するというものです。

ハイブリッド車を開発した日本など世界の他の自動車大国にさきがけてフランスが自国の基幹産業を環境優先に転換すると宣言したことは、世界に驚きと称賛をもって迎えられました。

また、上記のニコラ・ユロ環境相は、かねてより反原子力発電派として知られていました。ユロ環境相は、上記のように自動車産業を環境優先に転換すると宣言すると同時に、2025年までに国内の原発のうち17基を廃炉にすると言明しました。

フランスの原発

 フランスは現在ヨーロッパ第一の原子力発電大国であり、先に脱原子力発電路線に転換したドイツに国境を越えて原子力発電による電力を販売しています。

フランスには国営電力(EDF)が運転する原子炉が現在58基ありますが、上記環境相の方針はそれらのうちの3分の1近くを閉鎖しようというのですから、国内外に多大な影響がおよぶと考えられます。

フランスのこれら壮大な計画が今後どのように進展するのか、ヨーロッパをはじめ世界の国々は地球温暖化への影響低減、経済へのダメージの大きさを計りつつ注視しています。


ニュース | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/07/18(火) 06:55)

 下田・爪木崎灯台
 この春、伊豆半島の南端下田に旅行し、下田市南東にある須崎湾を望む崖の上の民宿に宿泊しました。

須崎漁港の東3kmのところに爪木崎灯台があり、その周辺南伊豆の代表的な観光コースの一つになっています。

須崎から路線バスに乗り、30分ほど相模灘を望む断崖の上を走行して爪木崎灯台下の駐車場に着きました。

バスを降りて海のほうを見ると、高台が東に伸びて相模灘に向かって落ち込んでいました。この岬の奥に爪木崎灯台があるようです。

下田須崎

 駐車場のある爪木崎公園から岬のほうに向かう遊歩道をゆっくりと登り始めました。当日は残念ながら天候は朝から思わしくなく、ときどきぱらぱらと雨が降ってきました。

10分ほども歩くと、行く手に爪木崎灯台の白い塔が見えてきました。爪木崎灯台は1937年に設置され、以来相模灘から三浦半島沖にかけての海運安全に貢献してきました。

爪木崎灯台は、地上から灯台頭部までの高さは17.32m、海面から灯台の灯火までの高さは37.83mあり、遠く伊豆七島のあたりからも灯火を確認することができます。

同灯台は無人で運用されていますが、灯台の状況は下田海上保安部から常に遠隔監視されているそうです。

下田須崎

 伊豆半島は、もともとが南方の相模灘にあった島が移動して日本列島にぶつかってきたということです。その時期に、この須崎半島は海底から隆起して下の写真のような高い断崖を形成しました。

伊豆下田は温暖の地で、爪木崎公園の一帯は野水仙の群生地として有名です。毎年12月から翌年2月ごろにかけては、このあたりでは約300万本の白い野水仙の花が咲き誇ります。

地元では、毎年年末から翌年2月にかけて 「水仙まつり」 を開催し、多数の観光客を集めています。

下田須崎

 野水仙の白い群落に交じって 「キダチアロエ」 の赤い花が多数咲いています。キダチアロエは海岸地方に多い多肉植物で、食用、薬用としても栽培されているそうです。

海岸の断崖には、下の写真のように厚い岩石の層が何重にも折れ重なっているのが見られます。また、マグマが冷えて固まる際の収縮によってできた 「柱状節理」 という柱が連なったような岩石も多数あります。伊豆半島形成当時のダイナミックな地層の変動が想像できます。

下田須崎


国内旅行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/07/16(日) 07:28)

 荒川水系で取水制限
 1400万人近い人々が暮らす東京都は、莫大な量の水道水を必要とします。その水源は、ほとんどが河川水で、78パーセントが利根川及び荒川水系、19パーセントが多摩川水系です。

利根川水系8ダムの利水容量は合計で34,349万m3、荒川水系4ダムの利水容量は合計で7,845万m3とのことで、荒川水系のダム貯水能力は利根川水系ダム貯水能力の1/4ほどに当たります。

利根川水系では、下図に見られるように、東京都北部、栃木、群馬の山岳地帯に大規模なダムを建設し、主として山岳からの雪解け水を貯水しています。

荒川水系

 荒川水系は、上図ピンクの部分に見られるように、利根川水系の南に位置し、奥秩父の山岳地帯に主要なダムを建設しています。この地域の雪解け水は利根川水系よりずっと少なく、ダムの貯水は梅雨の時期の降雨や台風がもたらす降雨に頼っています。

さて、本2017年も東日本太平洋側は4月、5月、6月と降水が少なく、5月は平年の56パーセントしか降りませんでした。7月に入っても東日本太平洋側は梅雨の時期らしい降雨はほとんどなく、連日30度を超える猛暑が続いています。

下図は、荒川上流秋ヶ瀬地区の平均降水量の推移を示すグラフで、本年はグラフの赤棒線に見られるように平年に比較してこの地域の降雨がはるかに少ないのがわかります。

荒川水系

 荒川水系の二瀬ダムでは、5日午前10時現在、貯水率が24パーセントまで低下したそうです。そこで、国土交通省関東地方整備局は、7月5日から荒川水系で10パーセントの取水制限を始めました。

荒川水系での取水制限は20年ぶりとのことですが、河川事務所は 「農家や一般市民の生活に影響はない」 としています。

東京都全体の水供給としては、前記のように荒川水系のダム貯水能力は利根川水系のダム貯水能力の1/4ほどであり、その利根川水系のダムは現時点で70パーセント以上の貯水率を保っています。

当面は東京都全体の水供給はさして不安がないと思われますが、それにしても関東地方に早く本格的な降雨がきてほしいものです。


ニュース | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/07/14(金) 07:24)

 マドリード・スペイン広場 (2)
 スペイン・マドリードの観光名所スペイン広場に着と、その奥に巨大なセルヴァンテスのモニュメントが立っているのが見えました。モニュメントの下には、セルヴァンテスの著書 『ドン・キホーテ』 の登場人物ドン・キホーテと従者サンチョ・パンザの銅像が置かれてありました。

大劇作家ウィリアム・シェークスピアは1600年に傑作 『ハムレット』 を発表しましたが、セルヴァンテスの 『ドン・キホーテ』 はその4年ほど後に書かれたものです。

スペイン中部ラ・マンチャの小村の領主であったドン・キホーテは、中世騎士物語を夢中になって読みふけったあまり、現実と物語との区別がつかなくなってしまいました。

とうとう意を決して、ドン・キホーテは先祖伝来の破れ甲冑に身を固め、ロシナンテというやせ馬に乗って旅に出ます。

自分の屋敷の雑用をしていたサンチョ・パンザという農夫には、「お前を島の王にしてやろう」 と言い含めてこの旅に従わせました。

ドン・キホーテ

 長い槍を持って遠くに見える巨人(実は風車)を指しているのでしょうか、馬上のやせたドン・キホーテと、ロバに乗った肥ったサンチョ・パンザのコンビがユーモラスです(^_^)。

私どもが行ったときは、広場の花壇には色とりどりのチューリップがちょうど花盛りでした。そのチューリップの花が広がる向こうに、ドン・キホーテとサンチョ・パンザ主従の銅像が立っていました(下の写真)。

私どものような観光客やスペイン各地からのお上りさんと思われる人々が、ドン・キホーテ主従の銅像を盛んに撮影していました。

ドン・キホーテ

 実は、私は小説 『ドン・キホーテ』 をきちんと読んだことがありません。何度か読み始めましたが、正直な話、この小説は読みやすいものではありません。読んでいるうちに、くどい言い回しなどに嫌気がさして途中で投げ出してしまうのです。

『ドン・キホーテ』 は、聖書についで多くの国で翻訳して読まれている小説だとか、過去の文学作品の人気投票一位とかいう話をよく聞きますが、やはり文学作品としての芸術性のほかに現代にまで通ずる普遍的な人間性を描いたのが評価されているのでしょう。

ペイン広場

太陽光発電 セルヴァンテスのモニュメントの最上部には、地球を思わせる石の球があり。その下には数人の人物像が置かれてありました。よく見ると、スカートをはいた女性たちの像のようです。

小説 『ドン・キホーテ』 中にはさまざまな女性が登場しますが、上記の女性像はそれら小説中の女性たちを示すものでしょうか。


海外旅行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/07/12(水) 06:57)

次のページ
copyright © 2005 憩いのとき all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア